大逆転続々!学習法指導塾PHIの次世代の教育法大公開(^^)/

大逆転続々!学習法指導塾PHIの次世代の教育法大公開(^^)/

子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
勉強法をゼロから教える。
「子供の変化が目で見てわかる」
と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
アメンバー登録、コメント、お気軽にどうぞ(^^)/

学習法をゼロから徹底的に指導するスタイルで,合格判定20%未満,E判定からのミラクルと言われる難関校合格を多数出しています。

お子様の思考回路,学習スタイルに合わせて学習法を作り上げるため,他塾では何度解いても解けなかった子が,初見の問題を解けるようになります。何度家で親が教えても覚えられなかった子が,スラスラ覚えらるようになります。子どもの変化が目で見てわかると大好評の徹底した学習法指導の世界をぜひご覧下さい。

中学受験高校受験で勉強のやり方にお困りの方はお気軽にご相談下さい。

蘇我西船橋に教室あり。

出張指導は東京千葉埼玉神奈川へ行っております。

遠隔指導は全国各地から承っています。


募集について,詳しくはこちらをご覧下さい。

 

夏も半分終わりましたが,そろそろ夏の集大成を試す模試やテストがありますね。そんなテスト前になると,ついつい慌ててしまい,勉強しているつもりが全く意味のない勉強になっている事が多々あります。今回はその1例をご紹介しましょう。

 

これは中学受験に関わらず,高校受験でも使える方法です。PHIに入ったばかりの子が実施した,以下のチェックテストをご覧ください。

 

 

ちょっと小さくて見づらいのですが,左と右のチェックテストは全く同じものです。これは実施日が異なり,左が以前実施したもので,右がその数日後に実施したものです。

 

丸の位置に着目して頂ければ,全く同じ場所を,全く同じように間違えているのがお分かりになるでしょう。つまり,数日前にチェックテストを実施して,その時にその部分を理解せず,出来ない事を確認したのみで終わってしまったということです。このように並べて見せると,

 

「ダメじゃん。勉強してないのと一緒。」

 

とみなさん口をそろえて他人ごとのようにおっしゃるのですが,気付いていないだけでこのような無意味な勉強法をしている子がかなり多いのです。机に向かっている姿を見て「勉強しているな。」と思っても,実はこのように身になっていない勉強になってしまっているのです。

 

 

これを簡単に調べる方法がありますのでお教え致しましょう。わが子がこのように無駄な勉強をしているかをハッキリさせる方法の1つとして,PHIでも良く用いる定点観測という手法があります。

 

一番簡単な方法は,上記のように全く同じ問題を,日を置いて実施する方法です。


大体3日~5日おいて実施すれば,その子の勉強が身になっているかを判断できます。3日置いて全く同じ問題,同じ場所を間違えているようでしたら,間違いなくその勉強方法はアウトです。

 

ただし,この方法ですと答えを覚えてしまっているケースが出てきます。それを確かめたければ,説明させてみると,答えを覚えているだけなのか,ちゃんと理解しているのかがわかります

 

「これ,どうしてこうなったの?」
「これってどういう意味?」

 

ちゃんと考えて理解した子は,「えーっと…」という感じで何かしら答えてくれます。合っているかどうかはともかく,無意味な勉強ではないでしょう。

 

全く考えておらず,答えを覚えただけの子は,ほぼ例外なく

 

「こうやって書いてあった。」
「答え覚えた。」
「わからない。」
「○○○○…(テキストの棒読み)」

 

などという曖昧な返事が返ってきます。テスト前だとついつい慌てて問題量の確保に走ってしまいがちですが,これでは時間の無駄遣いです。この場合,どの学校を受験するかにもよりますが,基本的には勉強方法を改善した方が無難です。それも含めてご相談をお受けしておりますので,気になる方はPHIへご連絡下さい。ちょっとした診断で,すぐにお子様の勉強スタイルや目指すべき勉強スタイルをご提案致しますよ。

 

にほんブログ村 受験ブログへ

 

にほんブログ村

 

本気で現状を変えたい方へ 本気で合格したい方へ

 

学習法指導塾PHIは本気で何とかしたい方へ学習法指導を行っております。 「勉強しても伸びない!」とお困りの方はお気軽にご相談下さい。

 

 

 

子どもを賢く勉強させたい方にオススメの本

「伸ばす親と伸ばせない親」 切替一薫


 

 

最近このブログを見てからお子様のノートを見てみる方が増えてくれているようです。そんな方々からチラホラと

 

「ノートは綺麗になってきたけど,点になってない気がする。」

 

というお話を聞くようになりました。実はPHIのやり方を真似して見ているとある塾からも問い合わせを頂きました(^O^)そこで今日はPHIで行っているノート指導の例をお話ししようと思います。

 

ノートは綺麗にとか,見やすくとはよく言われますが,PHIではノートで大切なのは,どのように作成したかだと考えています。

 

例えば以下のノートをご覧ください。これは間違えたところを中心にまとめを自分で行ったノートです。先生が教えた授業のノートではありません。

 

一見すると綺麗で見やすいノートで,パッと見でこれを見せても「よくまとめられていますね!」って言って下さる方がほとんどです。

 

でもこれではダメなノートなんですね。見る人が見ればわかるとは思いますが,このノート,実は理解していないという証拠が沢山あるのです。その部分の理解度を試す質問をしていくと,案の定わかっていませんでした。そしてもう一度考え直して追加でまとめさせたのがこのノート。

 

 

些細な事のようですが,これはとても大きな違いなのです。この部分が理解できていないと,この分野の本質的な部分は理解できず,違う聞き方で問題が出されたら解けないのです。

 

ただ単に「ノートをもっと綺麗に書かないと!」と言っても,やはり中身が伴わないと点数には結びつきません。それにこれはPHIの十八番としている指導ですから,見た目は真似出来ても,質までは真似できません。武道と同じで,やはり実演が伴って初めて学べるものでもありますからね。

 

もちろん見た目を真似していく事も大切です。その点において,「もっと綺麗に書きなさい!」というのは大切です。 参考となる見本のノートを見せるのもいいでしょう。

 

しかしそれは単に地ならしをしたに過ぎません。そこに足場を組んで,初めて成績に結びつきます。ご自宅でノートをチェックして,ある程度綺麗にかけているようでしたら,ノートの中身を本当に理解しているかを聞いてみるといいでしょう。何も親がその勉強の内容を理解している必要はないので心配いりません。大切なのは,子どもがちゃんと自分の言葉で説明できるかどうか,です。

 

この夏,お子様と一緒に過ごす時間も増えるでしょうから,是非書かれていることをちゃんと理解しているか試してみて下さい。単に綺麗なだけのノートは伸び悩む可能性があります。ノートの取り方を根本から改善したければ,PHIへご連絡下さい。一般的なノートの取り方ではなく,お子様の性格や解き方まで考えた,お子様に合った伸びるノートの作り方をご提案致します。

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ

 

にほんブログ村

 

本気で現状を変えたい方へ 本気で合格したい方へ

 

学習法指導塾PHIは本気で何とかしたい方へ学習法指導を行っております。 「勉強しても伸びない!」とお困りの方はお気軽にご相談下さい。

 

 

 

子どもを賢く勉強させたい方にオススメの本

「伸ばす親と伸ばせない親」 切替一薫


 

 

 

冒頭のノート中学受験小4のものです。四角形の面積の求め方を自分で考え出してまとめたノートです。やったことがない初めての単元ですが,自分で書き出して考えることで,公式の意味を理解してしまっています。ちゃんと根本原理から考える思考回路を作れると,このように勉強していくので覚えることが少なくなるのです。

 

さて,今日は他の教育者からも教えて欲しいと言われる子どもの締め方についてPHIの実際のケーススタディーを交えてお話ししてみようかと思います。

ケース1:夏のしおりに書いてある1日の生活計画を見て

先生 「何この計画。」

 

生徒 「計画なんてどうせこの通りならないじゃないですか,適当です適当!」

 

先生 「で,実際はどういう生活をするの?」

 

生徒 「ちゃんと勉強もしますよ!」

 

先生 「何時間?」

 

生徒 「2時間ぐらい。」

 

先生 「アホか!この勉強時間と自由時間を交換しろ!」

 

生徒 「えぇー!?無理です!そんなに勉強できない!」

 

先生 「やれ(・∀・)」

 

生徒 「無理ですって…せめてこれぐらいに…」

 

先生 「ダメ(・∀・)」

 

生徒 「わかりましたよー書き直しますよ。。。こんな感じでどうですか…?」

 

先生 「うん,まぁいいだろ。じゃあこの分の宿題出すから,やらなかったら何があっても翌日提出な。お祭り行きたいとか許さないから。」

 

生徒 「はーい。。。」

 

この子は最初に計画なんてどうせ守れないから適当,と自分で言っています。言っているにも関わらず,ウソでも勉強時間を増やした計画を立てる事を嫌がっています。これは計画を立てると守れないとは思いつつも,やらなければならないという気持ちがある証拠なのです。そのため嫌がっていたのですが,書き直してきました。すると勉強時間が6~8時間ぐらいに増えてました!本当にやるかはともかくとして,少なくとも最初の2時間の計画よりはやるようになるのです。

ケース2:夏のしおりに書いてある1日の生活計画を見て

先生 「なんで食事に1時間半もかけてるの?」

 

生徒 「いや,なんとなく。」

 

先生 「朝起きてからのこの2時間の空白は何?」

 

生徒 「いや,なんとなく。。。」

 

先生 「何となく1日どれくらい勉強するの?」

 

生徒 「6時間ぐらいかな?」

 

先生 「睡眠時間は何時間必要?」

 

生徒 「6時間でいいと思う。」

 

先生 「食事と風呂は?」

 

生徒 「1回1時間もあれば十分かも。」

 

先生 「自由時間とは他に必要なものは?」

 

生徒 「んー特にいらないかな。」

 

先生 「そう,じゃあ勉強時間は何時間取れるの?」

 

生徒 「えーっと…14時間ぐらい取れるかな。」

 

先生 「この計画と全然違うけど…」

 

生徒 「いや,よくわからないから適当に書いたんですよ!ちゃんと14時間目指して頑張るから大丈夫です!」

 

要するにこの子の場合はボーっとしてる時間が多いから計画にもそれが反映されてしまったのでしょう。実際14時間は現実的に相当切り詰めなければできることではありませんが,できない事もありません。お風呂にノート持ち込んで勉強する子もいますし。時間数が全てではありませんが,時間を大切に使えていない子は,時間がどれだけあるのかを意識させることも大切なのです。

ケース3:宿題が終わらない言い訳に対して

生徒 「暑くなってきたら集中できないんです!」

 

先生 「そっかー,暑いと集中できないもんね。」

 

生徒 「弟も邪魔してくるんですよ!」

 

先生 「まぁ遊びたい年頃だしねー。」

 

生徒 「だから夜やろうとするんですけど,終わらないんです!」

 

先生 「そうだよねー夜は寝なきゃいけないもんねー。」

 

生徒 「・・・」

 

先生 「で?」

 

生徒 「だから宿題終わらないんです。。。」

 

先生 「終わらせたいけど終わらないの?」

 

生徒 「終わらせようとは思うんですよ!」

 

先生 「そう,なら終わらなかったら終わるまでここでやって帰っていいよ(^O^)」

 

生徒 「え・・・?」

 

先生 「終わらないんでしょ?やっていっていいよ!終わるまでお迎えいりませんってお母さんに言っておくね!」

 

生徒 「え・・・(@_@;) いや・・・それはちょっと・・・」

 

先生 「大丈夫だよ,終わったらちゃんと迎えに来てくれるから!」

 

生徒 「えー!?いやー・・・そのー・・・頑張ってやってきます。。。」

 

先生 「うん,頑張って来てね!(^O^)」

 

典型的な言い訳っ子をやらせたいならこの手ですね。基本的にあー言えばこー言うので,相手の言い分は受け入れてしまいます。でも,達成してもらいたいことをだけは確実にやってもらいます。有無は言わせません(笑)

 

ちなみにこの子は宿題をやっていない訳ではなく,まとめが手抜きな上,点が取れていなかったのでこのような話になっただけです。こんな話をしていますが,普通の子よりは断然やってますよ!

 

これらを真似して頂ければ子どもは自分で考えてやるようになります。慣れてしまえばそんなに難しいことではありません。うまくいかなければご相談に乗りますのでPHIまでご連絡下さい。PHIでは保護者向けの教育コンサルタントも行っております。

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ

 

にほんブログ村

 

本気で現状を変えたい方へ 本気で合格したい方へ

 

学習法指導塾PHIは本気で何とかしたい方へ学習法指導を行っております。 「勉強しても伸びない!」とお困りの方はお気軽にご相談下さい。

 

 

 

子どもを賢く勉強させたい方にオススメの本

「伸ばす親と伸ばせない親」 切替一薫