モダンスイマーズ 古山憲太郎 オフィシャルブログ「古山の奇妙な暴言」
【モダンスイマーズ 俳優 古山憲太郎 情報】

● 舞台:出演

◎モダンスイマーズ「嗚呼いま、だから愛」2016年4月22日(金)~5月3日(火・祝)東京芸術劇場 シアターイースト

● 映画:出演

◎『月光』小澤雅人監督作品 新宿ケイズシネマ他にて公開中
公式web
監督・脚本・編集:小澤雅人

モダンスイマーズについては公式WEBで♪

テーマ:
いや、



生きて




ます




日々を過ごし、表現したい。毎日も楽しいが、やっぱり仕事があることが俺にはお宝。今年はさあ、モダン三本あり、


アカルテルあり


コントライブあり


まあ、楽しかった。


まあ楽しかった!

いや楽しい!充実。


生きてることを感じる。日々の生活も楽しい。でも表現している時。勝るものはない。
だから、やってるんだろうなあ。


売れたい。売れるというのは俳優としての仕事がたくさんあると言うこと。

売れたい。俳優続けたい。その思いは変わらず。でも甘くない。


当たり前だ。
自分で表現する場所がたくさんあるから、そういう事でもいい。

やらないと。失敗繰り返して、成長して、表現して。

休んで、副業して。

繰り返して


おっ死ぬ。おっ死ぬんだろうが。
なんのために生まれたかって考えると。やっぱり仕事していたい。まあ、小さいことなんだが。

まあ、金を稼ぐというよか、

俳優で、まあ、俳優以外でもいい

表現したい。そんなことでいい

でも、言葉にすると売れるという事が、一番適切ということ

俺は売れる

つもりでやってる。

諦めるどころか。むしろ今本当に望んでいる


世の中の無名俳優につぐ

売れろ。表現しろ、演技しろ

でもこのご時世。やるならなんでもできる。つまり自分で道を開く。自分でやれる範囲でやればいい。それをめんどくさがってはだめだ。

メジャーでも手弁当でも。
売れる。つまり表現する現場が、ありつづける

やりたい、その思いは変わらない。

売れるという事か。

なんでもできる。やる気になれば

ユーチューブにアップするのも、ブログ書くのもそうだ

いいんだよ。一人でいい。お客さんは一人でもいい。売れろ。


年内ひましている。俺に仕事くれ。

やっぱり副業も楽しい、学ぶ

でも俳優。

それが楽しい生きがいなんですから。
年取ってから、またそう思って凄いよね

時だから
思っているんだろうか

昔のようにがっつかないし、人を否定しない

今こそ楽しい。非難されるのも楽しい。

楽しめる娯楽。娯楽なんすよ

娯楽したいすよ



テーマ:
キーワード節制。

比較的面白い展開がありそうですが、出るとこ引くとこわきまえて。守りの時間帯、攻めの時間帯、つまり流れを思考だけでなく、直感や感覚から掴み取り耐えながら、持続性をもち努力していきましょう。目に見える事だけを判断基準にするのではなく、やはり、見えないものから、感覚から感じ取る事が大事。予感はいつも正しいとは限らない。

しかし、嫌な予感はいつも正しい。準備して、心構えをして、志を確かめてから事に当たる。

周囲は見えない者が怖く、得体のしれない者と捉えていますが、柔軟に中庸に。

いざと言うときにチカラを出せるよう、そして、普段は引いてください。やるときが来るまで無駄に走らないで下さい。それまで耐えながら準備していて下さい。

最後には調和がもたらされますから。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス