パリ・マドレーヌ寺院 |  榎戸ニ幸ブログ

テーマ:

マドレーヌ教会、通称マドレーヌ寺院 (フランス語:Église de la Madeleine)は、
フランスの首都・パリ8区にある聖女マグダラのマリアを
守護聖人とするカトリック教会。(◉∀◉)
ブランド街に位置しているので何度も通りました。

さて、歴史について・・・
ブルボン朝末期に建設が開始され、
フランス革命により中断。
後に建設が再開されるとナポレオン1世の命令で
フランス軍戦没将兵顕彰に造営目的が変更され、
1842年に完成。
このときにはナポレオンが失脚したあとなので、
ルイ18世によってカトリック教会に用途が変更されました。
このためその外観は、以下に述べるようにキリスト教
の教会としてはかなり異例のようです。

外観はコリント式の高さ30mの柱が52本並べるなど
古代ギリシア・古代ローマの神殿を模したネオ・クラシック様式。

 正面はアンリ・ルメール(英語版)作の
「最後の審判」の彫刻に飾られ、
銅の扉にはトリケッティ(Henri de Triqueti)による
「十戒」をテーマにしたレリーフが施されています。

内部に入ると右側にプラディエ(w:James_Pradier)作の
『聖母マリアの婚礼』像が、
左側にはリュード(w:François Rude)作の
『キリストの洗礼』」像が安置され、
主祭壇はマロチェッティ(w:Carlo Marochetti)らに
よる『聖マグダラのマリアの歓喜』像で飾られています。

このように多くの美術作品で飾られている
マドレーヌ寺院なのですだが(◉∀◉)、
建物内にはサル・ロワイヤル(Salle Royale=王室の間)
と呼ばれる部屋があり、
現在は「イコン展」をはじめとする
美術展など限られたイベントも実施されています。

アリスティッド・カヴァイエ=コルによって
建造されたパイプオルガンは1849年に設置され、
現在のものは1923年に修復を受けたもの。
歴代のオルガン奏者は著名な演奏家・作曲家で
占められ、その一人であるガブリエル・フォーレが
「レクイエム」の初演を行ったことでも知られています。


=================
無料かんたん箏曲講座


人気ブログランキングにも参加しています。
ブログの記事は一生懸命書いていますので
良い記事だなと思ったら、
ポチッと以下のボタンを押してくれる
ランキングがあがるので嬉しいです。
榎戸二幸ブログランキングは今何位???




日本ブログ村ランキングにも参加しています。
ボチッとボタンを押してくれると
ランキングが上がるので嬉しいです。
にほんブログ村


アメブロ読者登録も受け付けています。
こちらもどうぞ
読者登録してね


日本文化を海外発信@榎戸二幸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス