こんにちわ

 

 

Jの魔印、ついに最終話を迎えることが出来ました。

ここまで来れたのは、皆様方のお陰と深く感謝いたします。

ありがとうございます。

 

 

 

それでは

下の音楽を流しながら,映画を観てるような感覚でご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Radish Entertainment Inc
    
              Presents

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cinemawise-Likeanovel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 謎の女・カトリーヌの正体は、幼少時代に、チャールズ・ジョプリンの手にかかり殺害されたオリバー少年の妹・キャサリンだった。

 

 復讐のため、ジョプリンの味方を装いすり寄って来たカトリーヌは、自宅マンション内で、ついにそのチャンスを得ることになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 酒に入れた薬により、体の自由がきかなくなったジョプリンは必死に両肘を使い、ほふく前進のような形でベランダへ逃げようとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 キャサリンことカトリーヌは、刃渡り30センチの出刃包丁を手に、ジョプリンの背後から迫っていった。

 

 

 

 

 

 そして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

似顔絵ホラーサスペンス劇場
     Jの魔印
                       絵と文・らでぃっしゅ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

77話最終回<フィナーレ>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジョプリンは、床を這いずりながらも悟っていた。

 

 

 

 

 全てが・・

 

 

 全てがここで終わることを・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すぐ背後に女の気配を感じ、咄嗟に仰向けになろうと体を動かそうとしたとき、背中に鋭い衝撃が走った。

 

 目の前の景色が、一瞬だが暗黒に支配された。

 

 そして、呼吸困難・・

 

 

 

 それでもジョプリンは、両腕で上半身を起こし、渾身の力を振り絞りながら女のほうに向きなおった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こ・・・これで満足か・・?」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カトリーヌは、一発で仕留めるため背中の中心・・心臓のある位置に出刃包丁を突き刺そうとしたが、相手がやや体勢を変えたため、少しずれて左の肩甲骨に刺してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「これでは、致命傷にならない・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カトリーヌは踵を返し、キッチンに向かって走った。

 

 

 第二弾攻撃を加えるため、武器である包丁を取りに行ったのだ。

 

 

 

 

 素早く包丁を手に取り、振り返った時・・

 

 

 

 

 カトリーヌは硬直した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと

ジョプリンが上半身を起こし、右手には

 

 

拳銃が握られていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺は、用心深い男でな。フフフ

 

 

足首には、常に銃を隠してるんだ。

 

 

 

 

お前さんの持ってる、その危険なものを捨ててもらおうか。

それは、料理に使うもんだぜ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジョプリンは、上半身が後ろにひっくり返らないよう左手で支え、銃口をカトリーヌに向けた。

 

 

 

 

 

 

 

 カトリーヌは苦悶の表情を浮かべながら、包丁をテーブルに置いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いい子だ。

 

いい子ついでに、俺の背中に突き刺さってるやつを抜くんだ。

 

 

変な動きをしたときは・・分かってるな?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 カトリーヌは一瞬躊躇したが、言われるがまま行動した。

 

 

 

 

 ジョプリンの後ろ側に来た時も、銃口はむけられたまま。

 

 

 

 

 カトリーヌは、包丁の柄を掴むと一気に引き抜いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「もっと優しくやってくれよ。フフ

 

ま、いいや

それでいい。

 

突き刺さったままでは、殺人の証拠になるからな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 カトリーヌは、血の付いた包丁を手に、再びキッチンへ戻っていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「殺人の証拠・・って、どういう意味?

 

もう、アンタを殺すことは出来ないわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「オマエを殺人者にしたくねえ・・ってことさ。

 

 

いずれにしても俺は・・もう終わりだ。

 

誰にも・・・どの世界でも愛されない、哀れな孤独な人間・・

 

いや・・憎しみだけを与え続けて来た害虫のような男の最期は・・

 

 

俺自身で、ケリをつける。

 

 

 

 

その前に、一言だけ言っておく・・

 

 

 

オリバーは、俺が殺したんじゃない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どういう意味よ。

 

アンタがやったに決まってるでしょ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「信じてくれなくていい。

 

だが・・

俺の・・この世でたった一人・・・唯一友達になってくれたあいつを手にかけるほど、腐っちゃいなかった。

 

 

俺は今まで何十人も人を殺めてきたが、流儀があってな。

 

攻撃を仕掛けてきた奴には容赦しねえが、仲間には絶対手はださねえ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ふざけないでよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アンタの兄さんは、”川の中に大きな魚がいた”と言って、慌てて土手を駆け下りていき足を滑らせたのだ。

 

俺は助けようとして、その後を追おうとしたが・・何の因果か最悪のことが起こった。

自転車にぶつかり、それがオリバーに向かって転げ落ちていったのだ。

 

衝撃で気を失い、水の中に消えていくあいつ・・・

 

10歳の俺には、なす術もなくなった。

 

こんなことを喋ったのは、あんただけだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・・

 

今さら・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「さてと

やるべきことやるか・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジョプリンはそう言うと体勢を変え、再びほふく前進でベランダに向かって行った。

 

 

 

 カトリーヌは、テーブルに置いた包丁に手を伸ばしかけたが・・・やめた。

 

その変わり、少しずつだがジョプリンに近づいていった。

 

 

 

 

 ジョプリンは既に、ベランダに出ていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アンタ・・・何するつもり?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジョプリンは手すりに手をかけ、ヨロヨロしながらもなんとか立ち上がった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カトリーヌ・・いや・・キャサリン。

 

アンタの一生を,誤解とは言え、滅茶苦茶にしてしまったな。

 

すまない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジョプリンはそう言いながら、銃をカトリーヌのほうに放り投げ、手すりから身を乗り出すと、夜の闇に吸い込まれるように消えていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2階の住人であるキャメロンは、ベランダで洗濯物を取り込んでいた。

 

 仕事から帰宅し、まず最初にやる日課で、いつもと同じ何の変哲もない単純作業だが、この日は単純ではなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「な・・何・・今の?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと・・・目の前を、上の階から人間が下に向かって通過していったのを見たのだ。

 

 

 

 すぐに、下の中庭から”ドスン”という鈍い音が鳴り響いた。

 

 

 あまりの出来事に、驚きというより何事が起ったのか把握できなかったキャメロンは、すぐに手すり越しに下を覗いてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 中庭は基本的に全面芝生だが、所々にコンクリートの通路があり、上から落ちてきた物体はその通路上にうつ伏せ状態で倒れていた。

 

 頭と思われる箇所から、血がドクドクとあふれ出ているのが見え、すぐ近くに立っている中庭の外灯の明かりが、それをクローズアップしていた。

 

 

 事態を完全に察したキャメロンは、そこで初めて絶叫した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モンロー刑事と東出刑事は、ジョプリンの行方を捜すため、メゾン・チン多摩の中庭が見える1階ホールにいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ジョプリンが、なぜこのマンションの脇に車を停めたかよね。

 

彼は大胆不敵だから、ここのどこかにいる・・と言う可能性もないことはないわ」

 

 

 

 

 

 

 と、モンローが言った時

 

どこからか、ただ事ではない悲鳴が聴こえた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「向こうです。

 

庭に出てみましょう」

 

 

 

 

 

 

 モンローたちがドアを開け中庭に出ると、2階ベランダから叫んでる女性の声が聴こえた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そこ・・そこに人が落ちたのよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モンローはすぐに、倒れている人間を視覚に捉えた。

 

 

 

 すぐ近くには、ジョプリンのトレードマークである山高帽が落ちていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「まさか・・

 

ジョプリン?」

 

 

 

 

 

 

 

 二人は、念のため銃を構えながら慎重に近づいていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「間違いない

 

 

ジョプリンだわ。

 

全く動いてない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 東出は携帯を取り出し本部へ連絡を入れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ジョプリンを発見しました。

 

死んでるかもしれませんが、応援をお願いします」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モンローはそっと近づくとしゃがみ込み、肩をゆすった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「まだ息がある。

 

 

 

 

東出刑事、大至急救急車を手配して!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「分かりました。

 

 

