うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング〜

うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング〜

長野県塩尻市を中心に活動している、うつ病の当事者・家族のピアサポートグループ『ガレージとーく』です。

代表の長谷川と申します。わたしは、2004年に仕事のストレスからうつ病を発病し失業し、その後自宅療養の後、再就職するも再燃し、失業を繰り返しました。発病から8年が経ち、ようやく寛解から回復したと言える状態になりました。

このたび、自らのうつ病の経験から、うつ病の方の症状改善・社会復帰(復職・再就職)・リカバリーを力強く支援したいとの思いから、任意団体『うつリカバリーエンジン』を設立し、ピアサポート事業として、ピアサポートグループ(自助会・自助グループ・当事者会)『ガレージとーく』を立ち上げることになりました。

「力強く支援するエンジンになりたい」という思いから、任意団体名は『うつリカバリーエンジン』と名前を付けました。

『うつリカバリーエンジン』の「エンジン」から車をイメージすると思いますが、車の車庫、修理工場を意味する「ガレージ」から、心のメンテナンスをする場をイメージして、ピアサポートグループ名は『ガレージとーく』と名前を付けました。

『リカバリー(Recovery)』は、当初は「回復」、つまり病気が終わることとして使われていた言葉ですが、現在では、「疾患を持ちながらも、希望を抱き、自分の人生に責任をもって意味のある人生を生きること」という意味で使われるようになりました。

『リカバリー(Recovery)』とは、「働くこと」や「社会で役割を持つこと」など、やりたいことや、こうなりたいという目標に向かって計画を立て、スモールステップで課題を達成する体験をしていくことを意味しています。小さな経験の積み重ねが、ゆっくりと自信を持つこと、自己評価を高め、意欲や生きがいを、自分の人生を手に取り戻していくという事です。

近年うつ病の方が増えてきており、再発を繰り返しなかなか社会に復帰できない人たちが増えてきています。うつ病は再燃・再発率が高く、また悪化すれば最終
的には死(自殺)にいたる可能性もある恐い病気です。 うつ病を回復させることは勿論、再発させないようにするスキルを身につけることが必要です。

一方で、うつ病になる前の生き方がベストであるとは限らないのではないか?うつ病になったからこそ見直せる、そんなチャンスを持つことが出来たのではとも思うのです。たとえうつ病になっても、復帰できる仕組みを構築しそれを広めたい、そしてそれはうつ病になってしまった前よりも素晴らしいと思える人生になる。『うつリカバリーエンジン』は、より豊かな人生の歩みを始められるよう全力で支援したいと思います笑顔
NEW !
テーマ:
うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』第54回ミーティング開催のお知らせです!!

11月になり、今年もあと二ヶ月になりました早っ!!最低気温もマイナスになり、あの寒い冬がやってくる… ピンクと思うと、今から憂うつになってしまいますブルー

9月から派遣で働き始めましたが、体が悲鳴を上げるのでは?と思っていたら、案の定、腰痛発症びっくり整形外科では「腰椎椎間板症」と診断されました。腰痛をこれ以上悪くしたくないと思い、退職の意思表示はしましたが、人が足りないからと契約満了の10月末までは勤めることになりました。

でも、わたしの後から入社した人が「腰が痛い」と言っていましたが、無断欠勤して、そのまま退職した人が居ました。わたしより早く辞めるなんてあはは…

その後、リハビリを受けながら続けていましたが、今度は平台車に足を引っ掛けて転倒した際に膝を床に強打びっくり日が経つにつれ痛みが増し、歩くのも辛い状態に… ピンクレントゲンでは異常無しでしたが、辞めた今でも足を引きずっています辛い

ほんとに腰痛に打撲にろくなことが無かったですし、職場内でもいろいろありましたが、メンタルは安定していたのは良かったですあはは…朝6時に家を出て、18時頃帰宅していましたが、リハビリにはちょうど良かったのかもしれません苦笑

ここにきて、母が“要支援1”から“要介護1”になり、ケアマネジャーさんが変わったり、デイサービスも変わったりと、母のことでいろいろすることが増えてしまいました。自分のことだけでも精一杯なのに… ピンク

仕事も探さないといけなくて、全く落ち着きませんが、できることからやっていくしかないんでしょうねファイト

うつ病を患いながら「辛いときどうしてる?」「うつの大変さ、分かって欲しい」「眠れないときの対処法は?」「そろそろ復職したい」「友人や家族とどう付き合う?」など、悩みや不安がある人、一緒に語り合いませんか話す

■日時:2018年11月18日(日)13:30~16:30
■場所:塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室204
■参加対象:診断や疾患に関わらず、うつ症状のある方
■定員:7名 残席あと1席
■参加費:500円(会場費・運営費として)
■参加申込:リンク [こくちーず] よりお申し込みください 

■お問い合わせ:リンク [お問い合わせ] よりお願いいたします
 
参加対象の方
診断や疾患に関わらず、うつ症状のある当事者を参加対象としています。ご家族や専門職などの支援者の方の参加については、事前にご相談ください。
 
リンク  アクセス|えんぱーく

リンク ご案内チラシ(PDF:1.5MB)




■塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室204やじるし
NEW !
テーマ:
2018年11月18日に開催する、うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』54回ミーティング開催の案内を、本日付けの「MGプレス」に掲載していただきました新聞
開催まであと4日ですが、定員7名に対し、残席あと1席なりました。残席にまだ余裕がありますので、引き続きご参加をお待ちしております。

■参加申込:リンク [こくちーず] よりお申し込みください

尚、会場は、塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室204になります。

リンク  アクセス|えんぱーく

※「MGプレス」は、長野県内の松本市・塩尻市・安曇野市・大町市・東筑摩・北安曇・木曽全域で、週5回、信濃毎日新聞朝刊に折り込まれて、11万8700部が配布されています。

テーマ:
長野県ピアサポートネットワーク主催の平成30年度ピアサポート研修のお知らせです

■日時:2018年11月17日(土)12:30~16:30(受付12:00~)
■場 所:長野県社会福祉総合センター3階講堂
■参加費:無料

リンク ご案内チラシ(PDF:439KB)
 
目的
ピアサポーター(当事者支援員)が地域で活動するために必要な対人支援、相談支援について学びます。ピアサポーターとしての支援の有り方、信頼関係を築くために必要なこと、心構え、相談支援に大切な視点などを学びます。
ピアサポーター(当事者支援員)の方々の実践の発表を聴き、ピアサポーターが活動するために何が大切かを考えます。ピアの可能性を広げる為に大切なことも共に学び合います。
交流を図り、仲間づくりをして日頃の思いや体験について語り合います。
 
内容
①精神障がい者がピアサポート活動を行うために必要な、対人支援についての基本的姿勢、基本的視点や知識等を習得する。日頃の実践について互いに学び合う。
②保健・医療・福祉関係者等がピアサポートについて学び、ピアサポート活動を考える機会とする。今後のピアサポーターの活躍の場や機会を増やしていくステップの為とする。
③ 参加者相互の分かち合いにより互いに理解を深め交流を図る。
 
対象
・対象地域:長野県全域
・すでにピアサポーター(障がい者支え合い活動支援事業の登録者ほか)として活動している方
・これから活動したいと思っている方
・支援者(施設職員・行政等)・当事者のご家族等
・精神保健福祉に関心のある方
 
【開会】 代表挨拶 日程説明 (12:30~12:40)

【第一部】12:40〜13:40
講演 講師 端田篤人氏 (長野大学社会福祉学部准教授)
演題 「ピアサポートの可能性を広げる」~信頼関係を築くために
質疑応答

休憩 13:40〜13:50

【第二部】13:50〜15:00
シンポジウム ピアサポーターによる実践発表
コーディネーター(講師 端田篤人氏)
シンポジスト(ピアサポーター 長野県内外 計5名ほど)

休憩 15:00〜15:10

【第三部】 15:10〜16:25
グループに分かれ、意見交換・交流
各グループからの報告

閉会 16:30
 
 
お申し込み
・同封の申込書にご記入の上、長野県ピアサポートネッワーク事務局にFAX送信してください。
・下記事務局に郵送、メール、持参、お電話していただいても結構です。その際にはご氏名、連絡先、必要な配慮どをお伺いします。
・申し込みの締切 11月12日(月)です。
・なお、事前の申し込みなく当日参加ていただことも可能です。
 
共催:NPO法人ポプラの会
後援:長野県精神保健福祉センター
   長野県精神科病院協会
   せいしれん
   長野県精神保健福祉士協会
   特定非営利活動法人 長野県精神保健福祉会連合会
   長野社会復帰促進会
 
長野県ピアサポートネットワーク
〒380-0928
長野市若里7-1-7長野県社会福祉総合センター2階
NPO法人ポプラの会事務局内
電話: 026-228-3344
FAX: 026-224-3777
E-mail: nagano.peer-support@kind.ocn.ne.jp
担当:大堀・穗苅・山本

テーマ:
2018年11月18日に開催する、うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』第54回ミーティング開催の案内を、11月2日付けの「市民タイムス」に掲載していただきました新聞
開催まであと12日ですが、定員7名に対し、残席あと5席です。残席にまだ余裕がありますので、引き続きご参加をお待ちしております。

■参加申込:リンク [こくちーず] よりお申し込みください

尚、会場は塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室204になります。

リンク  アクセス|えんぱーく

※「市民タイムス」は、長野県の中信地域(松本市、安曇野市、塩尻市、大町市、東筑摩郡、木曽郡、北安曇郡)を対象エリアにして発行している朝刊の地域新聞です。発行部数は約7万部(自社公称)。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス