劇団「ここ」の稽古日記

  劇団「ここ」の稽古日記

   次回公演に向けての稽古日記をリレー方式で公開しています。


テーマ:

 

 みなさん、こんにちは。劇団「ここ」代表の宮野慎太郎です。
先週10日(日)の公演本番を終えて、はや10日の日々が過ぎました。

公演終了後は1週間くらいかけて、公演で使った荷物の後片付け&整理をしておりました。(汗)

 今回の公演(物語)は今までの「ここ」の公演とは一線を画す内容で、かなりシリアスな色の濃い話だったと思います。劇団結成15年目の節目の年になぜこのようなストーリーを、、、。と自分を含め、周りの劇団仲間も感じていたと思います。

 これは自分自身の話なのですが、台本を書く作業というのはいつも何が何時、どのような物語が思い浮かぶか分からないものでして、今回はあのようなシリアスなお話たまたま出来上がったとい
うだけです。

 「次は~~のようなお話を書くぞ。次は絶対~~路線のお話を書きたい。」
と漠然とした気持ちはあれど、そう思っているときに限ってなかなか構想が出来上がらず、別の物語の構想にシフトチェンジしていくことが多いです。(汗)

 何はともあれ、無事に今回の公演も大きなアクシデントがなく終えられて良かったと思っています。

 そしてご来場頂いた皆さま、いつもながら本当にありがとうございました。

今年の11月に15周年記念公演の第2弾を行う予定です。(いつもながらの冬公演とあまり変わら
ないイメージを持たれそうですが。苦笑 )

これからも劇団「ここ」をどうぞよろしくお願いします。


劇団「ここ」代表 : 宮野慎太郎


テーマ:

こんにちは。劇団「ここ」代表の宮野慎太郎です。

 この稽古日記も本番前としては最後の日記になりました。今回は出演者の山根友萌とバトンタッチしながら、日記を書き続けてきました。
( 2人だけで日記を書き続けると結構シンドイもんですね、、。汗 )

さて、一昨日6日(水)に最終稽古を行いました。通し稽古よりも完成度をもっと上げたいシーンだけをピックアップしての稽古となりました。( 抜き稽古と呼びます。 )

 ネタバレになるのであまり内容の深い部分には触れませんが、今回はかなりシリアスな作品となっています。私は基本的にちょっぴりコメディータッチのものが多いのですが、4,5年に一回のペースで何故かシリアスな作品を書いています。
 それも毎回思いつきのタイミングがそういうペースで来るのです。今回はたまたまシリアスな物語がひらめき、今回の上演に至りました。

 天候がかなり心配なのですが、皆さまのご来場を心よりお待ちしています。

―――――――――――――――――――――――――――

《 公演情報 》

 

 

 

劇団「ここ」第25回公演(15周年記念公演)
『 アナザーアイ 』

2018年
06月10日(日)
町田市民フォーラム


◆あらすじ◆
今からちょうど20年前の1998年冬。松島健太郎の妻である涼子が何者かによって強姦被害に遭う。その事件を担当をしていた刑事の寺西勇雄と渡辺かよ子は懸命な捜索を続けていたが、その努力も空しく10年後に時効を迎えてしまう。しかしそれから数ヵ月後、誰も予想だにしなかった人間が事件の犯人として浮かび上がる。


◆日時◆
06月10日(日)

【 昼の回 】
14時00分スタート
( 13時30分開場 )

【 夜の回 】
18時00分スタート
( 17時30分開場 )


◆場所◆
町田市民フォーラム
(3Fホール)
東京都町田市原町田4-9-8

小田急線[町田駅]より徒歩8分
JR横浜線[町田駅]より徒歩5分


◆チケット料金◆
- 全席自由-
- 前売当日共に-

一般 : 1000円
学生 : 500円
(高校生以下)


◆チケット前売&オンライン予約◆
前売開始
05月21日(月)
TEL / 090-2412-9640
( 担当・宮野 )

http://www.gekidan-koko.com/mail_v2s/yoyaku-25-form.html
◆公演情報ページ◆

〔劇団公式WEBサイト-公演情報〕
http://www.gekidan-koko.com/mail_v2s/yoyaku-25-form.html

◆キャスト◆
遠藤福康
後藤南帆
黒田康正
本多憲斗
山根友萌
金子春美
吉﨑洋子
志村春奈
寺嶋恵子
宮野慎太郎
原杏菜
藤井美優
日沢亮
佐藤舞

◆スタッフ◆
脚本/宮野慎太郎
演出/立原岳
演出助手/清水かれん
照明/立原岳
音響/細野陽介
写真撮影/山村厳
受付/たかくえみ 上村良介 山田美羽

―――――――――――――――――――――――――――

ご来場心よりお待ちしています。


テーマ:

 

 

おはようございます。劇団「ここ」の山根です。

いよいよ、本番まで残すところあと二週間となってしまいました。

毎回思うことですが、本格的な稽古期間が二ヶ月しかないと時間の流れが本当に早いです。今回の作品は個人的に余裕がなかったので、いつもよりもあっという間の二ヶ月間でした。

なんでもそうかもしれませんが、演劇にしろコンサートにしろ、稽古が一番楽しいですよね。遠足に行くまでが楽しいみたいな。もちろん、お客様に観劇していただいてこその演劇ですが、一つの作品が終わってしまうというのはどうしても寂しさがあります。


さて、「ここ」では今回も恒例のホール稽古が行われました。本番で使う劇場を使わせていただくと、本番のイメージもつかみやすいですし、何より気持ちが引き締まります。

 

 

 

 

改めてみると結構大きくて立派なホールなんですよ。

 

 

 

客席のキャパは約200席。今回もマチネとソワレの二回公演となっております。是非二回とも大入りで迎えたいものです。

 

 

 

非常に充実した稽古になったと思います。通常稽古は残すところあと二回。ここからは各自自分との戦いになります。体調管理もしっかりしつつ、役の精度をあげることに集中していきたいと思います。

チケットは「ここ」のHPから予約できますのでご検討ください。15周年公演、皆様と一緒に楽しんでいきたいと思っております!よろしくお願いします!

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――

《 公演情報 》

劇団「ここ」第25回公演(15周年記念公演)
『 アナザーアイ 』

2018年
06月10日(日)
町田市民フォーラム


◆あらすじ◆
今からちょうど20年前の1998年冬。松島健太郎の妻である涼子が何者かによって強姦被害に遭う。その事件を担当をしていた刑事の寺西勇雄と渡辺かよ子は懸命な捜索を続けていたが、その努力も空しく10年後に時効を迎えてしまう。しかしそれから数ヵ月後、誰も予想だにしなかった人間が事件の犯人として浮かび上がる。


◆日時◆
06月10日(日)

【 昼の回 】
14時00分スタート
( 13時30分開場 )

【 夜の回 】
18時00分スタート
( 17時30分開場 )


◆場所◆
町田市民フォーラム
(3Fホール)
東京都町田市原町田
4-9-8

小田急線[町田駅]
より徒歩8分
JR横浜線[町田駅]
より徒歩5分


◆チケット料金◆
- 全席自由-
- 前売当日共に-

一般 : 1000円
学生 : 500円
(高校生以下)


◆チケット前売&オンライン予約◆
前売開始
05月21日(月)
TEL / 090-2412-9640
( 担当・宮野 )

http://www.gekidan-koko.com/mail_v2s/yoyaku-25-form.html
◆公演情報ページ◆

〔劇団公式WEBサイト-公演情報〕
http://www.gekidan-koko.com/mail_v2s/yoyaku-25-form.html

◆キャスト◆
遠藤福康
後藤南帆
黒田康正
本多憲斗
山根友萌
金子春美
吉﨑洋子
志村春奈
寺嶋恵子
宮野慎太郎
原杏菜
藤井美優
日沢亮
佐藤舞

◆スタッフ◆
脚本/宮野慎太郎
演出/立原岳
演出助手/清水かれん
照明/立原岳
音響/細野陽介
写真撮影/山村厳
受付/山田美羽

―――――――――――――――――――――――――――

ご来場心よりお待ちしています。

 


テーマ:

 こんにちは。劇団「ここ」の宮野慎太郎です。

5月も早いものであと少し。ついこないだゴールデンウィークがあったような油断した気持ちになってしまいそうです、、、。(汗)

 


さて、4月から週②回のペースで続けてきた稽古スケジュールもいよいよ大詰め。セリフは大方入っていても、動きがまだちょっとぎこちない。そんな雰囲気な部分もあります。残り僅かの稽古でしっかりと完成させていきます。

 先日から衣装を着て稽古をしている子も何人かいます。衣装を着ると気持ちが引き締まり、役になりきったような気持ちになります。やっぱりこれが役者の醍醐味でしょうか。

 本番が近づいてくるとワクワクする子もいると思いますが、自分の場合いつも付きまとうのが『 焦り 』。キャストをしながら半分は裏方作業に従事している自分なので「 今日までにアレをやらないとっ! 明日までにアレを用意しないとっ!」と、追われるような気持ちになります。中高生の定期試験前のころを思い出します。(汗) もっともっと余裕を持って行動したいものですね。(苦笑)

 21日(月)からオンラインでチケットの受付も開始しております。

 劇団「ここ」第25回公演(15周年記念公演)

『 アナザーアイ 』

皆さまのご来場心よりお待ちしています。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

《 公演情報 》

 劇団「ここ」第25回公演(15周年記念公演)
『 アナザーアイ 』

 2018年
06月10日(日)
町田市民フォーラム

 ◆あらすじ◆
 今からちょうど20年前の1998年冬。松島健太郎の妻である涼子が何者かによって強姦被害に遭う。その事件を担当をしていた刑事の寺西勇雄と渡辺かよ子は懸命な捜索を続けていたが、その努力も空しく10年後に時効を迎えてしまう。しかしそれから数ヵ月後、誰も予想だにしなかった人間が事件の犯人として浮かび上がる。

 
◆日時◆
06月10日(日)

【 昼の回 】
14時00分スタート
( 13時30分開場 )

【 夜の回 】
18時00分スタート
( 17時30分開場 )

 
◆場所◆
町田市民フォーラム
(3Fホール)
東京都町田市原町田4-9-8

小田急線[町田駅]より徒歩8分
JR横浜線[町田駅]より徒歩5分

 
◆チケット料金◆
- 全席自由-
- 前売当日共に-

 一般 : 1000円
 学生 :  500円
(高校生以下)

 
◆チケット前売&オンライン予約◆
前売開始
05月21日(月)
TEL / 090-2412-9640
( 担当・宮野 )

http://www.gekidan-koko.com/mail_v2s/yoyaku-25-form.html

◆公演情報ページ◆

〔劇団公式WEBサイト-公演情報〕
http://www.gekidan-koko.com/mail_v2s/yoyaku-25-form.html


◆キャスト◆
遠藤福康
後藤南帆
黒田康正
本多憲斗
山根友萌
金子春美
吉﨑洋子
志村春奈
寺嶋恵子
宮野慎太郎
原杏菜
藤井美優
日沢亮
佐藤舞

◆スタッフ◆
脚本/宮野慎太郎
演出/立原岳
演出助手/清水かれん
照明/立原岳
音響/細野陽介
写真撮影/山村厳
受付/ たかくえみ

    上村良介

    山田美羽

    影山貴郁

 ―――――――――――――――――――――――――――


劇団「ここ」代表 : 宮野慎太郎
 


テーマ:

 

こんにちは!劇団「ここ」の山根です。

五月も半ばになり、かなり暑い日も多くなってきましたね。

私は早いと思いつつも、部屋に敷いてあるカーペットを冬用のふわふわしたものから夏用の冷感カーペットに変えてしまいました。笑

 

この劇団では、毎回本番前の日曜日の稽古で、実際に公演をさせていただくホールで稽古を行っているのですが、その稽古まで通常稽古はなんと二回だけ!!