警部

奴は生きてます。

至急、救急車をこちらによこすようお願いします。

 

 

 

いえ、かなりの傷を負ってますので抵抗はないかと」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モンローはジョプリンの体を優しく仰向けにさせた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おお

 

モンローか 

 

フフ・・このざまさ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「しゃべらなくていいわ。

 

すぐに手当てが出来るから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「手当か・・・すまねえな。

 

だが・・俺の体のことは、自分自身がよく分かってる。

 

もう無駄だ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「死んじゃダメ。

 

生きるのよ。

 

被害者のために、生きて少しでも償いをするの。

 

それが、あなたの責務だわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうそう・・

 

IAのボスは捕まえたか?

殺さないでおいたぜ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「その件については、本当に感謝している。

 

アナタがいなかったら、何万もの犠牲者が出て、この国はどうなったか。

 

 

 

それと・・・72箇所の爆破装置も置いてってくれたわね。

それを悪事に使うことだって出来たはず」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺は・・・俺の人生は・・

 

人のせいにはしたくねえが、おやじの操り人形だった気がする。

 

ヘドのでるクソ人生さ。

 

 

 

 

 

どうやら、迎えが来たようだ。悪魔みたいなのが来たぜ。

あの世とやらがあったら、親父と対面し、もう1度殺してやる。ハハハ

 

 

モンロー刑事・・アンタは優秀だ、人間としてもな。

散々苦しめて、申し訳なかった。

 

でも・・・顔見知りになれて、よかったぜ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジョプリンの首がガクンと折れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モンローは、そっとジョプリンの手を握りしめた。

そこには、あの大胆不敵で無敵の凶悪犯には似つかわしくない、小さくて柔らかい手があった。

 

 モンローは、涙が自然と零れ落ちるのに自分でも驚いた。

 

 

 ジョプリンの悲惨な人生を知ってるからか?

 テロによる大惨事を未然に防いでくれた功労者だからだろうか?

 でも、世間を震撼に陥れ、自身も殺されかけた前代未聞の凶悪犯だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「この人も・・・1歩違う人生の波に乗ることが出来たなら・・・

 

 

自殺してしまったけど

 

我々が逮捕して裁きを受けさせる・・・そのようなレベルを超越した人間だったのかも。

 

そういう意味では、自分で決着をつけた選択は、間違っていなかったか・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中庭に応援部隊が乗り込んできた。

 

 

 

 

 

 そして、マンション4階から、その喧噪を複雑な表情でカトリーヌが見つめていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エピローグ

 

 

 

 

 

 

 その3日後

 

 

 チン成田空港の搭乗出口には、モンロー刑事の姿があった。

 

 長期間の海外旅行から帰国する、ある人物を出迎えるために。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お帰りなさい

アンさん。

 

 

あれ?

お一人?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いえ

今、荷物のトラブルで・・

すぐきますわ。

 

モンローさん、わざわざここまでありがとうございます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あたしなんかがお役に立てれば・・

 

あ・・・Rさんがいらしたわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おお

 

モンローさん、お久しぶり」

 

 

 

 

 

 

 帰国してきたのは、この国を命がけで核攻撃から救ったヒーロー・R

そして、そのことがきっかけで一緒になったアンだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CAST

 

 

 

Charles Chaplin
 

 

Marilyn Monroe

 

 

Catherine Deneuve

Masahiro Higashide

 

 

 

 

 

その他の主要キャスト

 

John Lennon

Tatsuya Nakadai

Masahiro Nakai
Mirei Kiritani

Chloë Grace Moretz

Junji Takada

 

Robin Williams
Jason Statham

Leonardo Dicaprio
Charles Bronson

Milla Jovovich

Hideaki Ito

 

 

Matt Damon
Julianne Moore

Steven Spielberg
Meryl Streep

EXILE
   Hiro

    Atsushi

      Takahiro

 

Alain Delon

James Dean

 

 

 

Written&Directed by
             Radish

 

 

 

 

 

 

 

 

Jの魔印・・・完

 

 

 

 

最後までお付き合いくださいまして、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

ペタしてね