うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング〜

うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング〜

長野県塩尻市を中心に活動している、うつ病の当事者・家族のピアサポートグループ『ガレージとーく』です。

代表の長谷川と申します。わたしは、2004年に仕事のストレスからうつ病を発病し失業し、その後自宅療養の後、再就職するも再燃し、失業を繰り返しました。発病から8年が経ち、ようやく寛解から回復したと言える状態になりました。

このたび、自らのうつ病の経験から、うつ病の方の症状改善・社会復帰(復職・再就職)・リカバリーを力強く支援したいとの思いから、任意団体『うつリカバリーエンジン』を設立し、ピアサポート事業として、ピアサポートグループ(自助会・自助グループ・当事者会)『ガレージとーく』を立ち上げることになりました。

「力強く支援するエンジンになりたい」という思いから、任意団体名は『うつリカバリーエンジン』と名前を付けました。

『うつリカバリーエンジン』の「エンジン」から車をイメージすると思いますが、車の車庫、修理工場を意味する「ガレージ」から、心のメンテナンスをする場をイメージして、ピアサポートグループ名は『ガレージとーく』と名前を付けました。

『リカバリー(Recovery)』は、当初は「回復」、つまり病気が終わることとして使われていた言葉ですが、現在では、「疾患を持ちながらも、希望を抱き、自分の人生に責任をもって意味のある人生を生きること」という意味で使われるようになりました。

『リカバリー(Recovery)』とは、「働くこと」や「社会で役割を持つこと」など、やりたいことや、こうなりたいという目標に向かって計画を立て、スモールステップで課題を達成する体験をしていくことを意味しています。小さな経験の積み重ねが、ゆっくりと自信を持つこと、自己評価を高め、意欲や生きがいを、自分の人生を手に取り戻していくという事です。

近年うつ病の方が増えてきており、再発を繰り返しなかなか社会に復帰できない人たちが増えてきています。うつ病は再燃・再発率が高く、また悪化すれば最終
的には死(自殺)にいたる可能性もある恐い病気です。 うつ病を回復させることは勿論、再発させないようにするスキルを身につけることが必要です。

一方で、うつ病になる前の生き方がベストであるとは限らないのではないか?うつ病になったからこそ見直せる、そんなチャンスを持つことが出来たのではとも思うのです。たとえうつ病になっても、復帰できる仕組みを構築しそれを広めたい、そしてそれはうつ病になってしまった前よりも素晴らしいと思える人生になる。『うつリカバリーエンジン』は、より豊かな人生の歩みを始められるよう全力で支援したいと思います笑顔

任意団体うつリカバリーエンジンのホームページ
https://u2recovery.org
第84回『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング開催のお知らせです!​​​
 
5月16日に開催する『ガレージとーく』第84回ミーティングですが、市民タイムスとNHK長野放送局が取材に入ることになりました。参加者の方には、ミーティング開始時に詳細をお伝えしますが、プライバシーには十分に配慮しますので、ご安心ください。

​​​ ちょうど一年前は、緊急事態宣言を受けて、塩尻市市民交流センター(えんぱーく)が全館貸館を制限していたため、5月のミーティングは、Zoomによるオンラインで開催いたしました。

あれから一年経っても、相変わらず新型コロナウイルス感染症は終息していません。ここにきて、第4波が来たとも言われていますが、えんぱーくは、今のところ使用制限は出ていませんので、通常の開催を予定しています。

わたしの「無痛性甲状腺炎」は、相変わらずつらい症状が続いています。先日検査した甲状腺ホルモンの値は、FT4の値は正常値になりましたが、FT3はまだ高い状態です。このペースで低下すると、5月末くらいには正常値になるのではないか期待しているところです。早く普通に動けるようになりたいですニコニコ

うつ病を患いながら「つらいときどうしてる?」「うつの大変さ、分かって欲しい」「眠れないときの対処法は?」「そろそろ復職したい」「友人や家族とどう付き合う?」など、悩みや不安がある人、一緒に語り合いませんかキラキラ

■日時:2021年5月16日(日)13:30~16:30
■場所:塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室202
■参加対象:診断や疾患に関わらず、うつ症状のある方
■定員:10名 残席あと3席
■参加費:500円
■参加申込: こくちーず よりお申し込みください
■お問い合わせ: お問い合わせよりお願いいたします
  
『ガレージとーく』第84回ミーティング
https://kokucheese.com/event/index/610767/
 
参加対象の方
診断や疾患に関わらず、うつ症状のある当事者を参加対象としています。ご家族や専門職などの支援者の方の参加については、事前にご相談ください。

 アクセス(えんぱーく)

 ご案内チラシ(PDF:3.2MB)



■塩尻市市民交流センターえんぱーく3F 会議室202
えんぱーく会議室202


引用元:『ガレージとーく』第84回ミーティング[2021年5月16日]開催のお知らせ
『IPS援助付き雇用ー精神障害者の「仕事がある人生」のサポート』が、2021年3月23日に、金剛出版社から出版されました。





東京の桜ヶ丘記念病院で精神保健福祉士をされている中原さとみさんが、精神障害者の就労支援サービスの一つである「IPS 援助付き雇用」を紹介する翻訳本の出版に係るクラウドファンディングで、目標額を達成されました

当初の出版は、2020年5月を予定していましたが、コロナウイルスの影響もあり翻訳が遅れていましたが、ようやく出版されました。

わたしもクラウドファンディングで支援させていただき、手元に1冊届きました

Amazonでも購入できます。1冊(384ページ)5,060円と安くはありませんが、IPSに興味がある方は、ぜひ読んでいただきたいです。

※IPS とは:本人の長所や興味に応じて職探し・継続的なサポートを超職種チームで行う就労支援モデルのこと。
 
本の内容
精神障害がある人のためのエビデンスに基づく就労サービスであるIPS援助付き雇用は,今や全世界に拡大して精神障害者の「仕事がある人生」を切り拓き続けている。サービス対象者を除外せず,障害者用ではない一般の雇用先を迅速に探索し,クライアントごとに徹底して個別化された就労計画と就労後の継続支援を提供し,何より求職者の希望とストレングスを最も重視するIPSサービスは,その原則に忠実であるほど効果が上がることが実証されている。

本書は,IPS援助付き雇用を実装するために必要な哲学・組織・チームワーク・実践者のスキルについて詳細に紹介し,さらにIPSの就労スペシャリストに何より求められる前向きな姿勢と独創性のヒントとなるサービス利用者と第一線の実践者たちの言葉に溢れている。

「あなたから見て,どのクライアントが働けるか/働けないかを評価しないことが重要です。誰が就労に成功するかを正確に予測できる人はいません。クライアントはいつも予想を超えた成功を遂げて実践者たちを驚かせます」
 
目次
はじめに セクション1
IPS援助付き雇用のエビデンスに基づく実践
第1章 IPS援助付き雇用の概要
第2章 IPS援助付き雇用の原則
セクション2
就労スペシャリストとIPS援助付き雇用スーパーバイザーに必要なスキル
第3章 面接スキルの向上
第4章 個別化された職探し計画の作成
第5章 職探しの支援
第6章 個別化された就労後の継続支援の提供
第7章 就学の援助
第8章 重複障害がある人の支援
第9章 精神保健治療チームとの協働
セクション3
拡大型のIPS援助付き雇用チーム
第10章 職業リハビリテーション
第11章 IPS援助付き雇用のスーパービジョン
第12章 精神保健実践者と就労
第13章 家族の役割―IPS援助付き雇用について家族に知っておいてほしいこと
結語
文献
付録 IPS援助付き雇用フィデリティ
ツールパート
パート1/IPS援助付き雇用フィデリティ
文書1 IPS援助付き雇用フィデリティ評価尺度(2008年改訂版)
文書2 IPS援助付き雇用フィデリティ評価スコアシート
文書3 IPS援助付き雇用フィデリティ改善行動計画(サンプル)
文書4 IPS援助付き雇用フィデリティ評価結果報告書(サンプル)
パート2/IPS援助付き雇用のツール
文書5 ご家族の方―IPS援助付き雇用について知っておいていただきたいこと
文書6 雇用主へのアプローチ計画/開示ワークシート
文書7 キャリアプロファイル・フェイスシート/IPS援助付き雇用紹介状
文書8 キャリアプロファイル
文書9 就職報告書
文書10 離職報告書
文書11 教育経験報告書
文書12 雇用主との面会記録
文書13 雇用主との面会記録(サンプル)
文書14 雇用主へのお礼の手紙(サンプル)
文書15 雇用主へのお礼状(サンプル)
文書16 IPSスーパーバイザーのための個別化された就労後の継続支援計画ガイド
文書17 就労後の継続支援計画書(サンプル)
文書18 教育支援計画書(サンプル)
文書19 情報シート/精神障害と物質使用の重複障害があるクライアントの就労支援のために
文書20 IPS援助付き雇用プログラムと職業リハビリテーション局の協働方策
文書21 就労スペシャリストの職務規定(サンプル)
文書22 IPSスーパーバイザーの職務規定(サンプル)
文書23 職場開拓のための現地指導記録
文書24 スキル向上のための現地指導記録
文書25 IPS援助付き雇用スーパービジョン記録
文書26 就労スペシャリストのオリエンテーションチェックリスト
文書27 「就労に興味がわいてきたら……」ワークシート
文書28 IPS援助付き雇用運営委員会
文書29 IPS援助付き雇用運営委員会議題/導入初期(サンプル)
文書30 IPS援助付き雇用運営委員会議題/プログラム安定後(サンプル)



引用元:『IPS援助付き雇用』書籍出版のお知らせ
認定NPO法人地域精神保健福祉機構コンボが主催する「精神障がい者と家族のための市民公開講座」のお知らせです。
精神障がい者と家族のための市民公開講座のお知らせです。テーマは就労。働く&働き続けるための支援や医療のサポートについて、体験談を含め、お話いただきます。オンライン開催で無料ですが、事前のお申込が必要です。 コンボホームページより
 
精神障がい者と家族のための市民公開講座
「精神障がい者の就労ずっと働きたい!を叶えるために~働き続けるための支援や職場、働き方とは~」

 参加申込締切は、2021年5月20日(木)です。
 
【日時】
○2021年5月22日(土) 13:00~ 15:30 オンライン開催(Zoomウェビナー)
 
【参加費】
〇 無料
 
【定員】
〇 500人
 
【プログラム】
◆講演 ◎司会:木下利彦(関西医科大学 精神神経科教授)
●講演1:リカバリーと生活を支える医療
《講師》岸本年史(奈良県立医科大学 特任教授・医療法人鴻池会秋津鴻池病院 院長)
●講演2:精神疾患と障害を持つ人たちへの就労支援で学んできたこと ~「働き続ける」を支援するために~
《講師》三家英明(医療法人三家クリニック院長)
●講演3:人として~「働く」ことは、なぜ重要なのか~
《講師》芦田庄司(アクテック株式会社 代表取締役会長、NPO法人全国精神保健職親会 監事)、奥野哲治 & 浜口慎 & 大橋恵(アクテック株式会社 製造1課1係)

◆パネルディスカッション
◎司会:木下利彦(関西医科大学 精神神経科教授)
《パネリスト》 ●岸本年史(奈良県立医科大学 特任教授・医療法人鴻池会秋津鴻池病院 院長)
●三家英明(医療法人三家クリニック院長)
●芦田庄司(アクテック株式会社 代表取締役会長、NPO法人全国精神保健職親会監事)
●奥野哲治 & 浜口慎 & 大橋恵(アクテック株式会社製造1課1係)
※途中休憩あり
 
【申込方法】
事前のお申込が必要です。下記URLよりお申込ください。
https://entry.smktg.jp/public/application/add/3456
※お申込の際、パネルディスカッションでの質問を受け付けております。(当日は質問をお受けいたしませんのであらかじめご了承ください)
 
◆チラシ
こちら から

 




引用元:ずっと働きたい!を叶えるために~働き続けるための支援や職場、働き方とは~(コンボ主催市民講座)
2021年5月16日に開催する、第84回『ガレージとーく〜うつ病で、語る、つながるミーティング』の告知が、本日付けの「MGプレス」インフォメーションに掲載されました!​​​​​​
 
開催まで今日を含めてあと9日ですが、残席あと2席です。引き続き、ご参加をお待ちしております。
 


■日時:2021年5月16日(日)13:30~16:30
■場所:塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室202
■参加対象:診断や疾患に関わらず、うつ症状のある方
■定員:10名 残席あと2席
■参加費:500円
■参加申込: こくちーず よりお申し込みください
■お問い合わせ: お問い合わせよりお願いいたします

『ガレージとーく』第84回ミーティング
https://kokucheese.com/event/index/610767/
 
参加対象の方
診断や疾患に関わらず、うつ症状のある当事者を参加対象としています。ご家族や専門職などの支援者の方の参加については、事前にご相談ください。
  
※「MGプレス」は、長野県内の松本市・塩尻市・安曇野市・大町市・東筑摩・北安曇・木曽全域で、週5回、信濃毎日新聞朝刊に折り込まれて、11万5,000部が配布されています。



引用元:「MGプレス」インフォメーションに掲載されました(2021/05/08)
2021年5月16日に開催する、第84回『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティングの告知が、本日付けの市民タイムス-みんなの掲示板に掲載されました!
 
開催まで今日を含めてあと10日ですが、残席あと2席です。引き続き、ご参加をお待ちしております。
 


■日時:2021年5月16日(日)13:30~16:30
■場所:塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室202
■参加対象:診断や疾患に関わらず、うつ症状のある方
■定員:10名 残席あと2席
■参加費:500円
■参加申込: こくちーず よりお申し込みください

■お問い合わせ: お問い合わせよりお願いいたします
  
『ガレージとーく』第84回ミーティング
https://kokucheese.com/event/index/610767/
 
参加対象の方
診断や疾患に関わらず、うつ症状のある当事者を参加対象としています。ご家族や専門職などの支援者の方の参加については、事前にご相談ください。
 
※『市民タイムス』は、長野県の中信地域(松本市、安曇野市、塩尻市、大町市、東筑摩郡、木曽郡、北安曇郡)を対象エリアにして、発行している朝刊の地域新聞です。発行部数は6万6119部(2018年4月現在)。



引用元:『市民タイムス-みんなの掲示板(5面)』に掲載されました(2021/05/07)