0.1パーセントの違い

テーマ:

 

 

 

 

0.1パーセントの違い

 

 

一昨年の8月(H28.8)にフラット35の金利が0.900%となり、

 

現在は、金利が1.200%(H30.2)と上がっています。

 

その差0.300%です。

 

では、その差0.300%で35年ローンを組むと、

 

どれだけ返済額が変わるのか

 

シミュレーションしてみたいと思います。

 

パターン①3,000万円の借入、35年ローン、金利0.900%

パターン②3,000万円の借入、35年ローン、金利1.200%

 

①月返済額:83,294円

②月返済額:87,510円

 

①と②の1ヶ月の差、4,216円

 

35年の差、なんと 

 

1,770,720円

 

 

 

 

 

 

0.1%変わるだけでも584,189円です。

 

 

 

それでも一昔の金利に比べると低金利といえますが、

 

その捉え方は人によって違いますよね。

 

特に住宅ローンを組む方にとっては非常に重要な

 

ことだと思います。

 

思い切りも大切ですが、しっかりとした資金計画

 

も大切です。

 

 

 

日本FP協会のCMです。

https://youtu.be/k8B9WxEvzq4

 

 

不動産     

税金      

ライフプラン  

リスク管理   

金融資産運用  

相続・事業承継 

スタッフブログ 

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら