二酸化チタン。

この化学物質は栄養素ではない。

それは全くの不溶性で、それはまるで

粉末ガラスを食べるに等しい。


アメリカ癌学会は、地球上で5つの

最も発がん性を有する物質の中に

二酸化チタンを挙げている。


それは、喘息、癌、腎臓病、

アルツハイマー病、そして不妊の

原因と考えられている。


二酸化チタンは、化粧品や、

錠剤を作るための充填剤として

ビタミンや他の薬で使用されている。


それは脱脂粉乳、チーズ、ヨーグルト、

マヨネーズ、チョコレート 、マシュマロ

ファーストフード、トマトケチャップなどに

使用されている。


また人間が食べる動物も食べさせられている。


二酸化チタンは、世界中の顔料の

総生産量の70%を占めており、それは広く

塗料、プラスチック、紙、インク、食品、

歯磨剤などの製品に白色性と不透明性を

提供するために使用されている。


それはまた、化粧品やスキンケア製品にも

使用され、紫外線から肌を保護するのに

役立つほぼ全ての日焼け止めの中に存在する。


二酸化チタンは、ユニークな特性を

有する金属酸化物である。


これは硬度でダイヤモンドに匹敵し、

そして優れた電気的特性が注目されている。


世界保健機関(WHO)は、メーカーが

子供の食品、家畜の餌、そして地球の

バイオマスを毒する事を許し続けている。



我々がそれを食する事でただちに出血や

窒息になる事はないが、アスベストと同じく

静かにゆっくりと、容赦なく、その恐ろしい

ウィルスのような種子がいくつかの体内の

臓器に落ち着くにつれ、電磁放射のある

周波数によって発動されるのを待っている。



米国国防長官ロバート・マクナマラは

近年、こう語っている。


2020年には人口は100億になる。

誰もそんな世界に住みたくはない。
出生率を下げるか、死亡率を上げるか、

戦争により極めて速やかに

効率的に死亡率を上げる事が出来る。

また飢餓や病気を拡大させる事も

人口調節に有効である」




フランス政府は2020年から

発癌性物質、二酸化チタンを禁止。



日本はいまだ話題にもならない。



クロ戌