うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング〜

うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング〜

長野県塩尻市を中心に活動している、うつ病の当事者・家族のピアサポートグループ『ガレージとーく』です。

代表の長谷川と申します。わたしは、2004年に仕事のストレスからうつ病を発病し失業し、その後自宅療養の後、再就職するも再燃し、失業を繰り返しました。発病から8年が経ち、ようやく寛解から回復したと言える状態になりました。

このたび、自らのうつ病の経験から、うつ病の方の症状改善・社会復帰(復職・再就職)・リカバリーを力強く支援したいとの思いから、任意団体『うつリカバリーエンジン』を設立し、ピアサポート事業として、ピアサポートグループ(自助会・自助グループ・当事者会)『ガレージとーく』を立ち上げることになりました。

「力強く支援するエンジンになりたい」という思いから、任意団体名は『うつリカバリーエンジン』と名前を付けました。

『うつリカバリーエンジン』の「エンジン」から車をイメージすると思いますが、車の車庫、修理工場を意味する「ガレージ」から、心のメンテナンスをする場をイメージして、ピアサポートグループ名は『ガレージとーく』と名前を付けました。

『リカバリー(Recovery)』は、当初は「回復」、つまり病気が終わることとして使われていた言葉ですが、現在では、「疾患を持ちながらも、希望を抱き、自分の人生に責任をもって意味のある人生を生きること」という意味で使われるようになりました。

『リカバリー(Recovery)』とは、「働くこと」や「社会で役割を持つこと」など、やりたいことや、こうなりたいという目標に向かって計画を立て、スモールステップで課題を達成する体験をしていくことを意味しています。小さな経験の積み重ねが、ゆっくりと自信を持つこと、自己評価を高め、意欲や生きがいを、自分の人生を手に取り戻していくという事です。

近年うつ病の方が増えてきており、再発を繰り返しなかなか社会に復帰できない人たちが増えてきています。うつ病は再燃・再発率が高く、また悪化すれば最終
的には死(自殺)にいたる可能性もある恐い病気です。 うつ病を回復させることは勿論、再発させないようにするスキルを身につけることが必要です。

一方で、うつ病になる前の生き方がベストであるとは限らないのではないか?うつ病になったからこそ見直せる、そんなチャンスを持つことが出来たのではとも思うのです。たとえうつ病になっても、復帰できる仕組みを構築しそれを広めたい、そしてそれはうつ病になってしまった前よりも素晴らしいと思える人生になる。『うつリカバリーエンジン』は、より豊かな人生の歩みを始められるよう全力で支援したいと思います笑顔

任意団体うつリカバリーエンジンのホームページ
https://u2recovery.org
うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』第72回ミーティング開催のお知らせです!

緊急事態宣言を受けて4月21日から当面の間、塩尻市市民交流センター(えんぱーく)が全館貸館を制限しているため、5月のミーティングは、Zoomによるオンラインで開催いたします。

オンラインでの開催のため、参加申込および参加費のお支払いは、すべてPeatixで行ってください。PCでもスマホからでもOKですが、この画面に表示してあるQRコードをスマホで読み取っていただくのが、一番簡単な方法だと思います。

ログインしていない場合、ログイン/登録画面が表示されます。アカウントにログインするか、新規登録でPeatixアカウントを作成してください。

チケット代金のお支払いにクレジットカード・コンビニ・ATMがお使いいただけます。チケットのキャンセルをご希望の場合は、イベント主催者までご連絡ください。

詳細は、 Peatix ヘルプページを参照してください。それでも、よく分からないという方は、イベント主催者までご連絡ください。

うつ病を患いながら「辛いときどうしてる?」「うつの大変さ、分かって欲しい」「眠れないときの対処法は?」「そろそろ復職したい」「友人や家族とどう付き合う?」など、悩みや不安がある人、一緒に語り合いませんかキラキラ

■日時:2020年5月17日(日)13:30~16:30
■場所:オンライン(Zoomを使用します)
■参加対象:診断や疾患に関わらず、うつ症状のある方
■定員:10名前後(申込先着順)5月14日現在の参加申込は8名です

■参加費:500円( Peatixでチケットを購入してください)
■参加申込: Peatix よりお申し込みください 
■お問い合わせ: お問い合わせ よりお願いいたします


Peatix2020年5月17日
http://ptix.at/Ncy9oj
 
参加対象の方
診断や疾患に関わらず、うつ症状のある当事者を参加対象としています。ご家族や専門職などの支援者の方の参加については、事前にご相談ください。
 

 ご案内チラシ(PDF:3.2MB)






引用元:『ガレージとーく』第72回ミーティング[2020年5月17日・・・
2020年4月19日に、うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』第71回ミーティングを開催いたしました。

会場のえんぱーくは、4月21日から全館貸館の利用ができなくなりましたので、ギリギリセーフでした。しかし、ちょうど塩尻市絡みの感染者の確認が相次いでいたことや、塩尻市長からも「週末は不要不急の外出を控えるように」との呼びかけがありましたので、開催するか否か迷いました。

いろいろ調べたり考えまして、初めての試みでしたが、Zoomを使ったオンラインミーティングと、えんぱーくでのリアルミーティングを、同時開催いたしました。

Zoomはよく分からない、えんぱーくに行って会って話したいという3名のリピーターさんはえんぱーくで。Zoomからは2名のリピーターさんに参加いただきました。

実際にZoomでミーティングを行ってみて、思ったよりもスムーズにできましたが、スマホの充電が終わりそうになった方が、わたしを含めて3人いました。こんなときのためにモバイルバッテリーがあるのに、家に忘れてきてしまいましたガーン

わたしはと言えば、皆さんで画面共有するデータを入れたUSBメモリを、自宅を出る際に忘れてきてしまいました。他にもいくつか忘れ物をしてしまったりして、わたしのほうがテンパっていたかもしれません。でも、Zoomみたいなやり方ができるというのは、新たな発見でした。これからは、長野県内だけでなく、日本全国から多くの方に参加していただけると思うと楽しみですニコニコ

最初に、簡単な病歴や参加のきっかけなどに触れながら自己紹介をし、フリートークということで、近況など自由に話をしました。その後、「今日話したいこと」を出し合ってもらい、事前にリクエストがあったものを含め、以下のテーマが挙がり、それぞれの思いや体験などを話しました。
 
・薬を服用しないと眠れません。皆さんはどうですか?
・自己有用感について
・マスクが買えませんが、皆さんどうされていますか?
・体力づくり、ダイエットについて、何かされていますか?
・天気が悪い時は、気持ちも落ちてしまいます。皆さんはどうですか?
 

テーマミーティングの初めは、わたしからのお知らせということで、以下についてお伝えしました。(デジタルデータもありますので、見たいという方はご連絡ください。)

・薬と製薬会社との関係について
・生活保護に関するよくある誤解について
・ストレスとの付き合い方
・アサーションについて

テーマミーティングで、「自己有用感」について話が出ましたが、恥ずかしながら、わたしは「自己有用感」というのは初めて聞きました。あとで、ググってみたのですが、「自己肯定感」と「自己有用感」とは違うものなんですね。

「自己肯定感」はミーティングでもよくテーマに挙がる言葉ですが、「自己有用感」についても、調べてみると、興味深い情報がたくさんありました。
 
一見同義として扱われがちなこれらの言葉ですが、両者の意味には大きな違いが一つあります。それは、自己評価なのか他者評価なのかという点です。

自己肯定感 = 自分の自分に対する評価
自己有用感 = 他者からの自分に対する評価

自己肯定感を高めたい場合、特に日本人はまず自己有用感を持つことがポイントとなります。

 自己肯定感と自己有用感は○○が違う!
 



参加された方へのアンケートの回答から、ミーティングの感想を一部紹介します。
 
Q. 本日のミーティングの感想をお聞かせください。また運営について(日時・会場・進行等)、意見やお気づきの点がありましたら、ご記入ください
 
 
Zoomで参加できるとは、気軽で良いです。えんぱーく参加の方の話す声が、遠くに座る方だと小さくて、何を話しているか聞き取れないことがありました
 
 
オンランで自宅に居ながら参加できて良かった。スマホは、口に近付けないと声を拾いにくいのかな、と感じた
 
 
自分が今悩んでいることが話せて良かった
 
 
オンラインで参加の方がもっと話せるようにした方が良いかな…と思いましたが、皆で話せてリフレッシュできました
 
 
スマホの充電すみません
 
 
Q. 今後のミーティングで話したいことや聞いてみたいこと
 
 
コロナの影響下、人とどうやって繋がっていますか?
 
 
リワークについて
 
 
体調管理について
 
 
狭い家なのに物が溜まってしまっている。皆さんは断捨離が出来ていますか?良い方法はありますか?
 
 
Q. 今後のオンラインミーティングの開催について
 

第71回『ガレージとーく』アンケート

第71回『ガレージとーく』アンケート

第71回『ガレージとーく』アンケート

 

第71回『ガレージとーく』アンケート

第71回『ガレージとーく』アンケート

第71回『ガレージとーく』アンケート

 

今回参加された皆さん、足を運んでいただきありがとうございます。また、今回都合が悪く参加できなかった方も、ぜひ次回のミーティングへの参加をお待ちしております❗️

次回、第72回ミーティングは、2020年5月17日(日)を予定しています。すでに参加申し込みも受け付けています。えんぱーくは使用できないため、Zoomによるオンラインミーティングのみで開催いたします。

よろしくお願いいたします。




引用元:『ガレージとーく』第71回ミーティング(2020/4/19)・・・
2020年5月17日に開催する、うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』第72回ミーティングの告知が、本日付けの市民タイムス-塩尻版一面に掲載されました!
 
5月12日現在の参加者数は6名です。申込み締切りまで、今日を入れてあと4日です。5月16日まで受け付けていますので、引き続き、ご参加をお待ちしております。
 


■日時:2020年5月17日(日)13:30~16:30
■場所:オンライン(Zoomを使用します)
■参加対象:診断や疾患に関わらず、うつ症状のある方
■参加費:500円( Peatixでチケットを購入してください)
■参加申込: Peatix よりお申し込みください 
■お問い合わせ: お問い合わせ よりお願いいたします


Peatix2020年5月17日
http://ptix.at/Ncy9oj
 
参加対象の方
診断や疾患に関わらず、うつ症状のある当事者を参加対象としています。ご家族や専門職などの支援者の方の参加については、事前にご相談ください。
 

※『市民タイムス』は、長野県の中信地域(松本市、安曇野市、塩尻市、大町市、東筑摩郡、木曽郡、北安曇郡)を対象エリアにして、発行している朝刊の地域新聞です。発行部数は6万6119部(2018年4月現在)。




引用元:『市民タイムス-塩尻版一面』に掲載されました(2020/5/・・・
「向精神薬による薬害を考える会」では、向精神薬による薬害被害者の支援及び救済を求め、国会請願のための署名活動を始めました。この活動に、弊団体も微力ながら応援させていただきたいと思います。尚、この活動についてのお問い合わせは、「向精神薬による薬害を考える会」さまへ直接ご連絡していただくようお願いいたします。

 向精神薬による被害者の救済を目指し、国会請願のための署名にご協力をお願いします|向精神薬による薬害を考える会

 お問い合わせ|向精神薬による薬害を考える会

 向精神薬による薬害被害者の支援及び救済を求める請願書(PDF:221KB)

 

以下、引用いたします。
 
このたび満を持して国会への署名請願活動を開始しました。
●請願書は<ここ>をクリックしてご覧ください。
(※スマートフォンの方は「Chrome」からの閲覧でスマートフォン内にファイルの保存が可能です。)

請願項目の要旨は以下の5点となります。

① 向精神薬処方時のインフォームドコンセントの徹底
② 多剤大量処方、離脱症状・副作用、後遺症、救済制度の現状についての医療者向け教育の充実
③ 各都道府県に一つ以上の被害者向け相談窓口の設置と薬害手帳の交付
④ 医師の指示により鍼灸治療に療養費給付する制度の新設
⑤ 薬害基金に基づく救済金支給制度の新設

また、この書名請願活動に関する疑問点に答えるため、実際に頂いた質問とそれへの回答をもとに「よくあるご質問」を作りましたので、併せてご覧ください。

この請願内容を実現に向けて前進させていくには、被害者と支援者・関係者がともに声を上げ、思いを行動に移し、行政や世論に訴えていく必要があります。

向精神薬による薬害被害者の皆さま、そのご家族、ご友人、支援者、また関係する患者会や医療・福祉その他の分野の皆さま、この国会請願のための署名に是非ともご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。

署名の具体的な手順は以下の通りです。

1.上の請願書の3枚目をプリンターで必要な枚数印刷する。
(スマホを使い、プリンターをお持ちでない方は、アプリをインストールすることで、コンビニで印刷できます。詳しくは、こちらをご覧ください。)

2.住所と氏名を黒のボールペンで記入する。
(同一家族の住所や姓の省略、番地の省略、「同」「〃」は無効ですのでご注意ください。)

3.以下の住所に宛てて送付する。
(申し訳ありませんが、送料はご負担をお願いします。)

〒812-8799
福岡市博多区博多駅中央街8-1
博多北郵便局博多駅前分室
向精神薬による薬害を考える会 宮崎 麗

さらに、できるだけ多くの署名を集めるため、このページのURLまたはこの告知文のコピー等をメール、LINE、SNS等で関係する方々に拡散して頂けると幸いです。

署名数はそのまま請願の効力に反映されますので、もし差し支えなければ、職場の方々や関心を抱いてくれそうな知人・団体・地元メディアなどへも拡散していただけますと有り難く思います。

ご質問のある方には<こちらのメール>を通じてお答えします。

どうぞよろしくお願いいたします。
 



引用元:向精神薬による被害者の救済を求める国会請願のための署名活動へ・・・
2020年5月17日に開催する、うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』第72回ミーティングの告知が、本日付けの「MGプレス」インフォメーションに掲載されました!
 
5月8日現在の参加者数は5名です。申込み締切りまで、今日を入れてあと8日です。5月16日まで受け付けていますので、引き続き、ご参加をお待ちしております。
 


■日時:2020年5月17日(日)13:30~16:30
■場所:オンライン(Zoomを使用します)
■参加対象:診断や疾患に関わらず、うつ症状のある方
■参加費:500円( Peatixでチケットを購入してください)
■参加申込: Peatix よりお申し込みください 
■お問い合わせ: お問い合わせ よりお願いいたします
Peatix2020年5月17日
http://ptix.at/Ncy9oj
 
参加対象の方
診断や疾患に関わらず、うつ症状のある当事者を参加対象としています。ご家族や専門職などの支援者の方の参加については、事前にご相談ください。
 
※「MGプレス」は、長野県内の松本市・塩尻市・安曇野市・大町市・東筑摩・北安曇・木曽全域で、週5回、信濃毎日新聞朝刊に折り込まれて、11万8700部が配布されています。




引用元:「MGプレス」インフォメーションに掲載されました(2020/・・・