アンチエイジングに必死なブログ

アンチエイジングに必死なブログ

老化対策に必死過ぎて、美容医療とプチ整形に手を出しはじめました

美容クリニックにはまっています

サイコパス弁護士 vs. 頭を割って脳を盗む「脳泥棒」、最凶の殺し合い! 
すべては二十六年前、十五人以上もの被害者を出した、児童連続誘拐殺人事件に端を発していて……。
自分は怪物なのか... 
では人とは何なのか... 
善悪がゆらいでいく主人公に「泣ける!」との声もあがったサイコ・スリラー、待望の文庫化! 


良心の呵責を覚えることなく、自分にとって邪魔な者たちを日常的に何人も殺してきたサイコパスの辣腕弁護士・二宮彰。ある日、彼が仕事を終えてマンションへ帰ってくると、突如「怪物マスク」を被った男に襲撃され、斧で頭を割られかけた。九死に一生を得た二宮は、男を捜し出して復讐することを誓う。一方そのころ、頭部を開いて脳味噌を持ち去る連続猟奇殺人が世間を賑わしていた―。

第17回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作。


📙📗📘

面白かった!

「サイコパス殺人鬼どうしの殺し合い」って紹介文から、ゴジラ対モスラ的な単純明快なエンタテイメントかと思っていましたが、意外にも深くて読み応えありました。

不幸な生い立ちや精神が歪んで殺人鬼になる人の話はよくありますが、これは脳チップで人為的にサイコパスとして作られた人たちのお話。
でもSFほど飛躍しすぎず、現実的で怖いです。

脳を操作されたせいで躊躇わず犯罪を犯していた犯人を単純に憎めない先輩刑事と、犯罪は犯罪ですから!とドライに割り切っている若い女性刑事のシーンは印象的です。

ズバズバ人を殺しまくっていたけど、脳チップの故障で普通の感情がわいてきてしまい、揺れてしまうサイコパスさん。選択が正しかったかわからないけど、少し救いのある終わり方でした。

登場人物もみんな魅力的です。悪い人達すら、なんか憎めないキャラという。

主人公の友人医師が生まれ持っての純粋なサイコパスだった点については触れられていない点はちょっと消化不良です。この人こそ1番の怪物。

全体的にスピード感あり読みやすく面白くて、久々に一気読みした1冊でした。