今日は雪が降っていて、自宅で過ごすのにもってこいなお天気となりました。

コロナのニュースに暗い気持ちになりがちですが、雪を喜ぶ息子の嬉しそうな顔に少しほっこりさせてもらっています。

私に怒られても全然気にすることなく楽しく遊んでいる息子、見習うべきことがありますね。

なるべく楽しく、なるべく心穏やかにお家で過ごしたいと思います。

 

 

この間、おやつを買いに立ち寄ったスーパーで見かけた雑誌の表紙にあった『スタイルと生き方』というタイトルを見て、しばし足を止めて思い出していました。

 
私のスタイル、そして、私の生き方。
 
インテリアコーディネーター2次試験の数日前のことになりますが、緊張からか眠れない夜がありました。
夏頃から資格取得をとりあえず目標としていた私は数日後に試験を終え、その後どこへ向かっていけばよいのか迷っていました。
仮に資格取得出来たとして、実務経験を積むために働く?
働くとしたら、息子の年齢や性格を考えるとフルタイムは今厳しい・・・となるとパート?
まだまだ勉強したいこともあるし、新たな資格を取得する?
考えれば考える程、答えが出せず頭の中がいっぱいになっていきました。
 
私は今フリーランスのインテリアコーディネーターを目指していますが、その時点では正直フリーランスというのは有力な選択肢ではありませんでした。
というのも、フリーランスという働き方は会社でしっかり実績を積んだ特別な一部の人だけが選択できる働き方だと思っていました。
専業主婦になってもう8年・・・インテリア業界どころか一般社会から完全に離れてしまったような感覚になっていた私にフリーランスなんてとんでもございません!というのが正直な思いでした。
 
そうは思いながらも、そういう働き方が出来たらいいな~と憧れていたのだと思います。
ここ数年は本といえば息子の絵本、あとは育児に悩んだり壁にぶち当たり打ちのめされたときに購入するためのものという感じで、自分が読みたい本を購入するということがめっきり少なくなっていました。
そんな私が久しぶりに自分のためだけに購入して目をキラキラさせながら・・・いや、そんな気分で読んだ本です。
 
 
そして私がフリーランスを目指してとりあえず動いてみよう!と大きな力をくれた大切な一冊は、友人が絶妙なタイミングで私に譲ってくれました。
 
 
↑こちらの宮本佳実さんの本を読み進めながら、私らしい未来設計をするために気分の上がるとっておきのノートを探し、自己分析を始めました。
 
 
何年も息子のことが一番になっていた私にとって、自分と向き合う時間はとても新鮮でした。
毎日どんな気持ちで過ごしたいか、やってみたいこと、やりたくないこと、自分の得意なこと、どんどん自分の内側にあることを書き出してみると、自分がどんな風に生きたいのか少し見えてきたのです。
私の人生だもん、後悔しないようにもっともっとワガママに生きよう!
そうしているうちに、私が心地よく生きるためにはフリーランスという働き方が一番合っていると強く思うようになりました。
不思議なことに最初は私には無理だと思っていたはずなのに、徐々にフリーランスで働くために私は何をしたらいいのかな?と心が決まっていきました。
 
夢を叶えるためにと選んだ手帳も、私が前に進むために力をくれている気がします。
 
 
迷ったときには焦って答えを出そうとせず、私の心に聞いてみよう。
私が知らない答えを心はちゃんと知っている。
 
『私のスタイルと私の生き方』なんてタイトルを付けておきながら、私の生き方はこれだ!私のスタイルはこれだ!と人に堂々と宣言できる境地には至っていませんが、私らしく生きるために見付けた道をとりあえず私なりに進んでみよう!と思っています。
その続きも、また是非お話させてください。