スイングに有効なストレッチ肩周り編

こんにちは、愛知県春日井市でゴルフスクールを経営しています。

JPGA 日本プロゴルフ協会会員、プロゴルファーの高木 覚(たかぎ さとし)です。




僕は体が固く、立位体前屈は地面に手がついたことがありません。



年だと言われたこともありますが、幼少の頃よりつかなかったので足が長いんですね(笑)



こんな僕ですがスイングは硬いと言われたことがなく、むしろ体が柔らかいと間違われます。

それはスイングに必要な関節だけ柔らかくしているからです。



今回は肩周りを柔らかくするストレッチをご紹介します。

背中に両手を回し左右の手をつかめますか?





できない方が殆どで、出来てもどちらか一方やりにくい方があるはずです。

これはどこが硬いかというと、肩関節の回転に対する可動域が少ないのです。

やりにくい方は利き腕の筋肉が発達しているため硬くなっています。







この動きが硬く、回転域が狭いため肘が曲がりにくくなり両手が届かないのです。



これをストレッチで可動域をUPします。

片手でクラブ持ってバトントワリングのように回転させます。

肩関節のインナーマッスルを傷めないようにゆっくりやってください。









時計回り反時計回りと両方向に回します。

これでほぐせれば肩関節の回転域がアップします。



背中で両手を掴むまえに両腕を回転させます。

右腕が上になる場合のとき、右は時計回り、左は反時計回りに回転させます。




こうして肩関節の回転域をUPすると今までより背中に腕が回りやすくなります。



もし痛みがあったり絶対に届かない方はタオルなどを間に挟んで持ちストレッチしてみてください。



肩関節の回転域がUPすれば、スイングの切り返しやリストワークがスムーズになりスイングが柔らかく見え、余裕が生まれます。

結果としてタイミングにも許容範囲が生まれ、ミスに寛容なスイングになれます。



無料なんで遠慮なく、変な勧誘も来ませんのでご安心ください。
無料!パター上達メルマガはこちら! 



最後までお読み頂き、ありがとうございます。

愛知県春日井市でゴルフスクールを経営している、プロゴルファーの高木覚でした。


パターが上手くなるだけで簡単に100が切れます!


■ G-Cubeテクニカルセンター ■

【ゴルフスクール専門医院】ジーキューブ テクニカルセンター
〒486-0913 愛知県春日井市柏原5-388
TEL:0568-86-9555
■営業時間:11:00~20:00
■定休日:金曜・祝日


ジーキューブ テクニカルセンターホームページはこちら