コウちゃんの雑記

コウちゃんの雑記

日々のくだらない出来事、気になったことなどを書きます。

 

テーマ:

何気に過ごしていると、

「手足が動いて当たり前」

「考え事ができて当たり前」

みたいに

「今出来ている事は出来て当然!」

という感覚になる。

 

そうなるのは仕方ないし、自分もそうだったけど、

「それは当たり前ではなく奇跡みたいなもの」

と思っておく、あるいは時々はそのように思い返せるようにしておきたい。

 

既に退院して1ヶ月以上経過した。

 

日常生活にはあまり支障は無いが、実害は結構出ている。

「眠りにつきにくい」とか

「知ってるはずの事を思いだせない」

現象は些細であるけれどね。

「集中して考える」

はこれから解決するつもり。

 

ランニングもそろそろ再開したい。


テーマ:
入院して1週間が過ぎた。
当初は入院してる意味というか、理由すら分からなかった。

事の起こりは2月7日の朝らしい。
いつものように京都駅からのバスで客先まで
あとおそらく100メートル無い頃に
跳ねられたらしい。

前々から近くを通る車とかを見てて「危ないなぁ」とは思っていた。まさか、その通りのことが起こるとは想定外だけど。

日常生活にあまり支障はない。
頭痛がひどくて、何も考えられないのはキツイ。
なので来週前半には退院するつもり。
早く出してくれ!



テーマ:
ふと思い出したのでブログに書いてみる。
一般的に今の世の中「オンラインでの入会」ってのは割と簡単に出来る。
ところが、なんらかの理由で「退会したい」と思ったらだいたい苦労します。
オンライン上で出来る所でも実はものすごく分かりにくい所にそれ用の入り口を
置いていたりしました。

中には、オンラインでは退会出来ずに電話等で連絡しなければならないケースもあります。
これがまた厄介。電話の窓口の時間は通常平日の9時からとか10時から。
終わりは早いとこだと16時とか遅いところでもまあだいたい20時がいいところ。
なんだかんだで、ドタバタしてるとあっという間に受付終了のお時間。
で、ずるずる退会が伸びる。
ようやっと退会すると「2度と入らない」と固い決意をすることでしょう。

全てこういう「姑息な退会防止」は無駄です。ユーザーの自社への評判も評価も下げます。

たぶん、「入り口は広げて出口は狭めて会員数をなるべく維持しよう」という考えでしょうが
僕は全く逆効果だと思ってます。
簡単に退会できるようにしないのはおそらくは
「自社のサービスに自信が無い」のではないかと思います。
自信があればこんな「姑息な手段」はとらずに退会のメニューも動線を表示するなりの方法で
案内すればいい。だって、満足してきっとそんな意思は起こらないから。
どうも合わない、って人は退会して頂いた方がお互いの為である、そう考えると思います。
もっとも、自社のページを丸投げして作ったような会社さんの場合だと、
そういう風に作るもんだ、と業者さんから洗脳されているかも知れません。
自社のサービスに自信があるなら堂々と退会のメニューへの動線はきちんと示した方が
良いと思います。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス