舩山陽司アナウンサーの『障害戦で激アナ予想』
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

3月29日(日)阪神4R〈障害未勝利〉予想

クリノヒビキは障害を3戦して5着が最高。その前前走の5着は勝馬との1秒差で駆けている。前走後4週開いているが、中間は好時計を連発。それもなかなか見られないレベルの時計だ。今回着けるブリンカーを調教で着けていたかは分からないが、だとするならば、相当に効果があると言う事だろう。

エジステンツァは5走前に不良馬場の障害戦で1秒3差4着。今日の馬場はプラスになるはず。

マイネルサージュは障害初戦はあまり目立たない内容だったが、なにしろ平地力はあるし、慣れを見込めば前進ある。何より重馬場巧者。一変ある。

3連複フォーメーション
2.4.7 - 2.4.7 - 2.3.4.5.7.1011.12

3月28日(土)中京5R<障害オープン>予想

マイネルレオーネは展開に左右される面はあるが、展開一つで上位争いできる力がある。やたらと先行馬が多く展開も向きそう。また重馬場適性は高い。
 
シングルアップの前走は相手が強すぎた。平場ならハナを切ってマイペースで行けそう。
オールマンリバーも実力上位。大外枠で位置取りが悪くなる様だと心配。
マイネルアトゥーは上位争いが続いているが、今回は休み明け。その点は心配材料。
ボナパルトは前走のオープン勝ちだけ走れば。ただし休み明け。
エムアイグランツの前走時計は水準に達している。昇級戦でどうか。
ノワールギャルソンの前走は久々の上に強敵相手。叩いて平場なら実力は上。ただ斤量64kgはどう考えても不利。
 
単勝
<6>
馬連&3連複
<6> → 2.7.8.12.14
 

3月28日(土)中京4R<障害未勝利>予想

中京で好走している馬が多く、意外に力の比較が難しい。

 

ベストサポーターは休み明けでも走れるし、重馬場もこなせる。中京適性も高く出来さえあれば上位争い。
3連続2着のメイショウジザイの安定感は評価できる。後は渋った馬場がどうか。
コウユーホクトはスピード上位。中京なら安定して走れる。
ウインスラーヴァは障害2戦目で粘りを増した。3戦目で更に。
 
スフバータルは後方からになる分だけ不発に終わる事もあるが、実力は上位。
ハイドロフォイルは前走と3走前に中京で3着。コース適性は疑い様が無いが、大外枠は不利。
 
ザメイダンの前走での変わり身は全く読めなかったが、今回も馬場が悪化し走れるかも。
初障害ならエクセレントミスズ、オレンジオレンジが水準級。

3連複フォーメーション
<6> → 1.3.11 → 1.2.3.7.9.10.11.14

3月22日(日)阪神4R<障害未勝利>予想

ナムラシンウチは久々の障害戦。ただ2年前は追い込み脚質の1勝馬で、障害戦でも後方から進めて12着と良いところは無かった。ところがその後は平地で3勝を挙げ先行馬に変身。以前とは別馬になってふたたび障害戦に挑んできた。障害試験の時計も水準以上で、いきなり走れそう。

 

タガノアンピールは初障害で3着。馬場も悪かったし振りもあった。障害2戦目でスムーズなら勝ち負けに。

 

ダイワスキャンプは逃げた前走こそ戸惑った様で失速したが、sれまでは好位からしぶといレースぶり。おそらく阪神コースはあうはず。展開一つ。

 

3連複フォーメーション

<14> → <2><13> → 1.2.4.7.8.9.12.13

3連単フォーメーション

<2><14> → <2><14> → 1.4.7.8.9.12,13

3月21日(土)中山4R〈障害未勝利〉予想

ジョーカーワイルドは4走前に中山で0秒8差の4着。その後の福島ではスピード不足を露呈。前走は久々に加えて京都も合わなかった。強敵がいない今回ならコース適性だけで馬券圏内もある。

好走続くストレートパンチ、障害試験の時計が速いレイヴンキングが相手。

単複〈9〉
3連複フォーメーション
〈9〉→ 11.12 → 1.2.4.6.10.11.12
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>