geki-ken☆劇団研究生のブログ★

geki-ken☆劇団研究生のブログ★

劇団東俳の劇団員・劇団研究生のブログ(*^ ^*)

NEW !
テーマ:
どうも、皆さんこんにちは!
劇団研究生の中村彰伸です!

いつも劇団東俳を応援していただき、ありがとうございます😊














さて、先日さむらい公演「ブンナよ、木からおりてこい」の全日程が終了しました。
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございます🙇‍♂️

長いようで、あっという間のさむらい公演でした。
役の為に体重を10キロ落としたり、本番直前まで芝居の完成形を模索したりとなかなか熱い座組でした。

































ところで、昨日は中秋の名月だったそうで新聞の一面にもまん丸のお月様が出ていました。

でもよく聞くこの「中秋の名月」って、そもそもなんだろう?
満月は別にこの時期じゃなくても見れるし、中秋の名月の日に曇っていたら月は見えない。
そしたら、中秋の名月以外の満月の方が記憶としては「名月」として残るなぁ・・・

なんて思っちゃいました。
そこで、調べてみました!
「中秋の名月」!














そもそも、お月見の風習は中国の唐時代にあった満月を眺めて楽しむ「中秋節」から来ているそうです。

中国では旧暦の7月を初秋、8月を中秋、9月を晩秋と言いその月の満月を拝んで、めでる風習がありました。

この風習が日本に伝わったのは平安時代。
平安貴族たちは、欠けても満ちる月を「生死の象徴」などにして詩歌を詠みました。

菅原道長なんか有名ですよね。




「この世をば  わが世とぞ思ふ  望月の  欠けたることも  なしとおもへば」



そして、江戸時代になると農作物の収穫時期と重なる事から豊作を祈る収穫祭の日として庶民に親しまれ、お月見が一般的な風習として定着したそうです。














ちなみに「中秋の名月」の他に「仲秋の名月」というのもあります。

「中秋の名月」は旧暦の8/15の月の事。
今年の旧暦8/15は昨日でした。
来年は9/13です。

そして「仲秋」というのは、旧暦では1〜3月を春・4〜6月を夏・7〜9月を秋・10〜12月を冬とし、季節の真ん中の月を「仲」とつけて呼んでいました。

仲春=2月
仲夏=5月
仲秋=8月
仲冬=11月

ですが時代が移ろうのと共に、この二つの言葉の違いはだんだん厳密ではなくなっていき、今ではほとんど同じ意味の言葉として使われています。














・・・なるほど。
普段何気なく見ている月にも深〜い歴史があるんですねぇ。

そういえば、月に行くという旅行プランができたって少し前にニュースになりましたね。

値段はまだまだ目ん玉が飛び出るような額ですが、これも時代と共にリーズナブルなものになるかもしれませんね。

そのうち、修学旅行先が月になるかも。






いやいや、もしかしたら連ドラの恋愛モノで地球と月の遠距離恋愛とかやる時代も来たりして・・・

「全編、月での撮影です!」

なんてニュースで流れる日もそう遠くないかもしれませんね(笑)

ではでは、この辺で。
さようなら〜!















AKIBA 伝えたい!放送局

「東俳アワー」創造会議!

毎月、最終土曜日17時~1745分生放送でお届けします!是非ご試聴ください。


【コメントで「創造会議!」に参加!】

頂いたコメントを参考に番組をお送りしたいと考えています。ブログでも沢山のコメントお待ちしております!!


テーマ:


どうもこんにちは、鈴木翔吾です。




池袋演劇祭参加作品


劇団東俳さむらい公演


「ブンナよ、木からおりてこい」




無事に終演致しました。





観に来てくださった方、応援してくださった方、ありがとうございました。




さて、9月ももうすぐおしまいです。




きたる10月には、池袋演劇祭の結果が発表されます。




ドキドキです...




結果が出るまで、お祈りしていてください!






そんな最近は時間が取れる事が多かったので、お部屋で映画を数本観ました。





色んなジャンルを観たのですが、映画って良いですね。






作ってる人たちの熱い気持ちや温かさを感じる気がします。





また映画に出演出来るように頑張ります!!!





みなさんのオススメ映画があれば教えてください(*´ー`*)






それでは〜



テーマ:

劇団研究生のブログをご覧の皆さん
こんにちは 菅原祥子ですニコニコ

昨日あまりに寒くて
慌てて着た服が
実はヒートテックでした!
(背中から汗かいたのは内緒w)

さて、
驚きの速さで来てしまいました。
2018年の9月22日

去年の私はこんなブログを書いていました





ほうほう拍手

30才を過ぎてから
歳を重ねる事が
楽しくて楽しくて音符

それはきっと
お芝居の世界にいるからだと思います。

自分の身に起きた出来事
出逢い別れた人々の事
想像するこれからの事

私という人間を形作っている要素が
これからは外に溢れていく気がします。
今までの経験全てを活かして
前へ前へ 大きく大きく広がる広がる。

もちろん何事も心掛けや鍛錬次第ですが、
前向きな気持ちが一番大切かなと思うので
言葉にしてみましたひらめき電球

今年も菅原祥子を
どうぞよろしくお願いしますニコニコ





■■□――――――――――――――――――――――――――――――――――――――□■■
AKIBA 伝えたい!放送局
「東俳アワー」創造会議!
毎月、最終土曜日17時~17時45分生放送でお届けします!是非ご試聴ください。

【コメントで「創造会議!」に参加!】
頂いたコメントを参考に番組をお送りしたいと考えています。ブログでも沢山のコメントお待ちしております!!
■■□――――――――――――――――――――――――――――――――――――□■■


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス