「どうする?地方の水道」

テーマ:

富良野の天気は晴れ。

 

気温は9時で8℃もあります。

 

もちろん、+(プラス)ですよにひひ

 

 

 

最近、テレビや新聞で目にすることが多くなってきた地方の水道問題ハッ

 

人口減少が続いていく中、“地方の水道をどうやって存続していくか”ということが、大きな課題となっています。

 

 

富良野市では、地方の水道を持続可能にするため、北海道立総合研究機構、北海道大学、富良野高等学校と連携して、市内の小規模水道組合(地域管理型水道組合)の実態を調査・検証しています。

 

その結果等の報告、パネル展示やトークのイベント、

『どうする?地方の水道』

を、開催しますので参加してみませんか~

 

 

 

 

【日にち】 3月24日(日)

【場所】 フラノマルシェ2 タマリーバ

【時間】 12:00~15:00 (展示)

      13:00~ (トーク)

 

 トーク① 13:00~13:15

    「北海道の地域自律管理型水道の実態」

       北海道立総合研究機構

 

 トーク② 13:15~13:30

    「おいしい水をもとめて」

       富良野高校科学部

 

 パネルディスカッション 13:30~14:00

    「地方の水道を持続可能にするために」

       

 

参加無料!

事前申込み不要!

 

 

【問合せ先】 富良野市上下水道課 電話0167-39-2317

 

 

昨年の地震による停電で、蛇口をひねっても水が出ないという経験をし、改めて水道の有難さに気付きましたあせる

 

生活する上で、水って一番大事ですよね。

 

 

by