ここ最近、FX破産者が続出しています。

なぜなんでしょうか?

それは、口座開設の際に、よく調べず、

よくわからないまま開始してしまって、

よくわからないまま損失をこうむり、

その損失を補おうとして、
誤った方法で対処してしまい、
より大きな損失を被ってしまい、
最終的には、破産にいたる、ということです。

それで、積極的に色々なことを始めるのは、
いいことですが、

初めの口座開設の時点で、
いや、口座開設の時点というよりも、
その前の時点で、
デメリットについて、よく理解しておく必要がある、

ということですね。

とくに、FXは、利益方向にレートが移動したとしても、
それほど利益は大きくでませんが、

損失方向にレートが移動すると、
より大きな損失が出るような仕組みになっています。


それが、なぜそういうことになっているのか、

口座開設の際に、
よくよく理解しておきましょう。

証拠金とはなにか
レバレッジとは何か、
強制決済とはなにか、

強制ロスカットとは何か。

強制ロスカットの限度、
有無などなど、

専門用語もきちんと理解しておく必要があります。

どのくらいのレバレッジを効かせると、
どの時点で、強制ロスカットを食らうのか、

十分に理解しておかなければなりません。

その点を理解せずに、
市場が変動し、
レートが自分に不利な方向に動いた時に、

大損を喰らい、
しかもよくわからないまま、
超ハイリスク、ローリターンの設定を
してしまっていることになる、ということが
多いのです。

しかも、口座開設の時点で、よくよく確認しておかないと、

自分が望んでいる方法を、
元から実行することができない、
ということもよくあります。

そのような、
FX独自の制度、
独特のメリット、デメリットをよく理解してから、
口座開設をするようにしましょう。

それをおこたって、詳しくないまま
漫然と続けてしまうと、

最終的に、破産する羽目になります。

破産というのは、借金を返せない状態になることをいいます。

そういう状態には、
このブログの読者には
なっていただきたくありません。

お得な情報、
気をつけるべき点などを公開していきますので、
読者登録をお願いしますね。

AD