時の流れって早いですね・・・大学に入ってからそう思う機会が本当に多いです。気づけばもう三年生・・・

この前10代終わったばっかりなのに今年はもう21になってしまうのか・・・

 

でもこの劇団、20歳なんてまだまだ若造なので希望が持てて嬉しい限りです。笑

 

 

 

さて、13日、日曜日の稽古は我らが演出たっつんが不在だったので、久しぶりに井木順二が上陸しておりました。

 

 

 

 

よっ、久しぶり。この日はラストシーンまでの流れを簡単に整理していただきました。立原がいないと完全に無法地帯なので、きてくれてよかった。笑

 

 

 

みんなセリフがもうほとんど入っているので、次は物理的な交通整理と体の動きの稽古に焦点を当ててやっています。

また、稽古中に動画を撮ってもらい、それを家で確認してイメージトレーニングをしてくる、という団員もいます。

稽古の仕方も人それぞれです。

 

 

 

 

最後にもう一つ。ホームページにはもう公開されていましたが、今回の公演のフライヤーが完成いたしました!!

6月10日、いつもの通り町田市民フォーラムで公演をさせていただきます。記念すべき15周年公演、みなさんお誘い合わせの上ぜひご来場ください。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――

《 公演情報 》

劇団「ここ」第25回公演(15周年記念公演)
『 アナザーアイ 』

2018年
06月10日(日)
町田市民フォーラム


◆あらすじ◆
今からちょうど20年前の1998年冬。松島健太郎の妻である涼子が何者かによって強姦被害に遭う。その事件を担当をしていた刑事の寺西勇雄と渡辺かよ子は懸命な捜索を続けていたが、その努力も空しく10年後に時効を迎えてしまう。しかしそれから数ヵ月後、誰も予想だにしなかった人間が事件の犯人として浮かび上がる。


◆日時◆
06月10日(日)

【 昼の回 】
14時00分スタート
( 13時30分開場 )

【 夜の回 】
18時00分スタート
( 17時30分開場 )


◆場所◆
町田市民フォーラム
(3Fホール)
東京都町田市原町田
4-9-8

小田急線[町田駅]
より徒歩8分
JR横浜線[町田駅]
より徒歩5分


◆チケット料金◆
- 全席自由-
- 前売当日共に-

一般 : 1000円
学生 : 500円
(高校生以下)


◆チケット前売&オンライン予約◆
前売開始
05月21日(月)
TEL / 090-2412-9640
( 担当・宮野 )

http://www.gekidan-koko.com/mail_v2s/yoyaku-25-form.html

◆公演情報ページ◆

〔劇団公式WEBサイト-公演情報〕
http://www.gekidan-koko.com/mail_v2s/yoyaku-25-form.html


◆キャスト◆
遠藤福康
後藤南帆
黒田康正
本多憲斗
山根友萌
金子春美
吉﨑洋子
志村春奈
寺嶋恵子
宮野慎太郎
原杏菜
藤井美優
日沢亮
佐藤舞

◆スタッフ◆
脚本/宮野慎太郎
演出/立原岳
演出助手/清水かれん
照明/立原岳
音響/細野陽介
写真撮影/山村厳
受付/山田美羽

―――――――――――――――――――――――――――

劇団「ここ」公式HP http://www.gekidan-koko.com/

公式Twitter @koko_machida

 

 

 


テーマ:

 こんにちは。劇団「ここ」の宮野慎太郎です。

 皆さま、ゴールデンウィークはどのようにお過ごしでしたか?

 

劇団「ここ」はGWも関係なく、通常通り稽古をしていました。(笑)うちの劇団はもうかれこれ10年以上前から、本番2ヶ月前から週②回の稽古(水曜日&日曜日)スタイルでやっています。仕事をしている人間、学校に通っている人間など様々なので、毎日稽古or週6回稽古といったハードな稽古スケジュールは難しいと思っています。

 


 

 さて、5月に入り少しずつ本番に近づきつつあります。


出演者一同の意識もだんだん高まっているように思えます。今回の物語の内容にはあまり触れられませんが、今回の台本は主役級の役とそうでない役がかなりハッキリしていると思います。

 出番が多くセリフも多い役がいくつかあります。
こういった役は大変ではありますが、とてもやりがいのある役だと思います。主役級の役に当たっている人に対しては「頑張ってっ!!」と背中を押すような気持ちで励ましています。

 そして、脚本を毎回書いている私として「とにかく面白いストーリーを。とにかく衝撃的なお話を。」と思いながら書くいています。それは当たり前のことなのですが、それ以外に台本を執筆するに当たってよく気遣う点が他にあります。
 それは「衣装替えがある役は着替えをする時間を作る工夫をする。まだ(舞台)経験が浅い子に関してはセリフを少なく、出来る限り言い易いセリフにしてあげる。」
といった点に注意して書いています。

 傍から見れば「それはちょっと、、、どうなの?」と思われてしまうかもしれません。(汗)

 ですが社会人劇団という所以でしょうか、、、毎回初舞台を踏む出演者がいるのが劇団「ここ」ですので、どうしても脚本担当である自分はそういった所にも気遣ってしまいます。
 


 公演の詳細情報もほぼほぼ決まりました。皆様のご来場、心よりお待ちしています。


《 公演情報 》

 劇団「ここ」第25回公演(15周年記念公演)
『 アナザーアイ 』

 2018年
06月10日(日)
町田市民フォーラム

 
◆あらすじ◆
 今からちょうど20年前の1998年冬。松島健太郎の妻である涼子が何者かによって強姦被害に遭う。その事件を担当をしていた刑事の寺西勇雄と渡辺かよ子は懸命な捜索を続けていたが、その努力も空しく10年後に時効を迎えてしまう。しかしそれから数ヵ月後、誰も予想だにしなかった人間が事件の犯人として浮かび上がる。

 
◆日時◆
06月10日(日)

【 昼の回 】
14時00分スタート
( 13時30分開場 )

【 夜の回 】
18時00分スタート
( 17時30分開場 )

 
◆場所◆
町田市民フォーラム
(3Fホール)
東京都町田市原町田4-9-8

小田急線[町田駅]より徒歩8分
JR横浜線[町田駅]より徒歩5分

 
◆チケット料金◆
- 全席自由-
- 前売当日共に-

 一般 : 1000円
 学生 :  500円
(高校生以下)

 
◆チケット前売&オンライン予約◆
前売開始
05月21日(月)
TEL / 090-2412-9640
( 担当・宮野 )

http://www.gekidan-koko.com/mail_v2s/yoyaku-25-form.html

◆公演情報ページ◆

〔劇団公式WEBサイト-公演情報〕
http://www.gekidan-koko.com/mail_v2s/yoyaku-25-form.html


◆キャスト◆
遠藤福康
後藤南帆
黒田康正
本多憲斗
山根友萌
金子春美
吉﨑洋子
志村春奈
寺嶋恵子
宮野慎太郎
原杏菜
藤井美優
日沢亮
佐藤舞

◆スタッフ◆
脚本/宮野慎太郎
演出/立原岳
演出助手/清水かれん
照明/立原岳
音響/細野陽介
写真撮影/山村厳
受付/山田美羽

 ―――――――――――――――――――――――――――


劇団「ここ」代表 : 宮野慎太郎
 


テーマ:

 

 

こんにちは!劇団『ここ」の山根です。

そろそろ4月も終わりですね。最近は半袖でも過ごせるような気温になることも多くなってきました。

気温の変化になかなかついていけません。笑

 

