ゆかちんのブログ

ゆかちんのブログ

ブログの説明を入力します。



はやいなぁー。この公演から2週間。

4年半ぶりのG公演。気づけばメンバーの出席番号がだいぶ上に…陽子さん達と同じ楽屋で過ごすなんて🫢

驚きがいっぱい。久々に陽子さんやゆりさんとパフォーマンスできて懐かしくあったかい気持ちになったり、やるぞー!!って気合いも入ったり。

螺旋をはじめ、初めて一緒にステージに立つメンバーもいて新鮮な時間でした。みんなと衣装で写真撮りたかったけど早替えの嵐でそんな事する余裕もなく笑笑

記憶に大切に取っておこうとおもいます。


SPEROの時みたいに半さんとお揃いゆっくり綺麗なナンバーとかもやりたいな…


またこうゆう時間がくるといいな。

でもとても空気感は良い公演でした。今はゆりさん、あやのと紅葉鬼の現場へ🏃‍♀️





久しぶりのG-Rocketsの公演出演です。

色々不安な事の絶えない毎日ですが、皆様に楽しい時間をお届けできるよう頑張ります。


観に来ていただけたら本当に嬉しいです…

でも皆様もご無理なさらずでお願いします🙇‍♀️


気になった方、ぜひぜひコメントなどなどお待ちしておりますにっこり


音符海のワンダーランド音符

海のSDGsプロジェクトの一環として開催するエデュケーショナル・エンターテインメントプログラム。地球温暖化やマイクロプラスチックの問題など、地球環境を考えるきっかけとなる本公演は、日本初の女性アクロバットダンス・カンパニーG-Rocketsによる驚異的な身体能力で魅せるパフォーマンスと、海のスペシャリストによるトークショーで教育とエンターテインメントの融合を目指します。海のスペシャリストに、岸壁幼魚採集家として多くのメディアで活躍中のお魚王子こと鈴木香里武氏、そして第14回海洋立国推進功労者内閣総理大臣表彰を受賞した海洋学の第一人者である東京大学教授・日比谷紀之氏を迎え、海の生態と海の環境問題に一石を投じ、未知なる海の神秘に迫ります。

 

出演:

G-Rockets

山中陽子/半澤友美/小林由佳/塚越志保/今村ゆり子/松林篤美/倉知あゆか/荒澤恵里奈/齋藤くれあ/渡邊彩乃/明部桃子/金川希美/安藤美桜/池田実桜/森田眞礼/田中彩乃

 

海のスペシャリスト

2日(土)出演 お魚王子:鈴木香里武
3日(日)出演 東京大学教授:日比谷紀之

 

【公演日時】
2022年4月2日(土)13:00開演/17:00開演

3日(日)13:00開演
※開場は開演の30分前

【会場】
こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ
東京都渋谷区代々木2-12-10こくみん共済coop会館1階
03-3375-8741 https://www.spacezero.co.jp
アクセス:JR「新宿」駅南口徒歩5分 京王線/都営大江戸線/都営新宿線「新宿」駅6番出口徒歩1分

【チケット料金】
前売:一般6,000円/子ども(中学生以下)4,000円
当日:一般6,500円/子ども(中学生以下)4,000円
全席指定・税込 *4歳以上入場可

【チケット発売日】
2022年2月5日(土)

 

【チケット取扱】
◆Confetti(カンフェティ)http://confetti-web.com/g-rockets
0120-240-540通話料無料(受付時間 平日10:00~18:00オペレーター対応)
◆スペース・ゼロ チケットデスク
https://www.spacezero.co.jp(インターネットのみ)

*お客様には、チケットご購入前・ご来場前に必ず、海のSDGsプロジェクトHPの感染症予防対策をご一読いただきますよう、お願い申し上げます。

 

【演出】山中陽子/松林篤美  【振付】G-Rockets  【照明】森保俊昭(GEKKO) 【音響】木田 肇(PAC)
【フライングコーディネーター】松藤和広(flying illusions C.C.C.) 【衣裳】G-Rockets
【舞台監督】馬淵だいき/澤田大輔 【宣伝美術】AWAJI 【水中写真】鍵井靖章 【宣伝写真】市川勝弘
【制作】栗原珠美/G-Rockets 【海のSDGsプロジェクト協力】シーエイティプロデュース/株式会社ジャパトラ
【企画・製作】ラナハウス 【プロデューサー】多田 誠

 

【お問合せ】ラナハウス info@ranahouse.com

【G-Rockets HP】https://g-rockets.jp
【G-Rockets Twitter】@ranahouse
【海のSDGsプロジェクトHP】https://uminosdgs.com
【海のエデュケーショナルパークTwitter】@uminosdgs


DustBunnySHOW


夢のような時間。


一度なくなってしまった舞台。

稽古場で終わってしまった景色。


でも変わらぬ仲間との再会、そこからのまた作り上げる戦いの日々。


前回よりも遥かに多くみんなの表情、たくさんの変化に出逢いました。



たまーに…

作ることが好きだった、踊ること、歌うことが好きだった、笑顔が好きだった…はずなのに…



好きってなんだっけ?

楽しいってなんだっけ?

信じるってなんだっけ?

どうやって笑ってたっけ?


人との関わりの中で心地よく過ごせてたはずなのに、扉を閉めて閉じこもりたくなるような時が突然訪れて。信じられなくなると足が止まってしまう。


感情が消えていく自分が急に訪れることがあった。

そんなことを思い出しながらCode:W。

DustBunnySHOWの世界で生きる時、記憶が蘇ることがあったりで心がとても動いた時間でした。


いい歳の大人だけど、「大人なんて嫌いだ」そう思うことも多くて。でもそんな中で共に乗り越えた仲間と出会えたことはとてもありがたいこと。



この先まだまだ辛いこともあるだろうし、辞めたいな…なんて壁にぶつかるとは思うけど。目の前のことは全力で。色々考えなきゃだけど少しでも前へ進めるよう。



2日間、3公演という短い航海でしたが、応援してくださった皆様ありがとうございました!