お元気ですか?げんきです!

お元気ですか?げんきです!

下血1日70回からの復活劇。

【げんき/Genkey】
テアトルアカデミー所属



【使用楽曲】

The Rose ローズ

Bette Midler ベット・ミドラー


お元気ですか?げんきです。


恐らくこの曲は二度と、

こんなに気持ちを込めて弾くことはできないと思います。

通じ合えた人との別れは何度経験しても慣れません。


煩悩まみれのお願い事が飛び交うのを見ると、

「なんでみんなもっと健康であることや、生きていることに感謝できないんだろう」と、

やるせない気持ちになることがあります。

気持ち悪すぎて初詣とか行けません。


"Its the one who won't be taken

Who cannot seem to give

それは手放すことを恐れている誰か

それでは与えることができない


And the soul, afraid of dying

That never learns to live

それは死を恐れる魂

それでは生きることを学べない"


最後まで美しい魂であり続けたあの方から、

生きることをより学びました。ありがとうございます。


「それでは次回もまた、げんきにお会いしましょう」

は、ただの挨拶であり、されど心の底からの叫びでもあります。


それでは次回もまた、げんきにお会いしましょう!




Moon River(cover.)

There is a lot of world to see....

と聞くと、
ずっとずっと生きていたいと思います。

まだまだ見ていない世界がたくさんある。
死生観は人それぞれだけど、
この肉体とこの魂の組み合わせの人生は一度きり。
どれくらいの世界が見られるんだろう。
歳を重ねるごとに日増しに知的好奇心が強くなります。



それでは次回もまた、げんきにお会いしましょう!
お元気ですか?げんきです。

近況報告と、過去の食中毒、過酷な接待のお話をお届けします。
「潰瘍性大腸炎の人は繊毛が少なく、食中毒になりやすい」という専門家がいるように、
今まで何回も食中毒になってきました。
自分一人や理解してくれる人との食事で、十分に気をつけることができていたとしても、
食中毒にかかってしまうことがあるので、
もう若い頃にしていた無茶な飲食を強要される接待は、今後一切やめようと心に決めました。




昭和体育会系の価値観の中て、
「体力の無い奴はダメ」「酒が飲めない奴に仕事無い」「目上の人間が言うことは絶対」
という呪いにかかっていました。
呪いが解けた現在となっては、
何故この体で飲食を強要される接待ができると思っていたのか。
そもそも接待しないと仕事がもらえないと思っていたのか。
本当に自分でも分かりません。

自分の体を大切にして、自分の大切な人を大切にしていきたいと思います。

色々と面倒臭い自分と、公私共にお付き合いくださっている方々、
本当にいつもありがとうございます。

それでは次回もまた、げんきにお会いしましょう!




【チャプター】
00:00 近況報告 0-153
01:10 食中毒を何回もやってきました 
02:40 安全なお店のアイディア募集
03:10 「若いんだから何食っても大丈夫だろ」に注意
04:43 昭和の悪しき象徴の人たちは淘汰されている
06:34 自分を大切にできないと自分の大切な人を大切にできない
07:00 感謝
07:58 「気を使ってる”風”の人」にも注意
08:45 接待地獄
09:25 中国パブで失血死
10:52 賞味期限切れの食材や調味料使わないで
12:10 自分の身体と心を自分で守って
12:36 温かな雪/飯島玄麒