か~なり古いカメラがいくつもあった
調べてみるとleica(ライカ)というメーカーのカメラです。
最初、何て読むのかわからなかったが、
ライカという呼び方が正しいようです。

ライカはドイツのカメラ

この古いカメラはドイツのメーカーであるライカです。

昔から我が家に転がっていたいので
きっと祖父が集めてたカメラだと思う。

そんなライカのカメラですが
捨てる前に一応、売れるか聞くことにしたのです。

 


最初は売れると思ってなかったので
近所にあるお店へダメ元で聞いてみたんです。
要らない洋服があったので、

それを持っていきガテラ、一緒に売ろうと考えたわけです。

すると、「あ~、これはライカのM型です。
全部で3万円で買取します」という返答でした。

え~~!

まさか値段がつくなんて。
しかも、3万円という金額。

 


迷わず即決するつもりでしたが、
そこで頭がフル回転です。

 


待てよ、この店で3万円ってことは
カメラを専門に扱う店なら持った高いのでは!?



そこで、洋服だけお願いして
カメラは保留ということで持ち帰ってきました。

 

ライカ買取店を探す!


家に戻ってから「ライカ」というカメラだということがわかったので
ライカの買取について調べまくりました。

 

といっても、ネットでサクッと検索して偶然発見したのが
ライカ買取-最高値で売る方法を調査

というサイトです。

親切にライカを高く売る方法がバッチリ書かれてます。
この方法を実践するだけでOKということがわかった。

詳しくはこのサイトを見るのが早いです。


結果はというと、
最初の店で3万円といわれた買取金額が、
12万円に大幅アップ~~~~~!

実に4倍であります。


実際には売れるということがわかったため
家にある他のライカ関係のレンズとかも一緒に持って行ったので
正確には2.5倍くらいなのかな!?といった感じです。

どっちにしろ、高く売れたことに違いありません。


危うくライカ売却で損するとこでした。

 


もしも家で眠ってるLEICAという文字を発見したら
恐らく売ることできるカメラです。

 

くれぐれも粗大ごみに出しちゃダメですよ!!
 

 

 

AD