懐かしの「石原裕次郎」

テーマ:

昭和30年代などというと、

 

今の若い世代の人たちには想像もつかないだろうが、

 

戦後のどさくさがまだ続いていた時代で、

 

私も子供心に社会の荒んだ雰囲気を怖そうに見ていた。

 

嵐を呼ぶ男

 

理屈なしに恰好が良かった。

 

憧れた。

 

荒んだ社会の中で「悪」に、敢然と立ち向かう脚の長い裕次郎のアクションシーンが思い出される。

 

「錆びたナイフ」

 

「風速40メートル」

 

「銀座の恋の物語」

 

「狂った果実」

 

「陽の当たる坂道」

 

     ・

     ・

     ・

     ・

 

裕次郎主演の映画はほとんど観た。

 

1987年7月17日、ファンの祈りもかなわず54歳の若さでこの世を去った。

 

北海道小樽市の海辺にあった石原裕次郎記念館が今年、街から姿を消した。

 

所要で訪れた記念館は文字どおり、裕次郎一色に染まった「裕次郎博物館」だった。

 

日本の映画史に残した裕次郎の功績は計り知れないくらい大きい。

 

銀座の恋の物語

 

 

これは生活の物語です

 

 

 

 

AD