 

相変わらず、稽古場では立ち稽古を行う日々が続いています。

だいぶセリフが入ってきた人も多く、台本を外して一生懸命セリフを読む団員も。

台本を外すのは早いに越したことはないですが、あまりつっかえすぎるとテンポが悪くなって余計に覚えられないしシーンが完成していかない、というデメリットもあります。難しいもんですね。

 

 

 

楽しそうな座長。ぬぐいきれない背後霊感が漂います。

 

 

 

 

楽しそうな稽古場ですね。誤解のないように入っていきますが、あくまで稽古の一環です。笑

今回はコメディー要素少なめですが、要所要所にしっかりと混ぜてきてますのでご安心ください。

 

 

最後は恒例(?)の立原ブロマイド。「たっつん!」って呼びかけたらすっごいきょとんとした顔してました。これレアですよ!!

 

 

 

 

 

 

写真撮られたとわかった瞬間この表情です。通常運行。

 

非常に愉快ですが取り扱っているのは重い作品。しっかり気を引き締めて取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

劇団「ここ」公式HP http://www.gekidan-koko.com/

公式Twitter @koko_machida

 

いつか非公式Twitterとか作られるくらい有名な劇団になってみたいものですね。笑

偽アカウントなど存在しない(と思う)ので、お気軽にフォローお願いします!

 

 


テーマ:

 こんにちは。劇団「ここ」の宮野慎太郎です。

6月の公演に向けて、立ち稽古が今月(4月)から始まっています。


 

 今回のお話の中身はこの場所ではあまり書けないのですが、なかなかダークな内容になっています。今年で劇団「ここ」は15周年を迎えており、何故このタイミングで(このようなストーリーを)っ! とツッコミが来そうでちょっと怖いです、、、。(汗)

 そのタイミングという話で言うと、この劇団公演の台本はほとんど私(宮野慎太郎)が書いてきたのですが、毎回のこと「次回はこういうのを書きたいっ。」とかそういう気持ちで執筆に臨んでいくことはあまりありません。
 たまたまこういうジャンルのお話が頭に浮かんだ。とか、仕事をしている最中にふと台本のストーリーが浮かんだ。ということばかりです。

 ひと昔まえ(ふた昔まえ?)の音楽アーティストが、仕事の移動中にメロディーが頭にポンッと浮かび、電話で自宅の留守録テープに鼻歌で吹き込む。というものと似たような感じです。

 次回公演に向けて、出演者の気持ちは一丸となっているように感じられます。



タイトルは『 アナザーアイ 』です。(多分、これで行きます。)

劇団「ここ」第25回公演

『 アナザーアイ 』

6月10日(日)
町田市民フォーラム(3Fホール)


どうぞヨロシクお願いしますっ!!


劇団公式ツイッターを高校生の子達が熱心にアップしてくれています。そちらの方もよろしくぅ~っ!

 

劇団「ここ」公式ホームページ http://www.gekidan-koko.com/

Twitter @koko_machida


劇団「ここ」代表 ・ 宮野慎太郎


 


テーマ:

 

 

お久しぶりです。劇団「ここ」の山根です。しばらくぶりにアメーバにログインしてブログを書いております。

最近の楽しみはようやく開幕したプロ野球シリーズを携帯でテキスト観戦することです。中継で見たいんですけど、なかなか時間もないし、こっちの方では全ての広島の試合を中継してくれるわけではないので・・・

今年は広島のホーム球場にはいけなそうなので、横浜スタジアムに観戦に行ってきたいと思っています。笑

 

さて、稽古日記の更新が始まったということは・・・

御察しの通り、次の公演に向けての稽古が始まっております。

 

劇団の公式ホームページに掲載されていましたが、今回のタイトルは『アナザーアイ』。

なんか額に第三の眼が覚醒しそうなタイトルですね。

 

冗談はさておき、今回はここ最近では珍しくかなり重い内容のお話となっております。

まだタイトルしか公開されていないので、詳しいあらすじやキャストについては情報解禁をお待ちいただければと思います。

 

 

4月に入ってからは稽古が週二回になり、次回公演に向けて着実に準備が進められています。

 

 

    

 

 

 

役が決まったということで、その役に従って読み合わせ稽古が進められています。

役が決まって一番感じるのは、みんなの稽古に対するモチベーションの違いです。役が決まっていない段階でも、こういった読み合わせは適当に役を振って行われるのですが、やはり自分が実際に芝居をすると決まっているセリフを読むと、立ってからの動きや感情のシュミレーションが明確にできてきます。

 

 

 

今回も、演出はたっつんこと立原さん!カメラ向けると本当に嫌がるから隠し撮りしておきました。笑

いろいろと頭を抱えてるみたいですが、団員として、できることはみんなでどんどんサポートしていきたいと思っています。

 

 

まだまだどうなるかわかりませんが、次の公演も非常に楽しみです。皆様にも楽しんでいただけるよう精一杯頑張りますので、ぜひ応援の方よろしくお願いいたします。

また、このブログでも次回公演の情報は徐々に解禁されていくと思いますが、一番情報が早いのはHPなので、そちらもチェックしてみてください!!こちらには劇団の紹介や、メンバーの詳細も見ることができちゃいます!

そして、劇団「ここ」は公式ツイッターもございます。最近では高校生たちがこまめに更新をしてくれているので、そちらも要チェックです!!HPでは見られないメンバー紹介や稽古場の写真など、「ここ」の空気感がよく出ている、ほのぼのしたアカウントになっております。ID載せておくのでフォローよろしくお願いします!!

 

 

劇団「ここ」公式ホームページ http://www.gekidan-koko.com/

Twitter @koko_machida

 

 


テーマ:

 

 今晩は。劇団「ここ」の宮野慎太郎です。

 

 公演が終わってだいぶ日が経ってしまいましたが、先週の水曜日には公演の反省会を終えて今回の公演日程をすべて終えました。

 公演の反省会というと アレがダメだった コレがダメだった と嫌な部分を振り返ることが多いかもしれませんが、私自身は公演全体を振り返ってみるととても実りのある公演をやれたと思っています。
現状に満足してはいけない。みたいなことをよく言う人もいますが、もちろん向上心を持ちつつも いいモノ 良かったモノ を次も引き継いでいきたいと思っています。

 この『 KE-777 ケーイースリーセブン 』は今回再演公演でして、初演の公演を見た人、初演の公演に出演した人も僅かながらご来場頂きました。そういう方々の声を聞くと全然違うモノに仕上がっていたようです。初演と今回の再演の台本を読み返してみると、あんまり変えたところはなかったのですが出演者や舞台設定が大きく変わると観た側の人にとってはそんなにも印象が変わるものなんだな。と思いました。

 本公演を観に来て頂いたお客様にはとても感謝しております。ありがとうございました。

 さて、本番が終わってから1週間くらい私は公演の後片付けに追われていました。あとは映画をチラホラと観ております。今公開されている映画も観にいけたらと思っていましたが、あんまり観たいものがなく過去に一度観た映画をレンタルで、そして無料配信映画( gyao ギャオ )を使って観たりしてました。どれも印象に残る( 残りすぎる、、、。汗 )モノばかりでした。

 皆さんも興味があれば、どうぞ観てみてください。
 

・ 『 セブン 』

 ( 1995年/デビッド・フィンチャー監督/出演 : ブラッド・ピッド&モーガン・フリーマン&グウィネス・パルトロー )

・ 『 ザ・ライト -エクソシストノ真実- 』
  ( 2011年/ミカエル・ハフストローム監督/出演 : アンソニー・ホプキンス )

 

・ 『 日の名残り 』
  ( 1994年/原作 カズオ・イシグロ/ジェームズ・アイボリー 監督/出演 : アンソニー・ホプキンス )

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス