こんにちは、愛知県春日井市でゴルフレッスン場を経営しています。

JPGA 日本プロゴルフ協会会員、プロゴルファーの高木 覚(たかぎ さとし)です。




皆さんスイングプレーンって言葉は知っていると思います。

本当にゴルフの初心者は知らなくて当然ですが、多少かじった方ならネットなどにスイングプレーンと言う用語は溢れています。

ですが、本当の意味と使い方を正しく理解している方は少ないと思います。



スイングプレーンとはボールとスイングの支点を結んだ仮想の平面で、クラブヘッドの通り道です。

スイングプレーン

首の後、背骨を触ってもらうと少し出っ張った骨があります。

頚椎の上から数えて7番目くらいでしょうか。

そことボールの位置(最下点)を結びます。



これがスイングプレーンです。

スイングプレーンの模型。

スイングリング

スイングプレーンはクラブ毎に変わります。

アイアンはクラブが短く近くに立つのでスイングプレーンは縦、アップライトになります。


クラブが長くなるウッドはスイングプレーンは横、フラットになります。


スイングプレーンは身長によっても個人差があります。

背の高い人、アップライト。



背の低い人、フラット。



これがスイングプレーンです。

ちなみに、スイングプレーンを撮影する時はカメラ位置を、スイングプレーンの真後ろにセットする必要があります。

ボールの後ろでも、身体とボールの真ん中、身体の後ろでも駄目です。



スイングプレンーンを真後ろから撮るには、飛球線とスイングプレーンが一致する位置にクラブごとにカメラを動かす必要があります。



これで正確なスイングプレーンが診断できます。

体験レッスンに来るお客さんで、撮り方が悪いため、自分の思っていたスイング軌道が逆だった方も多いのです。



このスイングプレーンを使い自分のスイング軌道を知ることが出来るのです。

ですが、皆さんがそこまで正確に撮影することは難しいので、ボールと身体の真ん中位の後方ならOKと思っても良いでしょう。



スイングプレーンの使い方。

インサイドアウトとアウトサイドイン




スイングプレーンを利用すればスイング軌道が診断でき、自分の打ちたい方向と球筋をイメージしやすくなります。

これがスイングプレーンです。



パターだけでなくスイングについても解説したメルマガです。

無料!パター上達メルマガはこちら! 



最後までお読み頂き、ありがとうございます。

春日井でゴルフレッスン場を経営している、プロゴルファーの高木覚でした。


パターが上手くなるだけで簡単に100が切れます!


■ G-Cubeテクニカルセンター ■

【ゴルフスクール専門医院】ジーキューブ テクニカルセンター
〒486-0913 愛知県春日井市柏原5-388
TEL:0568-86-9555
■営業時間:11:00~20:00
■定休日:金曜・祝日


ジーキューブ テクニカルセンターホームページはこちら