今年の夏はとても暑い日が続きましたが夏もすっかり終わり、秋に近づいてきましたね。

季節の変わり目の体調管理は大切です。

 

 

          イラストフリー 痛み に対する画像結果雨 イラスト に対する画像結果 

 

 

天気が悪くなると古い傷口がうずいたり、頭痛や筋肉の痛み

を感じたことはありませんか?

なぜ痛みが出てしまうのか、説明していきたいと思います。

 

 

1.低気圧による副交感神経優位

雨の日は気分が高揚しなかったり、ぼーっとしてしまうことはありませんか?

低気圧により、副交感神経が優位に働くと、

血圧降下、血管透過性亢進、平滑筋収縮、血管拡張、腺分泌促進されます。

 

これらの活動はヒスタミンと呼ばれるホルモンの分泌により起こります。

このヒスタミンにより、炎症の発症やアレルギー反応が発現してしまい、

痛みとして現れるということです。

 

 

2.自律神経の乱れ

天気が悪くなると副交感神経が優位になり、ヒスタミンの影響により自律神経の調和がとれなくなり、筋肉の血行不良も引き起こし、痛みとなります。

 

 

 

対処法

                イラストフリー ウォーキング に対する画像結果

1.有酸素運動

ジョギングや水泳など適度な運動を行うことにより、心臓がポンプ作用をし、全身に血液を巡らせます。体温も上がり、発汗し、血行がよくなり、痛みを引き起こしにくくさせます。

                

2.ストレッチ

筋肉を伸び縮みさせることにより血行が良くなり、深呼吸をしながらゆっくりと伸ばすことによりリラックス効果で自律神経の乱れも落ち着かせます。

 

3.マッサージ

痛みや気圧、温度により硬くなった筋肉をほぐすことにより、筋肉に蓄積した疲労物質や老廃物を流してくれます。またストレス解消やリラックス効果もあり、乱れてしまった自律神経を整えてくれます。

 

4.入浴、睡眠など

 

 

皆さんも天気が悪い日も元気に過ごせるように日頃のケアをしていきましょうね。

 

 

 

 

腰痛 頭痛 肩こり 坐骨神経痛 関節痛 自律神経 ムチウチ シビレ 冷え症 むくみ めまい 生理痛 などでお悩みの方交通事故 でお困りの方、鎌取駅前 ふそう整骨院にご相談ください。