Blue Wing@監督のブログ

Blue Wing@監督のブログ

ブログの説明を入力します。

気軽に取っつきやすく乗りやすい

ハードエンデューロ界隈でも人気なCRF125F

最近のミニモトって凄いですね~
インジェクションでセル付びっくり
何て贅沢な(笑)
見た目もイッチョマエ
キーシリンダーが付いてるのはビックリしましたけど。
大人気で入手が難しいのですが何とか一台確保爆笑
でも既に嫁ぎ先は決まっております。
しかしまあ~ 
第一印象はちっちゃビックリマーク軽~ビックリマーク
(普通に持ち上げれますから)
そりゃこんな感じだと手の内感もあって怖くないから、初級な方でもイク気にさせますね自転車DASH!
ポテンシャルたけで言えば本格的なエンデューロマシンには敵うわけないけど、イージーライド気軽に楽しめるCRF125もアリでしょうね😉


何故かs660のメンテしないといけなくなり
嫌々ですが作業を始めていきます
まずジャッキUPしてウマかけてホイール外そうとナット緩めていくも、左前の一つが緩まんムキー
他のナットもオーバートルクでしたけどねムカムカ
前回ホイール外したのは店でタイヤ交換の時らしいのでプロ?と呼ばれる人間がやったらしいえー
結局ハブボルト折れるの覚悟でレンチに延長パイプ付けて・・・
何とか折れずに外れました。
ボルトにもスレコンぐらい塗っとけよな
私の中では競技車両やハードに走る車はハブ周辺も高温状態になるから塗るのが当たり前で普通なんですけど。
勿論異種金属の時もね
ミッドシップなので色々メンドクサイあせる
ノンスリ(LSD)も組みたいねんとか言いだしよったけど、さすがにそれは断った!
リフトも無いから下潜ってミッションおろすなんぞ絶対したく無いからねあせる
うちは4輪屋ちゃうぞ~
2輪屋やぞ~
同級生な悪友よ(笑)
年末も世間一般ぐらいには仕事納めする予定でしたが・・・
結局31日も少し作業してその後やっと片付け&掃除みたいなあせる
なもんで年明けぐらいは年一回のゆっくりダラダラを堪能致しましたニコニコ
それに喪中だから初詣も行かないし普段あまりかまってあげれてない猫様とも存分に遊んであげれたニコ
以前はこのようにストーブの真ん前で気持ち良さげなミミさんでしたが、
最近はホットカーペットがお気に入り
 
いつも元気でお喋りな ちん太君
 
てな感じで初走りも例年より遅めな9日になりました。
今回は雪山好きなイッシーと高野方面へGoビックリマーク

ぎりぎり雪が積もってないとこまでトランポで行き、この先すぐはアイスバーン&積雪
15分ぐらい走って一本目の山へ突入
イッシーのKTMには最強の防寒具「ハンドルカバー」が装備されとり快適そうですな~笑顔が物語っております(笑)
 
初っ端から沢渡り
ここ大きな石が数個あるので
 
フロント振って切り返さないとダメなんですよね~
中くらいの石とかグラグラ動くし足場滑るし足届かなかったりするから、スタートすぐにハァハァ状態
って言うか最近バイク乗らなさ過ぎてなだけだとは思いますが笑い泣き
 
何とかキャンバー斜面もずり落ちず一発で登れました
失敗してやり直しなんかすると一気に体力ゲージが減っちゃいますからえーん
ここから先もそんなに難しいとこ無いんですが、何でもないとこで数度転んでしまう始末・・・
やっぱ普段から乗っとかないとダメっすわ
まあそれでも無事?獣の足跡追うようにピーク到達
ここまでくると積雪量もそれなりに雪
その後先に進むも雪のコンディションだと下っても登るのは不可能と判断
一度下山してまだ行った事のない林道へ移動
 
さっきより雪が深い
何度か雪の下にある隠れ石にフロント取られてビビりながら注意して走るも隠れ縦丸太にやられて転けたりしながらも
枝道だらけな林道を楽しみました
後ろを走ってたイッシー
以前雪山一緒に走った時よりアケアケでエエ2stサウンドが後ろから聞こえてたなぁ
止まった時イッシーの方見たら超ニコニコで「これですよ!これ!楽しいですわ~♪」って(笑)
楽しんでもらえて良かったウインク
で そろそろ時間も時間になってきたので最後の林道へ
今日一番の深さ
 
サイドスタンド出さなくてバイク立ちます
いや~ホント雪山は走るのも楽しいしロケーションも最高キラキラ
思ってるより寒くないし、何より誰も走ってないタイヤ跡も無い雪の上は言葉では表せないぐらい気持ちいいですよ口笛
(移動中はそれなりに寒いから着込んで林道に入る時に脱げばエエんですよ)
 
ちなみにタイヤは
RR2T フロント540 80/100 リア525X 110/80
KTM-TPI フロント216FATチーター リア525X 110/80
雪山でもリアタイヤ525Xの110が鉄板ですグッ
実際私のリアタイヤは結構摩耗して角も落ちてしまってますがガンガンいけました
イッシーは新品だったので楽勝みたいでしたけど(笑)
 
中古で購入されて、うちに入庫するまで一切乗らずに保管されてた岡崎市にお住いのSさん
入庫の順番待ちで長らくお待ち頂き申し訳ないです。
トランポに積んで入庫頂き早速バラシていくと・・・
まあ これほどまでやっつけ感満開な車両はあまり無いですよ状態
ボルトも間違ったの使ってたりするし、ゆるゆるだし付いてなかったりとかで先が思いやられます
前オーナー?が車両売却時にやっつけでノーマル戻しはよくある話ですけど、ここまでエエ加減にやるとは・・・
 

エアクリケースアッパー外して即目に入ってきたのが、ファンネルがちゃんとはめ込まれてない
エアクリロア側をそのまま載せただけ
 
ファンネルの止めバンドもこの通り
おまけにメインハーネスの取り回しも変な事してるからリア側ブローバイホースも挟んで潰れ圧がキチンと抜けないから内圧上がりオイル漏れ誘発
各センサーコネクターも無理に脱着して数個破損
FUELLホースもロッカー部分を無理矢理外した後がありロックがちゃんと出来ない状態ですぐ後ろにあるパーツに当たって何とかギリギリ抜けずにみたいな・・・
下手こいたらガソリンぷっしゅ~で車両火災でっせガーン
 
 
左エアスクープ外すとアイドルスクリューがぶら~ん
 
全開制御装置のワイヤーもぶら~ん
 
F側ブローバータワーからもオイル漏れ後
インマニ内部も汚くてそらもう・・・
 
前後ロッカーBOXからもオイル漏れがあったのですが、外から見える部分はパーツクリーナーでキレイにしてわからなくしてた模様です。
幸いロッカーアーム等は状態良かったです。
勿論怪しかったのでバラシてロッカーアームの状態も確認しております。
 
これキレイに洗浄して組込後の画像ですがリア側は酷いとか言うもんじゃなかったですよ!
 
それ以外も
FフォークもO/H
前後タイヤ交換
対策処理
油脂類全交換
Dベルト交換
クラッチケーブル交換
ETC取付
LED球加工取付
その他まだ色々やりましたが書き出すとキリがないのでこのへんにしときますあせる
 
皆さんも中古車購入してそのまま乗るのは、ほぼ無理と思って下され~
 
で 何とか年末ギリで29日にお渡し出来ましたあせる
Sさんはリターンライダーなので、まずはバイクに慣れるというかヘンテコリンなBuellというバイク?おもちゃ?に慣れていって下さいねウインク
遥々海を渡ってやってきたマニホールド

 
とても良く考えて設計されますね~
仕上がりも抜群キラキラ 
 
取付はさすがにこの寒い時期ガレージで下もぐってするのは嫌だし、やる時間も無い為
リフト完備なSHOPさんでやってもらい。
取付後のセットアップは後日リフト空けてあるので自分の気が済むまでどうぞと。
お言葉に甘えてゲートスプリングを最強トリプル仕様に組み替えたりその他色々作業させて頂きました
ホント有難う御座います! 助かりました。
 
FA20DITってスペースの確保が難しいからキッチキチですびっくり
元々私もこっちの業界で開発等もやっていたのでわかりますが、設計した方はホント苦労したと思いますわあせる
 
 
ところで何故こんな仕様にしたかと言いますと
以前ハイフロータービンに交換して暫く走ってたのですが、インテークをハイフロー仕様にして効率や流量も上がり
ビレットブレード過給の立ち上がりも早くなりましたけど元々排圧高いFA20ターボが更に排圧上がってアクチュエーター式スイングバルブではブースト制御が困難になり、どれだけブーストコントローラーを調整しても安定しないし垂れてくる・・・
まあ最近のブーストコントローラーは以前のやつに比べてショボくなってるから余計にね
私も開発時テストしたDUAL-SBCやプロフェックBだったかな?みたいなツインソレノイドのやつは結構フルチューン車にも使えました
現在唯一HKSのEVCはなかなか良い制御出来ますが機能多過ぎで設定ややこし過ぎあせる
それでもキチンと制御出来るなら使っていいけど、多分私が納得出来るレベルには到達出来ないと思う為根本的な見直しが必要と判断してツインウエストゲート仕様に行き着いたわけです。
そのかいあって効果抜群でブースト1.5kで安定しており、フルブーストに達してから高回転まで垂れる事なく加速出来るようになりましたグッ
ちなみにゲートは日本でもリペアパーツが手に入りやすい信頼性抜群のターボスマート製です。
でもここまでしてもそんなにパワー出ないのが辛いとこですね
この車重なら私の基準だと最低400㎰で500psは必要 トルクは60k以上は欲しいですね。
しかしCVTがもつわけないので妥協するのは嫌いだけどしゃあないですわ。