バランガン所属占い師のGabiです。


ありがたいことに、最近は『バランガンTV』に出演させて頂く機会が増えました。「YouTube見ましたよ」と仰るお客様もいらっしゃって、とてもうれしい限りです。


昨日825日の『バランガンTV』で、「僕は子どもを欲しいと思えない」というお話をしました。


その理由はいくつかありますが、一つの大きな理由は、僕自身がこれまでの恋愛経験に納得していないからだと考えています。


35年の人生において、僕がお付き合いした女性は2人。どちらも長くはありませんでした。


経験人数や期間の長さが重要でないことはじゅうぶん理解しています。


どちらかの女性から「愛されている」「愛し合っている」という実感を持てたなら、たとえ1ヶ月で終わったとしても納得できたと思います。


ですが、実際はそうではありませんでした。


お付き合いしてもらえたこと自体は、当時のパートナーに対して今でも感謝しています。ですが2回の交際経験とも、僕にも足りないところは色々あったと思いますが、自分のペースを尊重してもらえたとは決して言い難いものでした。


だから、僕は自分の恋愛経験に対して納得していないのです。


一方で、欲しいものがあるなら先に自分から差し出すことが大事、ということも理解しています。


お金が欲しいなら、自分からお金を差し出す。

愛が欲しいなら、自分から愛を差し出す。


実際に、お金に関してはその事実を体感しました。


あとは愛だけです。



僕は結婚願望が薄いし、ましてや子どもを欲しいなんてどうしても思えないのです。


ただ、その考えを覆されるきっかけがあるとすれば、それは僕自身が納得できる濃密な恋愛を経験することが必要だと自分に言い聞かせています。


パートナーに対して「No」を言えないアンバランスな関係ではなく、お互いを尊重し合える関係が、恋愛においてお互いを幸せにするものだと僕は信じています。


この信念が正しいかどうかは別にして、自分の幸せについて考えた結果、僕はこのよう信念を抱いているわけです。


その信念に基づいて納得できる恋愛をしない限り、僕は自分の子どもを愛することなど到底できないと考えています。


僕は決してルックスが良くないし、周囲の男性たちに比べれば魅力が低いことを、これまでの人生において痛いほど思い知らされてきました。


それでも、愛情を注げる対象が見つかるまで、僕は不完全な自分自身を認め、愛してあげようと心に決めています。


これから出会いを探される方も、片想いに悩んでおられる方も、パートナーがいらっしゃる方も、ご自身の幸せとはどういうものかについて少しでも考えてもらえるなら何よりです。


いつもありがとうございます。