6万円って何?

テーマ:

 

 

 

仲介手数料とは・・・こちら

 

なぜ400万円超の仲介手数料は3%に6万円足すのか?

 

と、ご質問を受けましたのでこちらでもご案内しておきます。

 

まずはなんとなく読んでください。

 

200万円以下の仲介手数料

 

200万円×5%=10万円

 

で、200万円に3%を掛けると6万円

 

差額4万円になります。この4万円が調整額その①です。

 

次に、400万円以下の仲介手数料は

 

200万円超 400万円以下なので

 

400万円に先ほどの200万円を引き

 

200万円×4%=8万円

 

で、200万円に3%を掛けると6万円

 

差額2万円になります。この2万円が調整額その②です。

 

その①+その②=6万円です。

 

ここまでは、なんとなくで結構です。

 

 

 

 

 

 

 

では次に例題になります。

 

1,000万円の仲介手数料を計算してみます。

 

1,000万円のうち200万円部分の仲介手数料は

 

200万円×5%なので、10万円・・・①

 

200万円超400万以下の部分は

 

200万円×4%なので、8万円・・・②

 

400万円超は3%になり、

 

600万円×3%なので、18万円・・・③

 

①+②+③=36万円   

 

この36万円が、1,000万円のときの仲介手数料になります。

 

では、次に速算表で計算してみます。

 

1,000万円×3%+6万円なので、36万円

 

この36万円が、1,000万円のときの仲介手数料になります。

 

結果同じになるので、なぜ6万円なのか、

 

ここまできたらご理解いただけたのではないでしょうか?

 

6万円の答えは、調整額です。

 

速算表で計算した方が早いので6万円を足すという

 

ことをしております。

 

※上記計算に関して、報酬額の上限になります。

 

 

 

 

日本FP協会のテレビCMです。

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら