岐阜・大垣のチョークアート教室&チョークアート看板制作:グラフィカルチョーク

岐阜・大垣のチョークアート教室&チョークアート看板制作:グラフィカルチョーク

岐阜県下初の本格チョークアート教室「グラフィカルチョーク」です。
趣味で楽しみたい方からプロを目指したい方まで、それぞれの個性を生かしながら丁寧に指導します。
また世界にただ一つのチョークアート看板制作も手がけます。


こんにちは。

 

岐阜・大垣のチョークアート教室、グラフィカルチョークの稲川ひろみです。

 

 

「デザインを考えたり下絵を描いたりするのが苦手なんです」

 

そんな生徒さんからの声にお応えして生まれた趣味クラス。

 

月毎に変わるデザインを気軽に楽しむことができる、1回完結のレッスンです。

 

下絵と見本はこちらで用意しますので、あとはオイルパステルで着色するだけ。

 

気軽に色塗りだけを楽しむことができちゃいます。

 

 

趣味クラスの作品のコンセプトは「お部屋に飾れる絵」

 

7月はこんな作品を描いてみませんか?

 

涼しげな「レモンスカッシュ」です。

 

夏用にと考えたデザインですが、この絵柄なら季節問わず年中飾れちゃいますね。

 

 

 

趣味コースはチョークアート経験者向けのコースです。

 

基礎レベルの技術を学ばれた方が対象です。

 

しばらくチョークアートをお休みされていた方、他教室でチョークアートを学んだ方も大歓迎ですよ。

 

趣味クラスは1回完結のレッスンです。

 

受講回数に制限はありませんので、都合の合う日をご予約くださいね。

 

レッスンの日程、お申し込みはこちらをご覧くださいね。

 

 

 

こんばんは。

 

グラフィカルチョークの稲川ひろみです。

 

 

通常、チョークアートは黒い下地の上に絵を描いていくのですが、これ見てください。

 

バックが木目になっていますよね。

 

この木目、実はたった3秒でできちゃうんです。

 

今回、この木目の作品を一緒に作るワークショップを開催しました。

 

 

 

参加してくれたお二人、最初、どうやってこの木目を作るのか興味津々!

 

「手で描くの?」

「タオルを絞って模様をつけるの?」

 

いいえ、もっと簡単な方法です(笑)

 

 

手を動かしながら

 

「えー!すごい!」

「できたー!!」

 

そんな感激の声。

だって本当に3秒でできてしまうから!

 

 

さらに美味しそうに見えるチーズケーキの描き方を伝授して、3時間で完成です。

 

 

二人とも木目の作品をとても気に入ってくれました。

 

早速家に帰って、木目を取り入れた作品を実践してくれたようです。

 

 

 

今回はチースケーキが一番美味しそうに見える色で木目を作りましたが、使用する色次第でいろんな雰囲気が楽しめますよ。

 

作品の幅もグッと広がりますね。

 

 

 

この木目のワークショップは2名様以上で開催します。

 

開催地は岐阜市、または大垣市です。

 

受講料は13,000円(材料代込み、税込)。

 

もちろん、他のお教室で学ばれた方も大歓迎ですよ。

 

(チョークアート経験者向けとなります)

 

木目ボードに挑戦してみたいあなた、まずは「受講してみたい」とご連絡くださいね。

 

 

 

 

こんにちは。グラフィカルチョークの稲川ひろみです。

 

今年度からスタートした趣味コースは、準備された下絵と見本を見ながら気軽に着色を楽しみます。

 

季節に合わせた作品が描けるように、毎月新しいデザインを考えるのは自分に課した課題でもあるんです。

 

 

今回は生徒さんからリクエストがあったハワイアンのデザインです。

 

ハワイといえば外せないのがプルメリアのお花。

 

チョークアートのモチーフにもよく使われる定番モチーフですよね。

 

さて、これをどうやってデザインしましょうか。

 

趣味コースのコンセプトは「お部屋に飾れる絵」

 

私が部屋に飾るとしたら・・・そんなふうにイメージしながらデザインします。

 

 

ハワイアンといえば南国らしいパキッとした色使いが多いけれど、ここはあえて大人の雰囲気で。

 

少し色をくすませてシックで落ち着いた雰囲気にしてみます。

 

まずは試し描き。

 

 

手順が複雑になりすぎないように、とか、モチーフのちょうどいいバランスなんかもチェック。

 

生徒さんが描きやすく楽しめるようにデザインを考えていきます。

 

んーー、なかなか定まらない。

 

ちょっと手ごずりながら完成した作品はこちら。

 

 

大人っぽい感じになったかな?(笑)

 

趣味コースではこんなふうに一応見本を準備しますが、もちろん見本通りに描く必要はないんです。

 

あなた好みの色でチョークアートを楽しんでくださいね。

 

 

グラフィカルチョークの趣味コースは、チョークアート経験者(基礎レベル)向けのクラスです。

 

他のお教室でチョークアートを学ばれた方や、しばらくチョークアートから遠ざかっていたかも大歓迎。

 

1回のレッスンで1枚の作品を仕上げます。

 

回数の縛りはありませんので、1回から参加できますよ。

 

参加してみたいな、というあなた。

 

ホームページのお問い合わせフォームよりご連絡くださいね。

 

こんにちは。

 

岐阜・大垣のチョークアート教室、グラフィカルチョークの稲川ひろみです。

 

「デザインを考えたり下絵を描いたりするのが苦手なんです」

 

そんな生徒さんからの声にお応えして生まれた趣味コース。

 

下絵と見本はこちらで用意しますので、あとはオイルパステルで着色するだけ。

 

気軽に色塗りだけを楽しむことができちゃいます。

 

先月からスタートしたこの趣味コース、しばらくチョークアートから遠ざかっていた3名の方からお申し込みをいただきました。

 

みなさん「久しぶりに楽しかった!」と大好評です。

 

 

 

「久しぶりすぎて手順をすっかり忘れてしまって・・・」

 

最初はそんなふうに仰っていましたが、いざ手を動かし始めると、みなさん夢中で没頭しちゃうんです。

 

やっぱり手は覚えているんですね。

 

久しぶりに夢中になれる趣味の時間。

 

早速ドーナツの部分は好みの色にアレンジしたりして楽しまれていましたよ。

 

さて、6月の趣味コースは夏らしくこんなデザインを用意しました。

 

爽やかな色合いのユーカリとコットンフラワーです。

あなた自身が楽しみながら描いた絵を、リビングや玄関に飾ってみてはいかがでしょう。

 

 

趣味コースはチョークアート経験者向けのコースです。

基礎レベルの技術を学ばれた方が対象です。

 

しばらくチョークアートをお休みされていた方、

他教室でチョークアートを学んだ方も大歓迎ですよ。

 

 

受講回数に制限はありませんので、都合の合う時にご予約くださいね。

 

レッスンの日程、お申し込みはこちらをご覧くださいね。

 

こんにちは。

岐阜・大垣のチョークアート教室、グラフィカルチョークの稲川ひろみです。

 

過去記事を見てみると、最後にこのブログを更新したのはコロナ禍の真っ只中、2020年7月でした。

 

約3年ぶりの更新です。

3年間のコロナ禍を経て世の中も大きく変化しましたね。

 

 

この3年の間、実は私も水面下でもがいておりました。

 

3年前、コロナ禍で世の中の全てがストップしてしまい、一時期チョークアート教室も休業せざるを得なくなりました。

 

「このままではいけない!」と危機感を抱き、起業塾で学んだり新たにマーケティングを勉強したり、新しいビジネスのあり方を模索してきました。

 

迷走と停滞を繰り返しながらも、ようやく向かうべき方向性が定まってきて、前に進む覚悟を決めるためにブログを再開させようと決心した次第です。

 

 

 

チョークアーティストなのに、なぜマーケティングを?

 

今日はそこのところを詳しくお話しようと思います。

 

長くなりますが、お付き合いくださいませ。

 

 

数年前、私の教室ではお店の黒板看板(ブラックボード)を描く講座を開催したことがありました。

 

当時は絵が上手なのが良い看板だと思っていて、主に絵のテクニックを教える内容でした。

 

けれど受講してくださったのは絵が得意な人ばかりとは限りません。

 

自分のお店のために看板を描きたいと受講してくださったあるサロンのオーナーさんが、絵を描く事にとても苦戦されていたんです。

 

課題も思うようにこなぜず受講されるのも苦痛な様子でした。

 

 

そんな様子を見て「あれ?私がやってることってなんかズレてるかも・・・」

そんな思いがだんだんと強くなってきたんです。

 

 

看板はアート作品ではなく、売り上げアップのための販促ツールです。

 

看板を必要としていて書き方を一番知りたいのはお店の人のはず。

 

絵で魅力を伝えるのもひとつの方法ではあるけれど、だれでも簡単に描けるものではありません。

 

看板講座と言いながら、私が開催していたのは「絵が得意な人ための講座」であって、「お店の人向け」ではなかったと気づきました。

 

 

それ以来、

誰でも書けて集客効果のある看板って何だろう?

売上げを上げるための重要な本質は何だろう?

 

そんな疑問がずっとくすぶり続けていました。

 

何よりあの時、受講してくださったサロンオーナーさんのお役に立てなかったことが、ずっと心に引っかかっていたんです。

 

 

そこで、まずは商売のことを知るために、自分なりにマーケティングやキャッチコピーを勉強してみましたが、上辺だけの浅い知識が散らかるだけで全く腑に落ちません。

 

1年以上迷走しながら模索を続ける中で出会ったのがコトマーケティングでした。

 

コトマーケティング協会で「マーケティング=独自の価値を伝える」ということを体系的に学び、様々な業界の仲間と関わっていく中で、

コロナ禍にも関わらず、コトマーケティングの驚くような成果を目の当たりにしてきました。

 

自分でも言葉で価値を伝える黒板看板をお店にご提供したところ、「注文数が増えた」「新規客が4倍になった」「売上げが前月比138%になった」など、お喜びの声を頂けるようになりました。

 

 

 

「チョークアート」と「マーケティング」

この二つの強みを活かして、お店の活性化と商売繁盛のお手伝いをすることで地域を盛り上げたい。

 

3年間の模索の中で、そんな軸が定まってきました。

 

チョークアート教室は開催数を減らして継続していきます。

 

チョークアートのオーダーも今まで通り承ります。

 

そして新たに、お店の販促に特化したブラックボード看板を書いたり、必要としてくださる方には書き方をお伝えしたりして商売繁盛のお手伝いをしていきます。

 

アート(描くこと)を通じて地元のお店を応援し、地域活性化のお手伝いができれば幸いです。

 

 

 

このブログにマーケティングのことを書くと内容が混在して分かりにくくなってしまうので、新しくブログを開設しました。

 

よろしければ、マーケティングのブログもフォローしてくださいね。

https://ameblo.jp/kotoma163

こちらは少しずつ充実させていきます。