久しぶりの物撮り(家具)の仕事があり
行って来ました。

家具のデザインは勿論おしゃれなのに
便利性と驚きのアイディア家具ばかり!!!
凄い進歩をしている事にビックリした撮影でした。

プロデューサーからはその「便利性のアイディア」を見せたいとの事でした。

この便利なアイディア家具をどういう時に使うのか?
日常生活でどう便利なのか?

そういった意図を読み取り、撮影しました。

これって、
演劇撮影と同じで創る側の想い、意図を読み取る事が重要だと感じました。

結局、撮影という作業はそこに限ると別現場に行って改めて感じさせられた物撮り(家具)撮影でした。

いい刺激になりました。

あと久しぶりに撮影の照明も創り込めたのも楽しかったな🎵🎶

舞台収録の株式会社Hakua
HP:https://www.hakua.pro/
Hakua演劇チャンネル(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCDuSCoK-WQylP7-zyVIdCDw
舞台収録実績ブログ:http://engekicom.blog.fc2.com/

ATEM Television studio Pro 4K 試験をしての感想

 

まず電源のスイッチが無いです。

いらないと言えばいらないけど・・・

 

MVの画面調整は10画面の配置を変える事しかできません

Panasonic HC-50の様に画面の数を変える事ができません

これはBMDさん是非アップデートしてほしいですね

 

各カメラマンに返しモニターでMVを返す当社のシステムでは7インチモニターでは各カメラの画が小さくて

見づらいかも(当社は各カメラマンに各カメラマンの画を見てフレーム操作をしてもらっています)

 

ATEM Television studio Pro 4Kはパソコン無くして操作できません

今回、在庫のある店(サウンドハウスさん)で購入したのが原因だと思いますが

パソコンと繋がらなくて大変でした。

BMDサポートセンターに電話連絡

(BMDさんはサポートがとてもいいです。簡単に連絡できます)

 

原因は簡単でした。

本体のバージョンが最新ではありませんでした。

繋がらないと思ったらバージョンを照らし合わせるのをお勧めします。

 

PanasonicのHC-50はエンベット(映像と音を合わせる)しないといけません

ディレイの調整もあり、当社はATOMS SHOUGN7で行っています

 

スイッヤーの勉強になりました。

ATEM Television studio Pro 4Kはエンベットもディレイも繋げればすぐにできます

 

とても簡単にできるのでとても便利です

でも初めにこれを購入していたら勉強にならなかったかもしれません

 

いろいろわからない事を他の現場の様子を見たり、聞いたりして、とても勉強になりました

 

他にもHS-50 でよかったのはボタンが少ないのがとても良かったですね

ATEM Television studio Pro 4Kはボタン多すぎて初めての時は戸惑うと思います

 

いまはスイッチャーのできる事、やりたい事が分かってきているので、

ATEM Television studio Pro 4Kのボタンはとても便利と感じます。

 

これもHS-50での経験があってです。

 

現場は本当に鍛えられる場であります

 

 

舞台収録の株式会社Hakua
HP:https://www.hakua.pro/
Hakua演劇チャンネル(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCDuSCoK-WQylP7-zyVIdCDw
舞台収録実績ブログ:http://engekicom.blog.fc2.com/

 

 

 

当社のノートPCを配信(ZOOMを使用)の都合でレンタルしたところ

貸したクライアントからZOOM開くと

 

解像度が640×480になってしまうとの事

 

「いままで使えたのになんで???」

 

いろいろいじくってしまい、なにがなんだかわからなくなったのでしょう

 

結論、「このパソコン壊れてる」という事になってしまいました

 

パソコンの怖さを知りました、いい経験でした

 

 

他のソフトは何も問題なし、調べました。

 

大変でした。

 

「ソフトを開くと解像度がかわる」

検索すると困っている人もいるようなので

 

WIN10です。

参考に直し方をお伝えします。

 

とても簡単です

 

ソフトのアイコンにカーソルをやり、右クリックします。

 

メニューがでます、その一番下の「プロパティ」を押します

 

上の方に「互換性」というボタンがあります。

 

それをクリックしてください

 

設定というところの四角枠の中に「640×480の解像度を実行する」とあります

 

この左□のレ点を消します。

 

そして下の「適用ボタン」を押してOKボタンで終了です。

 

これはZOOMだけでなく各ソフトでもあるので共通してこのような状態になる場合は確認して見てください

 

 

舞台収録の株式会社Hakua
HP:https://www.hakua.pro/
Hakua演劇チャンネル(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCDuSCoK-WQylP7-zyVIdCDw
舞台収録実績ブログ:http://engekicom.blog.fc2.com/

 

現場投入、

顔限定AF、顔にフォーカスが合うとそのままロックされます。
 
オートフォーカスの設定なのでマニュアル操作でのメート調整が大雑把で合わせずらいです
 
これは、
マニュアルフォーカスでのサポートでの顔AFになると
演劇撮影ではとてもいいのですが、
この機能だけでも素晴らしい進歩を感じます。
 
SONYさんへ
演劇撮影は大変なんです
物語はどんどん進み、役者は激しく動き、四方八方で台詞が発せられる状況です。
そんな状況での撮影クオリティを上げる為にも
AIの進歩(オートフォーカス等)をもっと高めて下さい
SONYさんよろしくお願い致します
 
 
メーカーさんは画質の向上ばかりに目を向けているのは残念な事です
 
これは三脚の友の使用例です
インカムを簡単に設置できてとても便利
 
舞台収録の株式会社Hakua
HP:https://www.hakua.pro/
Hakua演劇チャンネル(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCDuSCoK-WQylP7-zyVIdCDw
舞台収録実績ブログ:http://engekicom.blog.fc2.com/