ESPギタークラフト・アカデミー東京校のブログ☆

ESPギタークラフト・アカデミー東京校のブログ☆

楽器の街・御茶ノ水にある「ESPギタークラフト・アカデミー(GCA)東京校」
楽器メーカー(株)ESPが直接運営するギター製作を学ぶことができる学校です。
授業風景や製作・リペアを中心に楽器の事、日々の出来事をアップしていきます!

現在お届けしています

 

端材ギター製作

 

ま、基本いつも端材なんですけど、、、

 

滝汗

 

いつも以上に

 

使わない材を再利用する方向で

 

製作を始めたギター製作

 

第1回はコチラ

 

第9回の今回は完成写真を一挙公開です

 

弦を巻いたヘッドの様子

 

普通に巻いたらこうはなりません

 

真顔

 

 

各弦の巻き数を良く見ていただくと分かります

 

ポーン

 

 

6~3弦までは徐々に巻き数を増やしています

 

それによってナット位置での弦の角度

 

がそれなりですがある程度一定になります

 

トレモロのないギターですので

 

巻き数を増やすことでの

 

トレモロ使用時のチューニングの

 

安定性を懸念する必要が無いので

 

僕はテレキャスタイプのギターでは

 

このように弦を巻いています

 

 

ブリッジ側の様子

 

今回このギター用にわざわざ中国から購入した

 

オクターブがある程度合うサドルを

 

つけてみたのですが、、、

 

むしろ普通のやつよりも

 

ズレるので

 

そのサドルをひっくり返して

 

丸い部分に弦をのせています

 

ゲロー

 

これでは通常のサドルを使うのと同じw

 

久々に可笑しななパーツを

 

かってしまいました

 

ニヤニヤ

 

こないだ使った12弦のブリッジも

 

かなりのダメダメでしたが、、、💦

 

滝汗

 

 

指板はパーフェローです

 

今回はほぼほぼ完成したネックの

 

流用でしたので

 

とても簡単にギターが完成しちゃいました

 

 

ブログは公開時期に間隔をあけていますので

 

完成までそれなりの期間がかかっているように

 

感じられているかと思いますが

 

実際は着工から2週間

 

程度です

 

 

完成した出音ですが

 

予想通り

 

塗装の薄いギターの音です

 

滝汗

 

よく言えばボディもネックも鳴っています

 

悪く言うと安い鳴りです

 

ゲロー

 

ネックを自分で作っていないので

 

やはり最近の自分の好みに合わせた

 

ネックに比べると弾き心地に

 

違和感があります

 

ちゃんとしっかりとリシェイプすべきでした、、、💦

 

チーン

 

今まで自分が作ったギターは

 

やはり愛着があって

 

基本的には売ったり人にあげたり

 

手放すことが無いのですが

 

このギターはなんか

 

完成した喜びが薄く

 

すでになんかどうでもいい気持ちでいっぱいですw

 

チーン

 

やはり

 

苦労して作ったギターと

 

そうでないギターでは

 

違うってことですね

 

 

ボディの一部に材が無かったりする部分に関しては

 

音にそれほど影響がないと感じます。

 

結局のところ

 

完成時のトータルの重量と強度

 

なんだなと

 

改めて実感した1本となりました

 

ウインク

 

 

今回でこのシリーズは完結です

 

次回からまた

 

別のシリーズがスタートします!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

ESPギタークラフト・アカデミー東京校のSNSリンクはこちらです↓

 

 

instagram
twitter
youtube