こんにちは。
日本ジェモセラピーカレッジ 講師の愛佳です。
 
先日より、第3期エラボリスト講座がスタートしました。
エラボリスト講座とは、3コースあるうちの1番上のクラスです。
(エラボリスト講座とはの記事は、こちら
 
 
今回は、名古屋と熊本からメディカルセラピスト修了生が集まり、ZOOM講座となりました。
 
 
image
 
エラボリスト受講生に質問しました。
 
Q. 「今飲んでるジェモは?」
 
A1.「ボダイジュ」
この猛暑で身体がとても追いつかないが
ボダイジュジェモで眠りの深くてとても助かってるいる
 
A2.「イチジク」
3週間のみ終わり、2クール目になりましたが、イボが減って来ておどろいている。
便秘も少し違う。
 
 
Q.「クライアントさんにジェモをお渡してみて」
 
A1.「肝臓のジェモで生理前のイライラがでない」
 
A2.「イチジクで貧血が楽になった」
 
A3.「ストレスのジェモで疲れにくくなってきている」
 
 
などなど。
 
たくさんのお声いただきありがとうございます。
 
image
 
エラボリスト講座第1回目では
シラカバ樹液について学びました。
 
シラカバの樹液は、「真の若返りの秘薬」ジェモセラピーととても相性が良く、
より強力で効果的に身体のドレナージが期待できる事を学びました。
 
「ジェモセラピー」という言葉を作った
マックステトー医師が考える樹液とジェモの組み合わせを、皮膚の浄化や身体の浄化などテーマ別に学びました。
 
またエラボリストで新たに増える18種のうち今回は
子供の成長や骨関節のサポート、乾燥肌の疾患にとても良いジェモ
(ヨーロッパモミ、ツタ、レバノン杉)をご紹介しました。
 
 
毎回3種類ずつじっくり学んでいき、エラボリストが修了すると、
全54種のシングルジェモと17種のミックスジェモの取り扱いが可能となります。
 
全6回で10個のフランスでの臨床を学び、さらに受講生同士の意見を共有をしながら
より知識を深めていけたらと思います。
 
 
ジェモセラピーはとても奥深いのです。