再生

テーマ:

こんばんは

 

今日も少しひんやりとした空気の一日となりました

 

皆さんはいかがお過ごしでしたか?

 

fuw-wa(ふ~わ)です音符

 

ここのところよく目にする言葉

【再生】

 生気を取り戻すこと。生きかえること。蘇生。

 

特に印象に残ったのが昨夜ETVでアンコール放送されていた番組を見た事です

 

『ETV 特集アンコール Re bone~再生を描く~』と題されたドキュメンタリー番組

 

20代の頃にアボリジニ族と出逢い、ディジュリドゥという楽器との出逢いによって演奏者としての人生を歩んでいたGOMA氏

 

9年前に追突事故に遭い、脳の数か所に損傷を受け今も尚後遺症に苦しめられている

 

だがその事故の数日後目を覚ました直後から、突然絵筆をとり「点」で絵を描くという行動をとるようになる

 

この密着取材の中で彼はアメリカの専門家を訪ね、自身の症状が何処から来るものなのかを探し求めます

 

結果として「後天性サバン症候群」と診断された

 

とはいえ、それがどんなものかも解らず、どう対処すれば良いのかも解らない

 

そこで同じ病名の患者二人と会って話を聞く

 

彼らは「自由」だとか言うが、GOMA氏はまだその域には達していない

 

病名を聞かされて間もない事がその理由だと思われる

 

極度の緊張状態にさらされると意識を失う事も更に不安を感じている要因でしょう

 

最後に精神科の権威と言われる医師との出逢いがとても印象に残った

 

その医師は彼が感じている不安や不条理を踏まえた上で敢えてこう言った

 

君はその事故によってたくさんの記憶を失った。でもね、残念なお知らせがある。

君はこれからそれよりもたくさんの可能性を持つ事になったんだ。

その才能を進化し続ける事になったんだよ、とても楽しみだ!!

 

私はその言葉を聞いた時に

 

失ったものに目を向けているうちは後遺症に悩まされるかもしれない

 

でも新たに手に入れた才能に目を向けたら後遺症も変化してくるかもしれない

 

そんなことを感じていたら

 

『今の才能に向き合って進化し続けていきたい』

 

GOMA氏は言った

 

知らぬ間に彼と自分を重ね合わせて見ていたようです

 

おこがましい事とは充分承知の上で

 

前職を失った時に両腕をもぎ取られたような心境になった

 

自分で決断しておきながら

 

それまでの理不尽さにばかり目が向き

 

結果気を病む事となった

 

そして今年に入った時に何かの合図を受けるように

 

明らかな【光】に包まれ始めたように思えるようになった

 

『今』に意識を向けることの大切さを

 

今一度教えられたような時間だった

 

GOMA氏のホームページはこちら

 

今日はこの辺りで失礼いたします

 

今宵も皆さま素敵な夜をお過ごしくださいませ

 

Etre bien dans sa peau(自分らしく、あるがままに)

どくしゃになってね…