話題の人や気になる人を
勝手に占います。

同年生まれの人は同じような
運気ですので参考になれば幸いです。

 

昔は美人の代名詞のような存在でした。

今でも美しいですが

お母さん役が板についてきています。

松坂慶子さんを観てみます。

 

松坂慶子さん

1952年7月20日生れ

三碧木星 辰年

霊動運命数 [8]

 

今年は変わり目のときです。

予期せぬ事態が起きやすく渋滞しやすい。

状況が変化してきて改善が必要になります。

今年きちんと改善しておけば

来年良い流れになっていきます。

焦らず柔軟に消極策が無難です。

 

松坂さんは、

意思が堅く普通を嫌い勝つまで戦うタイプです。

極端な生活を好み、

決心したことは反対を押し通しても進みます。

へそ曲がりな一面もあります。

 

来年は良いことも悪いことも表面化してきます。

大きな良い結果も出るでしょう。

迷わないことがポイントです。

迷ったら保留か取り止める方がよいでしょう。

ますますのご活躍を期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菜根譚 前集35

テーマ:

中国 明の時代の古典に

「菜根譚」 洪応明 著

があります。

これは、現代にも通じる

心のよりどころとなる書です。

私なりの解釈でご紹介します。

 

<前集 35>

人情ハ反復シ、世路ハ崎嶇タリ。

行キ去ラザル処ハ、

スベカラク一歩ヲ退クノ法ヲ知ルベシ。

行キ得去ル処ハ、

努メテ三分ヲ譲ルノ功ヲ加エヨ。

 

人情は手の平を返すように変わりやすく

人生の行路は険しい。

だからこそ、通りにくい道では一歩退いて道を譲るべき。

通りやすい道でもできるだけ三分は譲る心掛けが必要。

 

皆が譲る気持ちを持てば

争い事は起きないはずです。

時間に追われるような生活では

なかなか難しいのでしょうか。

あくせくしないで、ゆっくりゆっくり

余裕を持ちたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話題の人や気になる人を
勝手に占います。

同年生まれの人は同じような
運気ですので参考になれば幸いです。

 

先日奇跡的な復活を遂げたタイガー・ウッズさん。

2018年ベスト3の中の3位に入っていた

1975年生れです。

 

タイガー・ウッズさん

1975年12月30日生れ

七赤金星 卯年

霊動運命数 [1]

 

今年は低迷期をやっと抜け出した躍動のときです。

運気が良くなっていても本人の努力がなければ

今回の復活はありえません。

諦めないで相当努力をした結果でしょう。

 

運気が悪いときはエネルギーを貯めるときです。

良くなるときはそのエネルギーを放出します。

悪いときこそ鍛えなければいけません。

足りない能力を知って、ひたすら努力することで

エネルギーとして貯めるのです。

 

ウッズさんは意思が強く

何事も冷静に判断し処理する能力があります。

決断の精神と粘り強さで物事を遂行します。

またお天気屋で逆境に弱い面もあります。

 

来年も充実のときです。

今まで貯めたエネルギーを上手に使って

記録を伸ばしてください。

ご活躍楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菜根譚 前集184

テーマ:

中国 明の時代の古典に

「菜根譚」 洪応明 著

があります。

これは、現代にも通じる

心のよりどころとなる書です。

私なりの解釈でご紹介します。

 

<前集 184>

忙裡ニ閒ヲ偸マンコトヲ要セバ、

スベカラク先ズ閒時ニ向カッテ

個ノ欛柄ヲ討ヌベシ。

閙中ニ静ヲ取ランコトヲ要セバ、

スベカラク先ズ静処ヨリ

個ノ主宰ヲ立ツベシ。

然ラザレバ、イマダ境ニ因リテ遷リ、

事ニ随ッテ靡カザルモノアラズ。

 

忙しいときに時間が欲しいと思うなら

まず、時間があるときに要領を得る努力をしなさい。

騒がしい中で静けさを得たいと思うなら

まず、静かな処で主体性を確立しておきなさい。

そうしなければ、環境に振り回され

事に引きずられることになる。

 

現代社会では環境や事柄が

常にめまぐるしく変化をしています。

その中で落ち着いて静かな時間を持つということは

とても難しいことだと思います。

しかしながら、そういう時だからこそ主体性を持って

何もしない、何も考えない静かな時間を持つ、

これはとても大切なことです。

心と身体の安定につながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話題の人や気になる人を
勝手に占います。

同年生まれの人は同じような
運気ですので参考になれば幸いです。

(1月生れは前の年と同じです。)

 

実は、ISSAさんは9年前テレビ番組で

一度鑑定しました。

直後メンバーが脱退する等があり、

結局放送はされませんでしたが。

最近またブレイクしているようで

嬉しく思っています。

 

ISSAさん

1978年12月9日生れ

四緑木星 午年

霊動運命数 [1]

 

今年は過去3年間の物事が表面化して

ハッキリしてくるときです。

今の現状は、地道に積み上げてきたものが

良い結果になって現れたのでしょう。

気をつけなくてはいけないのは、

悪いことも表面化するということです。

運気は安定しているわけではないので

注意が必要です。

 

ISSAさんは、

交際上手で、人の心を和らげる魅力がある。

言葉よりも先に行動するタイプ。

頼られるとNOと言えない。

考え過ぎる傾向もあり気迷いが多い。

人の甘言に乗って損害を招きやすいので要注意。

 

来年は次のステップに行くための苦労のときです。

スキャンダルも起きやすいので、

今年後半からは気を引き締めて、けじめが大切です。

43歳からどう発展したいかを想像して、

何事も「慎重」を心がけましょう。

ご活躍楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職

テーマ:

ストレートに大学を卒業して

そのまま就職すれば

23歳になる年に新入社員になります。

この23歳という年回りが試練のときなのです。

 

新しい環境や初めての体験

ということばかりではなく、

運気的に大変なときに就職しているのです。

この年は、苦労の割に成果は上がらない。

人間関係は悪化しやすい。

トラブルやスキャンダルが起きやすい。

張り切って頑張ろうとしている人にとって

踏んだり蹴ったりの運気なのです。

また、この次の年も8月位までは尾を引きます。

そこで、辞めたくなったり転職を考えるのは

当たり前です。

 

しかしながらここで踏ん張って努力を重ねると

入社3年目の年に努力が認められ道が開けてきます。

何事もそこまでの辛抱です。

運気が悪いのですから転職したところで

良い方向に行くはずもなく、

苦しいのはどこにいても同じです。

 

この間はあれこれと考えてはダメです。

焦らずやるべき事をひたすら努力しましょう。

この努力が自信となり信用に繋がります。

今年入社した人たちはまさに苦しみの真っただ中。

3年目の成長した自分を想像して

ひたすら頑張ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話題の人や気になる人を
勝手に占います。

同年生まれの人は同じような
運気ですので参考になれば幸いです。

(1月生れは前の年と同じです。)

 

NHKの朝ドラで話題になった

豊川悦司さん。

今年の始めに出した今年度の

ベスト1位の生れでした。

 

豊川悦司さん

1962年3月18日生れ

二黒土星 寅年

霊動運命数 [3]

 

今年は親和と悦びのときです。

良い作品に恵まれオファーも増加します。

人との親和を深めることでチャンスが広がります。

但し、「口は禍のもと」

調子に乗らないことが大事です。

 

意外に、地味にコツコツタイプ。

知性的で理想が高い。

考え過ぎて融通性に欠けます。

お世辞やお愛想は苦手です。

大勢の人に囲まれた中で真価を発揮します。

 

来年は今年の流れが大きく変化してきます。

予期せぬ事態が起きたり

不安定になりがちです。

それらを踏まえて今年後半は、

改善点を見付けたら少しずつ

変えていくと良いでしょう。

益々のご活躍をご期待します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月の節入りから半年が過ぎ、

折り返し地点 8月から後半が始まりました。

後半を乗り切るための心づくりのお話しです。

 

無能だから失敗するのではない。

迷うから失敗する。

有能だから成功するのではない。

悟るから成功する。

 

優れた実力を持つ有能な人も

時にはその実力を発揮しないまま

失敗してしまうことがある。

これは、ここ一番という大事な局面で

迷ってしまうからです。

逆に、特に優れた実力は無い人でも

時に実力以上の力を発揮して

成功することがある。

これは、切羽詰まった最後の場面で

自分の考えをきっぱり決めて

悟っているからです。

 

誰でも迷えば、その瞬間に運もツキも落ちる。

能力は低下し不安感に陥る。

無意識に失敗の方へ意識が向いてしまう。

成功の秘訣は、

「迷わない習慣をつける」こと。

「迷わない」ためには、

・欲を持たないこと

・格好をつけないこと

・決めたことはやり続けること

 

それでも迷って、5秒考えて決まらない時は

保留又は取りやめにすること。

途中で間違いに気づいたら

深刻にならないで、即改め直すこと。

 

迷わない自分をつくり上げて

後半を乗り切りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話題の人や気になる人を
勝手に占います。

同年生まれの人は同じような
運気ですので参考になれば幸いです。

(1月生れは前の年と同じです。)

 

最近テレビでよく拝見します。

長嶋一茂さんを観てみましょう。

 

長嶋一茂さん

1966年1月26日生れ

八白土星 巳年

霊動運命数 [4]

 

去年から発展期に入り

その2年目で充実のときです。

しかしながら今年は、

途中に思いがけないトラブルが起きて

難儀もあります。

ガツガツ攻め込むときではありません。

要点だけを押さえて待つ姿勢が大事です。

 

明るく憎めないタイプです。

人への関心が高いため

おせっかいになりがち。

また、几帳面で保守的な面もあります。

いざというときに協力者に恵まれるタイプです。

 

今年後半は調子に乗り過ぎず、

慎重な言動を心がけると良いでしょう。

思っているよりゆっくり進むことで

チャンスに乗れます。

ご期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菜根譚 前集130

テーマ:

中国 明の時代の古典に

「菜根譚」 洪応明 著

があります。

これは、現代にも通じる

心のよりどころとなる書です。

私なりの解釈でご紹介します。

 

<前集 130>

群疑ニ因リテ独見ヲ阻ムコトナカレ。

己ノ意ニ任セテ人ノ言ヲ廃スルコトナカレ。

小恵ヲ私シテ大体ヲ傷ルコトナカレ。

公論ヲ借リテ以ッテ私情ヲ快クスルコトナカレ。

 

大勢の疑いに影響されて

自分の意見を曲げてはいけない。

自分の意見に固執して

人の発言を排除してはいけない。

ちょっとした恩恵を受けて

本筋を見失ってはいけない。

世論の力を借りて

個人的な感情を満足させてはいけない。

 

まさしく現代社会に通じることでは

ないでしょうか。

自分の考えはしっかり持って、

人の意見にも耳を傾ける。

私利私欲に走らない。

今はあまり耳にしない「正義感」というものが

大事だとつくずく感じます。