世にも美しいガンの治し方

世にも美しいガンの治し方

ガンを溶かす ムラキテルミの 1日1食断食生活
― 好きなものを、好きなだけ ―

2009年5月、肝臓ガンで6ヶ所の大病院から余命3ヶ月を宣告。

2009年8月、ドクター石原メソッドをスタート。

2010年10月に完治!ガンを溶かす!。

2012年ガン・サバイバーとして、今もつづく1日1食・断食生活。

たくさんの美しい奇跡が起こりますように。



ムラキテルミオフィシャルホームページ





ムラキテルミ最新刊

・夢は叶うに決まってる!(2022)

・腸をきれいにする 奇跡の「煮あずき」
・1日一食 奇跡のレシピ
・奇跡の「フルーツ断食」







木村 秋則

地球に生きるあなたの使命












京都御苑を、

ダウン症のグループが、

紅葉狩り散歩してらした。 

小さいお子さんばかりでなく、

中には、すっかり成人している子も。



不思議と、彼らは、老けない。

不思議と、皆んな、似た顔してる。

体型も、ポチャッとして、似てる。

ツルンッとした、童顔なまま大人に。

シワさえ、ないように見受ける。



かなり重度の発達障害を抱えた知人も、

男性ながら、老けない。

もう、三十路を過ぎているのに、

ツルンッとした、童顔なまま大人に。



頭が良すぎて、大丈夫?レベルな、

ADHD 経産省キャリア君も、

ツルンツルンッの、童顔なままだ。

彼も、何年ぶりに会おうが、老けてない。



彼から、貴女も、ADHDだ!

と言われたことがある。

微妙だ、、、否、、、

私は、どんどん老けてる。

寝起きの顔、年齢&性別不詳だ。

大丈夫だっ



ある複雑に絡み合った発達障害女子も、

ひと回りは、若く見える。

いや、ふた回りかな?

ツルンッとした、童顔なまま大人に。



危険で無責任な分析だけれど、

彼らには、時間の概念がない。

時間が経つ、という概念がなく、

今という瞬間を、生きている感じがする。



時間と共に、老けていく、

という、恐怖心も無さげだ。

老ける、、、って、

自分で、自分を、時間で呪縛してるのかも。



この、メカニズムが判れば、

究極のアンチエイジング効果!

が、得られるのでは?



老けない!って、凄いことだと思う。



養護学校の教員をしている知人、

特別支援学級の教師をしている知人、、、

今では、特殊学級とは呼ばないそうだ。

2人から、共通の話題を。



生徒さんたちが、

ある一定の年齢に達すると、

授業が終わって、掃除時間に、

目を離すと、

全員、素っ裸になってて、腰を抜かした、と。

責任が取れないから、

男女別クラスにしてくれ〜と、

教育委員会に叫んで嘆願している。と。

1人は、ノイローゼになって、

すっかり、老け込んで、、、

教員を辞めている。



本能のままに、生きていると、

ノンストレスだと、老けない?

ストレスフリーだと、老けない?

不思議で、ならない。

なぜ、老けない?のだろう???





 

ムラキテルミ 『奇跡のコース』について呟いています

instagram始めました!→コチラ

 

 

 

 

 

 








大人気、いつも行列の出来てるパン屋さん、

『LAND』さんが、

昨日で、店仕舞いされた。



あの、美味しいサンドイッチが、

もう一度、食べたい!と、

朝早めに、お店に行くも、

とんでもない大行列に、ひるみ、諦めていた。



最終日の昨日も、

朝、7時前に、犬の散歩で、

お店まで行くも、すでに、100人は並んでる。

店主さんに、御礼だけ伝えて帰ってきた。



昨日は、丹後に出かけていて、

携帯電話を、ずっと、NAVI使いしていて、

帰宅して、メッセージをチェックしたら、











芸大生アルバイト君から、

朝4時半に、LINE が入っていた。

彼も、

『LAND』さんのサンドイッチの大ファン。

メッセージを読んで、涙が溢れた。

意を決して、朝3時から、並んだそうだ。

それでも、前から30番目だったとか。

ご家族の分、ご自分のサンドイッチと一緒に、

私の大好きなイングリッシュマフィンを、

並んで買ってくれていた。



7時間半、寒空の下、並んだ、

『LAND』さん、最終営業日のパン!

もう、神々しくて、食べられない。。。

メッセージも、

イングリッシュマフィンも、

永久保存したい。

有り難くって、手を合わせ、御供えしている。




息子さんのいる、お母さんの気持ちって、こんな?

大きな家族!体験をさせて頂いた。

彼は、来春大学卒業〜

青春に新たなレジェンドを刻んでいる。











 

ムラキテルミ 『奇跡のコース』について呟いています

instagram始めました!→コチラ

 

 

 

 

 

 








『非日常を、日常に』



ドキッとした、コピーは、

『ルフロ』の「クラフト温泉」

開発者、三田社長さんのお言葉です。



『非日常を、日常に』



まさに、

温泉旅行に出かける非日常が、

家庭のお風呂で、日常的に再現できる!



三田社長は、

日本の湯治温泉に、魅せられて、

起業なさっている。



良い商品コピーだなぁ〜

素晴らしい〜言葉だなぁ〜

感動して、頭から、離れなくなっている。



今日は、

丹後の、和久傳さんの森のレストランへ。

まさに、

『非日常が、日常に』な世界観だった。

2年ぶりの、

和久傳さんの森は、

ググッと成長していて、どっしりしている。



工業団地に開発更地化した土地に、

毎年、毎年、植林を続けておられ、

和久傳の森を、再生なさっている。











和久傳の森のレストランも、

高台寺本店で、

お一人様、数十万円の御料理を、

作ってらした、関戸さんが、

料理長をなさっている!



海の幸、山の幸が、豊かな土地。

漁師さん、農家さんと、

直接、強い絆を築ける土地に魅せられて、

ご家族で、丹後に移住なさってる。



出されるお料理の、

美しい〜こと。

綺麗〜なこと。

美味しい〜こと。

エッ?この、お値段で!?

非日常お料理が、日常プライスに。









和久傳さんの田んぼの、

オーガニック新米釜炊きご飯も、

鼻がピクピクしてしまう至福さだった。



決してアクセスの良い場所ではない、

しかも、雨降りな平日に、

たくさんのお客様たち。

私たちは、ランチ2回転目だった。



周囲は、ふつうな田舎町に、

毅然とした佇まいなのも、非日常。

安藤忠雄さん作の美術館も、凛としてる。



私たち、コンシューマーは、

気づかずに、

見えないエネルギーに魅せられて、

非日常に、引き寄せられているのかも。

魅せられる!

って、良い言葉だなぁ〜




なんて、つらつら思う1日だった。



https://mori.wakuden.kyoto/




 

ムラキテルミ 『奇跡のコース』について呟いています

instagram始めました!→コチラ