別府の骨董屋 ギャラリーHISAKO ほぼ日ブログ

別府の骨董屋 ギャラリーHISAKO ほぼ日ブログ

別府駅裏の自宅でささやかな骨董店を開いて20数年、店番をしながら過ごすほのぼのとした日々の出来事、古き楽しきアンティークとの出会いを綴ってみたいと思います。

NEW !
テーマ:



幕末から明治頃の伊万里焼色絵の大鉢


縁起が良いとされる動物や吉祥文を描いています。


無傷完品大中小と三客揃っています。


見込み中央には古くから神の使いとして崇められてきた雄雌の鹿を雄々しく描き


彼方を行く蝙蝠とその向かい側には登龍文の故事にちなんだ鯉の図、


余白には亀や若松、七宝を描き


外側には番いの鳥(吉兆鳥の鶉か?)と蝙蝠、花鳥などが華やかに描かれています。


いくつもの動物をモチーフにしてその中心が鹿という珍しい文様の伊万里の大鉢、

キズや傷みなく状態良好品です。








この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ   の 「骨董品一覧」→   『陶磁器』ページに詳細upしております。
お時間ございましたら覗いて見てください。



にほんブログ村参加中、ポチを頂くと日々の更新の励みになりますので宜しくお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村

テーマ:

昨日からヤフオクの送料が大幅に変更となり


60サイズ以上の物を送る場合はかなり割安になりました。


そりゃそうやろ。。


他のフリマサイトの全国一律料金(出品者負担の場合)を


さすがのヤフオクも看過する事ができなかったのか。。


私達九州の業者にとって送料は切実な問題で


どうすれば送料の負担を少しでも軽減出来るか


いつも頭を悩ませる問題なのです。



まだヤフーが手数料など一切取っていなかった夢のような時代から


幾多の変遷を経てその都度なんとか必死で付いて来ましたが


この先一体どんな時代になって行くのやら…


来年は消費税が10%に上がる事が決まったようで


お客様の財布の紐は固くなるのは必至、


(当店はこれまで通り据え置き価格?消費税0%で頑張るつもり…)


ギャラリーHISAKOのような地道にやるしか能がない弱小の骨董屋は


今後益々厳しい時代になって行くんやろなぁ~(ノc_,・;)

-------------------------------------------


本日の出品は

園部玄哉作 黒楽の茶碗 共箱共布



絵唐津 井上東也 鏡山窯の火入れです。

一見湯呑に見えますが

灰を入れる為に内側は半分以上釉薬が掛っていません^^

煎茶道具の箸立てと茶巾入れ

3点共在銘、真ん中の柘榴の茶巾入れの作者が誰かワカラナイ。。

つぼつぼ透かし入りの煙草盆、

先日の火入れは一閑人でしたがこちらは樹木に鳥文です。

この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ   の 「骨董品一覧」→   『陶磁器・塗物家具』ページに詳細upしております。
お時間ございましたら覗いて見てください。




にほんブログ村参加中、ポチを頂くと日々の更新の励みになりますので宜しくお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村

テーマ:

昨日、無事お茶会が終わりました。


下ろしたての草履の鼻緒が硬くて


お点前座に座る時に草履が脱げなくてアセりまくりましたが


お点前では大きな失敗もヤラかす事なく終了、


昨夜は燃え尽き症候群で帰宅したらバタンキューでした。


今回は 「花籠点前」、大きな籠の中に道具が仕込まれています。


下の2枚はお稽古仲間が撮影したくれた写真です。


お点前の中盤戦で

茶入れを袱紗で清めているところ、内心もうドキドキでした。。


後半戦の仕舞い付け、茶托を盆巾で拭くところ、

後、ちょっとや。。頑張れ自分!! (〃ゝω・人)


ふぅ~やっと終わりました^^

今回の着物はギャラリーHISAKOの中古着物から

パープルがかったグレーの地に小さな刺繍が入ったお着物を。。

帯も同じく中古品、

萩や菊の文様で秋のお茶会にぴったりでした^^





これで秋の一大イベントが取りあえずは終了しました。


しばらくは深まる秋をノンビリと楽しみながら過ごして行こうと思っています。



にほんブログ村参加中、ポチを頂くと日々の更新の励みになりますので宜しくお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村

テーマ:

今日は日本晴れの一日となりそうです。


日本晴れとは


一点の雲もなく晴れわたった空、


(雲はチラホラ見えるけど…)


もう一つの意味は


心配事などがなく気持ちがすっきりしていること、不安や疑いなどがすっかりなくなる事だそうです。


う~ん、大雑把な半面、心配性で取り越し苦労が多い自分は


曇り時々晴れ、ところによっては雨…みたいな天気が多く


なかなか日本晴れという心境にはなれそうにありません(*´pq`)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


花を見ていると気持ちがなごみます、煎茶のお稽古で頂いて帰った花を備前の花入れに挿してみました。

茶会はいよいよ明日。。



下の2点は庭に咲いていた花です^^







フランクリンミント社 日本の四季 11月のお人形 松崎光真作

塗りの産地は判りませんが秋の風情を感じられる菓子盆です。



この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ   の 「骨董品一覧」→   『塗物・家具、古布』ページに詳細upしております。
お時間ございましたら覗いて見てください。



にほんブログ村参加中、ポチを頂くと日々の更新の励みになりますので宜しくお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村

テーマ:

一昨日の秋晴れから一転、


今朝の冷え込みで一気に秋が深まっていく気配を感じました。

本日はこれからの季節にぴったりのものをご紹介いたします。


輪島塗の小筥、

金蒔絵と螺鈿細工で秋の七草からキキョウ・撫子・女郎花などが描かれた美しい作品、

小物入れにいかがでしょうか。



唐津焼 十三代太郎右衛門窯 木の葉文鉢

紅葉が終われば枯れ葉にも美を見出す。。



ちょっと見は柿右衛門風の絵付け、

昭和中期頃の香蘭社製五寸皿です。

鹿と紅葉が丁寧に描かれた上手の器です。






最後はガラスの南瓜と柿、

鮮やかなオレンジ色と金彩のコントラスト、ヘタのグリーンがアクセントになつています。

ペーパーウェイトと思いますがハロウィンにいかがでしょうか^^



この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ  の 

「骨董品一覧」→   『塗物・家具、陶磁器、ガラス』ページに詳細upしております。
お時間ございましたら覗いて見てください。



にほんブログ村参加中、ポチを頂くと日々の更新の励みになりますので宜しくお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村

テーマ:





三連休初日の6日から


ギャラリーHISAKOから歩いて5分の別府公園にて


“アニッシュ・カプーア IN 別府” が開催されています。


先日皇太子ご夫妻をお迎えした記事を書きましたが


この個展も「第33回国民文化祭おおいた2018」の目玉事業です。




現代アートの分野で世界的に有名なアーティスト、
アニッシュ・カプーアの巨大プロジェクトが別府公園を会場に展開されています。


昨日仕事が一段落したところで
あまりの天気の良さに誘われ徒歩で会場へ行ってみる事にしました。


キンモクセイがいい匂い。。

“君の瞳は一万ボルト~♪” を口ずさみながらルートを進む (*´∀`)b 




しかしカメラだけ提げて財布は持って行かなかったマヌケな私、


入場料1000円(当日1200円)を払えなくて中には入れませんでしたが


外から見て撮影カメラ


広大な公園の中に突然姿を現した現代アート作品、迫力満点です

(次回はちゃんと入場料を払って中の作品を鑑賞させて頂きます…)


径5mのスカイミラー




今週末の“おおいたみのりフェスタ”出店用のテントが既にあちこちに設営されて


現代アートと赤青のテントが秋空に映える?キッチュな光景が広がっていました。


「アニッシュ・カプーア IN 別府」は11月25日まで開催されているそうです。


アートで知的好奇心を、秋の味覚で胃袋を


満たしたいと思われる方はぜひ今週末別府公園へ足をお運び下さいませ^^



----------------------------------------------------------

ギャラリーHISAKOの現代アート的作品は…

サインがありますが判読できず作者不明です。



にほんブログ村参加中、ポチを頂くと日々の更新の励みになりますので宜しくお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村

テーマ:

平安象彦の二段丸重、

蓋表には朱の地に萩・薄・撫子・菊などの秋の草花が描かれています。

径12.7cm と小ぶりで可愛いサイズは
テーブルに置いても素敵なアクセントになりますが
お弁当箱としても丁度良い大きさです。




象彦の塗物をもう1点、箸洗い5客です。

箸洗いの由来をネットで調べてみると


懐石料理で一汁三菜のあとに、口の中をさっぱりとさせて食事に使った箸の先をお洗いくださいという意味で出す吸い物のことで、小吸い物ともいいます。

味加減はごく薄く仕立てて、白湯(さゆ)に梅肉を落としたり、少量の塩で味つけした昆布だしを小ぶりの椀にそそいだものや、米のすり流しを少量加えて濃度を若干つけた吸い物を出します。

そして、汁の具材には草の実や野草の芽など、季節感のあるものを浮かす程度に入れ、先に具を食べてから汁を味わいます。


だそうです(*^^)/。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日はお天気も良かったので週末の茶会で着る着物の準備をしました。


まずは長襦袢の半襟を縫いつけて。。

針と糸を持つのは何ヶ月振りか(´Д`;)/


草履は初下ろしなので痛くないか履いて見ました。

鼻緒がかなりキツくてヤバイ、

しばらく家の中で履いて慣れておこう(ノД`)・゜・。




この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ   の 「骨董品一覧」→   『塗物・家具』ページに詳細upしております。
お時間ございましたら覗いて見てください。




にほんブログ村参加中、ポチを頂くと日々の更新の励みになりますので宜しくお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村

テーマ:

本日は大分の煎茶教室の皆さんと合同練習、


いよいよ茶会が来週に迫ったので皆さん真剣にお稽古されていました。


私も何とか諸先輩について行けるように頑張りましたが


本番はどうなる事か。。


丁度お昼時になりお腹がすいたので


先輩の生徒さん達が近くのコンビニにおにぎりを買いに行ってくれました。


しばらく待っても戻って来ないので 遅いね、と皆で話していたところ


半ば興奮気味で帰って来ました。聞いてみると


本日から開催される第33回国民文化祭の開会式に列席される皇太子ご夫妻のお出迎えで


日の丸を振っていた、との事


「雅子様、綺麗やったわぁ~」 「こっち見てくれたんよ、皇太子様はようワカランかったけど…」


いいなぁ、私も行けば良かった、等々 それまで緊張していた雰囲気もいっきに和やかに。。


いよいよ来年は即位される皇太子ご夫妻、


国民に親しまれる我が国の象徴になられるのは間違いないようですね\(*^▽^)/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




茶道具 食籠 交趾独楽 即中斎好写 平安大示(手島大示) 作


目にも鮮やかな清々しい青色と紫の交趾焼 


蓋を開ければそこには遠山山水樹木に舟人物図がくっきりと描かれた大変美しいお道具です。


無傷完品 殆ど使用感の見られない美品です。


径20×H12.5cm


手塚大示(平安大示:二代目桃山窯)
経歴 
昭和12年 初代玉堂の三男として生まれる。
昭和42年 桃山窯を継承。
昭和47年 三越にて桃山窯展を開く。その後個展を重ねる。
昭和52年 伝統工芸士の認定を受ける。
昭和56年 京焼・清水焼展にてグランプリ受賞。


食籠(じきろう)…主菓子を客の数だけ盛り込んで出すための蓋付きの器













すみません、ご売約となりました・・・(´_`illi)


にほんブログ村参加中、ポチを頂くと日々の更新の励みになりますので宜しくお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


テーマ:

10日後に迫ったお茶会、


お点前の自主練の為に店の隅っこに


なんちゃってお点前座を作りました^^


仕入れの際に難有りの煎茶道具を少しずつ揃えてきました


今回は “花籠飾り”というお点前で棚は使いません。


本番で使う大ぶりな花籠がないので台所のお盆で代用(*^~^*)ゝ



覚えが悪くて何度やっても完璧とは言えなくて。。


明後日は大分教室の皆さんと合同練習、


昨年はトンデモナイ失敗をして皆さんを唖然とさせてしまった( _ _ )..........o


今年は上手く出来るように明日も自主錬ガンバロー(・w・)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仕事でもプライベートでもお茶の事ばかり。。


本日は


千家十職指物師  七代駒澤利斎(春斎)の寸切棗です。




箱表には「松ノ木 桐寸桐」とあり


棗の蓋には桐紋の最高位、五七の桐が描かれています。


時代を経た茶道具としての風格を備えたお道具だと思います。

径6.5cm  H7cm


【七代駒澤利斎】
7代は指物だけではなく「春斎」の号を以て塗物も手掛け
8代黒田正玄や11代飛来一閑らと合作を作るなど
他の分野でも意欲的に製作を行った。





平安春峰作 祥瑞手の菓子鉢

九谷 雄山 の 菓子鉢

この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ   の 「骨董品一覧」→   『陶磁器』ページに詳細upしております。
お時間ございましたら覗いて見てください。




にほんブログ村参加中、ポチを頂くと日々の更新の励みになりますので宜しくお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村

テーマ:

昨日ここでウンチクを述べた木賊文、

中次にも描かれていましたσ(゚ー^*)



これが秋の文様とは。。

昨日調べてみるまで全く知らなかった(_ _|||)


この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ   の 「骨董品一覧」→   『塗物・家具』ページに詳細upしております。
お時間ございましたら覗いて見てください。


-----------------------------------------------------------


昨日、毎月恒例の月初めのお参りに朝見神社へ行ったところ


境内の木が折れていましたΣ(゚∀゚*)



老木だったから台風の強風に耐えられなかったのか。。


又そこまで次の台風が来ているらしいけれど


次から次へと


いったい今年はどうなっているのでしょう(´。` ) =3


---------------------------------------------------------

台風が来てもこの子らはいつも通り、

ママの布団の上と…



パソコンの上。。


にほんブログ村参加中、ポチを頂くと日々の更新の励みになりますので宜しくお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス