1年ほど前から、舌の中央部に何やら白くやんわり硬い物が出来ては消え、出来ては消え違和感あり。
また、それに加えてたまに、舌の表面やサイド、先などが荒れて痛かったりヒリヒリしたり。
なんでも食べられるし、味もわかるし、知らないうちに治ってしまうのでさほど気にも止めずストレスのイタズラだーと脳天気な私。

脳天気な私でも、こうも繰り返されると黙っていられない。

外来診察時に医師に相談すると、口腔外科だね、と。

口腔外科は近くでは、市立病院にしかないので、早速紹介状を書いてもらい診察に走った。

口腔外科では
口を開けると、すぐ様
これは、中高年の女性に多いですね、と。
はい、確かに中高年です。
何かできてるとかいうものではなく、心配するようなことはありません。
糖尿病のようですが、口が乾くことはありませんか?
はあ、あまり気になりませんが。
口を潤すミストがここの売店にありますので、良かったら使って見て下さい。
と見本をシュッシュッと口へ。
売店ですか?
甘くて美味しいですね。

どうでもよかったけど売店で買ってしまった。

その2ですが、実はこれが初回の試作品。
1〜6もわかるようにしてすごろくなどにも使えるようにしました。これはすでにゲームしてみましたが、分かっていてもなかなか言葉として出ないようです。
この面には見えませんが、特に「国」の名前が難しかったですね。
他には、「さかな」「やさい」の面があります。






おしゃべりの場の私のボランティア当番が暫く無かったので、前回紹介した言葉バージョン(上の写真)のを昨日初めてお披露目し、皆さんにやって頂きました。
農業をしていたおじいさんは、「す」でスリヌカ、「あ」で畔(あぜ)、「た」で田んぼなど職業に密着した言葉が出現し拍手喝采でした。



ボランティアでしている、地域のお年寄りのおしゃべりの場で、何かゲームができないかと考え作っちゃいました。





サイコロです。
遊び方
①参加者のひとりが、緑か赤のどちらかを言いながらサイコロを振ります。
例えば「赤」と言って転がします。

②出た面の赤で書かれた字を読みます。
例えば「け」

③サイコロを振った人から順番に「け」で始まる言葉を1つづつ言ってひとまわりします。同じ言葉は避けて。


④ひとまわりしたら、今度は隣の人がサイコロを振ります。同じようにどちらかの色を言いながら。


孫も入れて家族でやってみました。
なかなか面白い言葉もでてきましたよ。




1型糖尿病を発症して、退職した私ですが、現在ボランティア活動をしています。
なんちゃって、そんな大した事ないです。

最近空き家が増えていますが、私の田舎でも課題となっています。
もうすでに何軒かあるのですが、3年前の事ですが、一人住まいのお婆さんがなくなりもう一件増えることになりました。

持ち主の息子さんは、解体の決心をされましたがもったいないと集落の一人の方が譲り受けることになりました。

そして、集落のほぼ中心に位置するその家をお年寄りの「おしゃべり場」として提供したい、賛同される方はスタッフとして一緒にやりましょうと、声がかかりました。

私も手をあげ、有志がほぼほぼ集まり開設することになりました。
そのおしゃべりサロンは月に3回開催しています。

一人で歩いて来られる、比較的元気なお年寄りが楽しみにして参加されてます。

私達スタッフは、一回2名づつの当番制で負担のないよう回しています。

今は、家族の介護などで忙しいスタッフもこの先は自分たちの進む道と励んでいます。
またスタッフのしゃべり場としての機能もあり、介護の悩みや相談などもありストレス解消の場でもあります。私も介護経験者として先輩肌で話に参加していますよー。

空き家の有効利用の事例として、見学や研修のお客さんも来られ繁盛してます。




5月1日は例年地区のお祭りですが休日とは限らないのです。
でも今年は、正月、お盆を超えた長期の休みのため子供、孫が家族でやってきました。
やはり、故郷の祭りは懐かしいし良いもんですね。
30日は、前夜祭ですが、まあまあの天気でよかったのですが、






本番は5月1日。

一日中雨で最悪でした。






外で舞う王の舞も屋根の下の能舞堂で舞うことになりました。

しかし、獅子舞は泥んこの中で必死でした。


子供達には、寒い中まあまあ懐かしんでもらえたかな


2日は、幸いお天気に恵まれ、永平寺へ皆で義母の納骨に出かけました。
連休とあって、永平寺には秋田県、岩手県、三重県、岐阜県や兵庫県など全国から納骨や供養に来られていました。
永平寺そばを食べ、遊園地で遊びを満喫しました。

自分の子供、孫とはいえ7人の客は大変!

布団の用意。ご飯の用意。
孫の相手。

3日に帰ったのですが、1週間ほどかかって後片付けです。

4日は、夏野菜の苗の植え付け。
5日は、また近くの祭でのオカリナ演奏。