続・産業歴史博物館設立実行委員会(エンジン博物館)

世の中に、今現在に起きている事象、過去の歴史や隠れた世界の勢力との分析を通して、
これからの世界の未来と、日本のあり方を模索します。

NEW !
テーマ:
減反政策の廃止!

これは大きなニュースです。米が余るから、などという理由から、ずっと減反を続けて半世紀。実のところ、日本人の主食を奪い、逆らえない植民地にするアメリカの政策なんですよ。
給食でパンを出すようにして、出来るだけアメリカからの小麦を買う。エネルギーと食料のどちらかを支配されたら、もうその国は滅亡まっしぐらです。戦争に負けて70年。ずっとそういう時代を歩んで来たのですよ私たちは。


田んぼを国が潰すよう国民に指導する。現場の農家は抵抗しようにも、都会の人間になんの国家観もないわけで、そんな世相が作り出す日本では当然の帰結なのです。

今でもNHKの女アナや解説者は、「安くて安全で上手い米が提供される」かどうかばかりを議論するわけです。こいつら絶対に日本人じゃありませんよ。NHKは本当に解体すべき。


安倍首相は、メディアの偏向にも言及しまして、トランプをテコにして、本当に日本を変えてくれるかも知れない、と思い始めています。
今は消費税上げを宣言していますが、果たしてどうなるか…。


北朝鮮への最終的な判断を見る限り、拉致問題で彼らに譲歩したのは、もしかしたら国際世論を味方につける布石だったのか…。慰安婦問題にしても、結果的には世界世論を味方につけ始めている。
敵を欺くにはまず味方から、とは言いますが、それをやっているとしたら日本の政府は中々のもんですよ。


移民がどんどん増えてるし、正直どこまで信用するかは難しい。ただ、民進や共産、社民のような在日党よりは遥かに正当です。
民進なんて、本当にやる気あるんでしょうかねえ。一緒になって消費税上げだの財政均衡だの謳っています。せめて共産みたいに消費税は廃止くらいの政策は打ち出さないと。


まあどっちにしても、この辺の勢力は終わりですよ。減反政策だって、野党が反対すべきところを、政権与党がやってしまった。これで米の単価も上がっているそうです。

海外の安い米がどうとか言ってますけど、私たちは出来るだけ国内産を買い支えるのです。これは経済の問題ではなく、国を守るための戦いなんです。安い中国やアメリカのものを食べ続けても、最終的には病気になったりしてお金がかかるかも知れません。
私はそうなると思ってます。

多少高くても、日本で取れたものを食べる。それで生産量が増えれば安くもなるし、エネルギーが支配されても、食料さえあれば何とかなる。逆は絶対にない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。