とれとれ野菜と

テーマ:


我が家の夏野菜が採れました。
①きゅうりの酢の物
ワカメは近くの海でとれたもの。

②こんにゃくの白和え
五平餅のタレに豆腐をいれてみました。
こんにゃくは谷汲山参拝の折、買ってきました。

③まだなり始めですが、我が家のナスとピーマンのオリーブオイル焼き。

④鮭は最近開店したドラッグストアで売ってる冷凍鮭。大葉はもちろん我が家のもの、

⑤玄米ごはん。
農家より1年分の玄米を直接買っているので、最近は精米半分、玄米半分で食べてます。

⑥玉ねぎの味噌汁
赤味噌が好みの旦那。
カクキューの八丁味噌は格別です。

おまけ
ドラマ  「半分、青い。」
実は私の実家近くがロケ地。
五平餅は、母親がいつも作ってくれていました。
先日、今度の区のイベントで振る舞おうと母親の作ってくれたのを思い出し作ってみました。
なんと美味しかったこと。
クルミとゴマ、八丁味噌を基盤のタレは最高!




最近変わって来たインスリン量

テーマ:
5月の定期診察時、新しい主治医に
あまりにも血糖値に高低差があるので
あなたはポンプの方がいいですね
と言われた。
その気になったらいつでも電話下さいと、半ば早くと言わんばかりでした。

それ以後、年齢のせいか、季節のせいかトレシーバを減らしたにもかかわらず相変わらずの低血糖続発。
朝食後なんかは、特に超速効を減らしても追いつかないほど。

特に午前中は、草取り、ウオーキング、掃除など体を動かすことをすると真っ逆さまに落ちる。
途中の補食は欠かせない。

さっぱり掴めない変動ライン。

やっぱりポンプかなあ?
まだ決断しかねてます。
というか、多分このままでしょう。

私には、あの ブスと刺すシルエットの針と寝ても覚めても機械をくっつけてなくてはならない鬱陶しさが今更出来ません。

クイックパッチンは、失敗が心配だし。

グイグイとポンプを勧める、今度の主治医の診察にストレスが訪れそう。




カミングアウトします

テーマ:
いや、やめようかな。
でも、4年もたってるんです。
オカリナではありません。
オカリナ仲間にも内緒なんです。
なんか、高齢者というイメージなんだよね。
ほんとは違うんだけど。

退職してから旦那もやってるんです。
今日は、一緒にやってきました。

決して高齢者のものではありません。
たいへん、頭脳も体も使います。
私はとても苦手です。
特に頭脳が追いつきません。
4年もしてるのに、わからないのはバカだと気づかされます。
さて、それは何でしょう。

球を使う競技です。

ソフトバレーボールは発症前に10年ほどしました。

軟式テニスも部活で中学の時やりました。

バドミントンも就職した時、寮で部活?でやりました。

運動好き好きの私は、何でもしたいんです。

じゃーん  カミングアウト!

     ゲートボールです。

この競技では、今の所属では私は若者の部類なんです。

でもでも、とても難しいです。

だいたい競技だと1コートで1日10試合ありますが、自分たちの試合は4試合です。
今日は2勝2敗でした。

その間に審判もしなければなりません。

ちようど、血糖値測定時間に掛かると心配です。
なので、今日はその時間帯は避けて審判しました。

なんとか、血糖値については切り抜けました。

また、嫌なことは昼食。

今日は野外での競技でした。
昼のお弁当も外の敷物の上。
皆いるのにインスリンどこで打つ?
 
こんな嫌なことやらなくてもいいのにね。

5人ひと組なのでなかなか嫌と言われないんです。






HbA1c 0.6ダウン

テーマ:
2ヶ月に一度の定期受診。
1月の受診日に、朝と食後の高血糖があまり多い事と夜中の低血糖が怖い事を伝えると、トレシーバを1単位増やすことを提案されました。

えっ!増やすんですか?

減らした方が良いかと思ったんですが、、、。

まあいいか、増やしてみようっと。

一週間ほどすると、あらまあ高血糖が減ってきました。
反対に低血糖が多くなりました。
夜中の低血糖は気付かず、ぐっすり眠り込んでます。
寝起きが高血糖だっのが、低血糖のときがあるのですから、当然暁の前には低血糖のはず。

そんなこんなが2ヶ月積もり、0.6%のダウンになりました。

そして、その主治医は3月で転勤となりました。



1型の会 行ってきました

テーマ:
今回、初めて夫と一緒に参加して来ました。
私が説明してもわかってもらえなかったり、軽く考えていたりと思う部分があり、誘うというか、半強制的に2人参加申し込みしました。
本当の事を言えば、一人で帰りの夕暮れを1時間以上運転するのは不安だったからですが。
でも、最新の医療とか、リブレのこととか知ってもらえて良かったです。
また下記の本の著者の小野さん夫妻の講演もあり、生の声を聞かせてもらい、心に残ったと思います。
本も購入し読ませていただきました。現在夫にも読んでもらってます。
小野さんの講演から、私は合併症もなく、発症が年齢も重ねてからなので、これからの生活もしやすい方だと改めて感じ、1型を背負い楽しく生きようと思いました。

{F8B07444-15AC-4A27-B053-569FA2412664}