こんにちわ

 

 

 

 

今日は、Jの魔印をアップいたします。

 

 

 

 

 

 

 

下の音楽を流しながら、映画を観てるような感じでご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Radish Entertainment Inc
    Presents

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テロ組織・イマジンアノニマスことIAの幹部・シャドウは、警察の追跡を逃れ、一時の避難場所であるイマジン山荘に到着した。

同行しているのは、不死身の凶悪犯・チャールズジョプリン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今晩は、アジトを突き止められないようにここの山荘で1泊し、明朝本部へ向かいますぜ。

 

あと・・・今、総裁より連絡がありましてね・・・

 

明日、我々が到着次第・・・総攻撃を開始するとのこと・・・よろしく頼んます、ジョプリン殿」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「総攻撃とは・・・

駅やショッピングモールを爆破した、その残り66の施設の破壊と

どこだか知らねえが、原発5箇所への攻撃だな?

 

警察も、あんたを自由の身にしたのに約束を守られず、踏んだり蹴ったりだな。フフフ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「フフフ

 

徹底してやりますよ。

 

それにより、我がIAの存在を世界に知らしめることが出来る・・

 

いよいよ、その時が来たのです。

 

 

 

それよりジョプリン殿。

 

もうすぐ、モトキらも戻って来るだろうから、その前に我々だけで前夜祭を祝うとしますか、ワハハ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cinemawise-Likeanovel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Written&Directed by
   Radish

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Charles Chaplin
 

 

 

 

 

 

 

 

           Marilyn Monroe

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Charles Bronson

 

 

 

 

 

 

           Alain Delon
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Junji Takada

 

    Hideaki Ito

 

       Masahiro Higashide

 

 

           Masahiro Motoki

 

               Junichi Okada

 

                     Jiro Sato

 

 

 

 

 

 

 

James Dean

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

似顔絵ホラーサスペンス劇場
     Jの魔印

 

                     絵と文・らでぃっしゅ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第58話<前夜祭>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テロリスト・シャドウ釈放を逆手に取り、彼らのアジトを突き止める作戦をとった警察側だったが、敵の狡猾な策略によって完全に失敗してしまったのだった。

 

 その作戦の一翼を担ったモンローたち特殊部隊のメンバー3人は、足取り重くテロ対策本部に戻って来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何の成果もあげられず、マヌケ人間になった気分っすよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東出刑事が悔しそうにそう言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ま・・仕方ないだろう。

 

あらゆる意味で、彼らが1枚上手だったってことさ」

 

 

 

 

 

 

伊藤刑事がそう言いながら

3人は、緊急テロ対策本部が設置されている、警察特殊部隊通信指令センターの前に来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モンローがドアを開けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ただ今帰りました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すぐに、特殊部隊の現場司令官・ブロンソン警部が出迎えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ご苦労様でした。

 

経過については、報告を受けております。

奴らのアジトを突き止められなかったのは残念だが、首都を人質に取られ、追跡ヘリも飛ばせずの制約ある作戦、簡単なことではありません」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「その後・・・テロリストからの連絡はありましたでしょうか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いや・・・5箇所同時テロの爆破予告以来ぷっつりと途絶えておる。

 

このまま終息してくれるといいのだが・・・

 

 

だが悪いニュースばかりではない。

 

つい先ほど入った報告によると、2番目のターゲットにされた35階建ての高層ビル・・・

瓦礫の中から数名を救出したそうだ。ビル1棟が完全に倒壊したのに、この現場については死者がゼロ・・まさに奇跡です」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 約1時間ほど前・・・

 

 唯一、ビル内に取り残されてしまったTOTOモラシタ-の総務部長・佐藤他、同ビルに入っていた他企業の若手社員数名らが、間一髪逃げ込んだ地下から、救出部隊により助け出されていたのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こ・・・これは・・・夢か?」

 

 

 

 

 佐藤は、担架に乗せられ搬送されている間、自分の頬を何度もつねった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ほかのテロ現場7箇所についても、負傷者及び行方不明者は多数いるものの、死者の確認報告は今のところ入ってきてない。 

今後どうなるかは分からんが、なんとか、犠牲者の数を最小限に食い止めてくれれば・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これだけの大規模テロが数時間前に起こったわけだから、今の時点でこの犠牲者数は御の字ですよ」

 

 

 

 

 

 モンローとブロンソンのやり取りを聞いていた、交渉人ディーンは近寄ってきてそう言葉を発した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「御の字という言葉が適切かどうかわからんが・・

 

 

あ・・そうそう・・・

 

先ほど、核防衛システム研究所のゲイリー博士とドロン所長がお見えになってね・・・

ゲイリー博士はお帰りになられたが、ドロンさんはまだ隣のミーティングルームで本部長と話しをされている。

ジョプリンが使ってる透明バリアーを無効にする武器のプロトタイプが出来たとのことだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうですか・・

 

あたしも、それを見てみたいわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2人は、ミーティングルームに向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これは一応、完成品

 

ということになっていますが・・・

前にも申し上げた通り、実際に使ってみないと果たして有効なのかは・・・まだ未知の部分があります」

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドロン所長とテロ対策本部長のオカーダ係長が話をしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なるほど

 

で・・

その成功の確率はいかがでしょう?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「100かゼロ・・

 

相手の周波数と同期させる必要があります。ただ、

不確定要素が・・つまり、おそらくこうだろうという予測の項目が若干あるため・・・」

 

 

 

 その時、ドアにノックがありモンローたちが入って来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「オウ! モンローさん。

 

 

 

 

先日言っていた、ジョプリン対策の切り札を持ってました。

 

今、本部長にもご説明申し上げてたところですが

 

 

 

どうぞ、そちらにおかけください」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「完成されたのですね」

 

 

 

 

 

 

 と言いながら、オカーダの隣に腰かけた。

 

 

 

 

 

 ブロンソン警部は、ドロン所長の隣に座った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「さっき、ゲーリー博士からも説明を受け、だいたいのことは分かりましたが、これ・・

 

2つありますが・・

予備・・ということですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「予備と言えばそうですが、こちら小さめのものは、ボタンを押せばすぐに使えるようになってます。これを仮にAとしておきましょう。

 

一方、この少し大きいほうのマシーンについては、万が一、Aが効力を発揮しなかった場合、PCを介して修正が可能なのです。

 

とは言え、実戦でそのような余裕があるかどうか?

また、正確な修正が出来るかどうか?

 

まずは、Aタイプが機能することが大前提ですが、チャンスは何度もあるとは思えませんので、念には念をです」

 

 

 

 

 

 

 

「そのため、唯一この機械を操作できる私がこちらに常駐したいと思います」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イマジン山荘

 

 

 

 午後11時少し前

 

 

 

 中では、シャドウ奪還祝いの名目の元、次々と時間差で帰還してきた同胞、総勢22名で宴会が行われていた。

 

 

 

 

 

 殆んどの者は、広間の中央にある長テーブルをはさみ飲んでいたが、中には酔いつぶれて、壁に寄りかかり足を投げ出してウトウトしてる者も何人かいた。

 

 上機嫌のシャドウが立ち上がった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「みんな、よくやってくれた、改めて感謝する。

 

またここで、我々の歴史上重要な日になるであろう明日の総攻撃。

その成功を祈念し乾杯したいと思う。

 

諸君、グラスを持ってくれ。

 

 

 

 

 

では

 

 

乾杯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シャドウの隣にいるモトキは、大きな声を出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「シャドウさんがおっしゃった通り、明日は大事な日だ。

 

おまえら、調子こいて飲み過ぎんなよ。

 

 

一応、あと1時間でお開きにするからな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シャドウが、モトキのほうを見て言葉を発した。

 

 

 

 

 

 

 

 

「そういえば、ジョプリンがいないと思ったら、あんな所に・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうです・・・部屋の隅っこのベンチでチビリチビリやってますよ。

 

俺たちとは関わりたくねえらしい。

おまえたちとは人種が違うんだ見たいなツラしやがって・・・

 

どうも気に入らねえ。

初顔合わせの時から、気難しそうで気に入らねえ奴だと思ってたが・・・

 

 

俺・・・ちょっとからかってきますわ」

 

 

 

 

 

 

 そういうと、自分のグラスと缶ビールを持ってジョプリンに近づいていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「よう! リーダー。

 

 

そんなとこにいないで、こっち来て一緒に飲めばいいじゃないっすか。

 

 

 

それとも、俺たちとは盃を交わせないとでも?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジョプリンは、面倒くさそうにモトキの顔を下から見上げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺は・・・1人で飲むほうが好きなんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ま・・そういう人間もいるっちゃいるけどね。変わったのが・・

 

でも、世の中を渡っていくには、処世術っていうのも大事だからな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おまえが世の中を渡っていくだと?

世の中を渡ってんじゃなくて、破壊しまくってんじゃないの?

 

この、テロテロ坊主が・・

(⌒▽⌒)アハハ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何だと? この野郎。

俺をバカにしてんのか?」

 

 

 

 

 

 すぐ逆上するタイプのモトキは、懐から銃を取り出すとジョプリンのこめかみに先端を押し付けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やれるもんならやってみろ! 坊主。

 

それより、俺は電話したいんだ。

やらねえんだったら、その汚ねえ銃をどけな」

 

 

 

 

 

 

 モトキは、銃口をこめかみから外すには外したが、標準はジョプリンに合わせていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「電話って・・

 

どこに掛けるつもりだ?」

 

 

 

 

 

 

 ジョプリンはモトキを無視し、携帯を取り出すとナンバーを押し始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこにかけてるか、聞いてんだよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジョプリンは、携帯を耳に持っていき、少しすると言葉を発した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おお・・モンローか・・

 

俺だ・・・分かるか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「モ・・モンローって・・・

 

あの、女刑事・・

 

 

 

おまえ・・・何をするつもりだ?」

 

 

 

 

 

 

 

 モトキは、一瞬躊躇したが

 

次の瞬間、指が勝手に引き金を弾いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドギュン・ドギュン・ドギュン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午後11時を15分ほど過ぎた時だった。

 

 まだ、特殊部隊本部に残っていたモンローの携帯が突然鳴った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はい・・・

 

 

モンロー刑事・・・ですが・・

 

 

 

 

 

 

 

ジョ・・ジョプリン・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モンローは、近くにいた交渉人ディーンに、緊急事態の合図を手で送った。

 

 

 

 ディーンがやって来ると、携帯を手でふさぎ、小さい声で言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ジョプリンからよ。

 

警部を呼んできて」

 

 

 

 

 

 そう言い終わらないうちに、電話の向こう側から銃声らしき音が数発聴こえた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジョプリンは電話をしながら、モトキから放たれた銃弾3発を至近距離からまともに喰らったが・・・

 

 

 

 

 普段と変わらぬ様子で会話を続け、胸ポケットから銃を取り出すと、モトキに向け2発発砲した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドギュン、ドギュン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これから、重要な情報を教える。

 

モンロー刑事

よく聞くんだな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モトキの両目に銃弾の穴が開き、ジョプリンの足元に崩れ落ちた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「また、銃声が聴こえたけど・・

 

いったい、何が起きてんの?」

 

 

 

 

 

 

 

 モンローの耳には、銃声の他、複数の人間の怒声が鳴り響いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何事だ?」

 

 

 

 

 

「分かりません」

 

 

 

 

 

 

 

「モトキさんが・・」

 

 

 

 

「反乱です。

 

ジョプリン殿が、反乱を起こしました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、携帯を通してでも、おびただしい数の銃声の嵐が巻き起こってるのが分かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いったい・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~つづく

 

 

 

 

 

ペタしてね

 

AD