Fumika De Collage

プリザーブドフラワーアレンジメントやスイーツデコの販売をしておりましたが、乳がんとのなり今はお休みしています…。

プリザーブドフラワーアレンジ&スイーツデコの販売をしておりましたが、

乳がんのなかでも特殊型である浸潤性小葉癌となり、

身体への負担を減らすため、お花のお仕事は今はお休みしています。


検診で大丈夫ですよと言われた2016年7月。しかし同年10月にはステージ3と言われたこと。

癌は痛くない。すぐに大きくならない。しこりを感じなければ平気…それらは全員ではないこと。

できれば多くの人に知ってほしいので、別ブログを立ち上げずにこのまま使用することにしました。


自分の治療の備忘録として・・・

5年後には、思い出にかわりますようにと願いをこめて・・・


fumikadeco



テーマ:
年に一度の横須賀みこしパレード。
去年はこの翌日に発覚したんだよなぁ…。
なので、なんか、出なきゃって気持ちになる。

来年も出れますように…
っていう思いが密かにあり。かなぁ。

天気予報をみると、今週末は雨の確率50%。
多少の雨なら開催されます。
晴れますように☀️


AD
いいね!した人  |  コメント(0)
同じテーマ 「日々のこと」 の記事

テーマ:
病気になってから、甘いものは控えるようにしています。とくに洋菓子系。
でも…たまにはいいよね( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛

関口牧場のソフトクリーム。
家から車で20分位のところにあるのに、なかなか行けなかった…。
でも、今日は日帰り旅行の予定だったけど、それが行けなくなってしまったので、ここに行くことに(笑)


旦那さんと半分こしました。
{9E9A6A0E-F550-4631-BAB4-17AF3E17B86C}

並んで購入
{3424DD5D-BAD7-4E48-A9CA-EAE344D597F1}

近くに牛舎があり
ずっとカメラ目線の牛さんが可愛かった〜(笑)
{8FBC124F-0FA5-4FA0-929A-ECDD4E05E168}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ワイヤーをクネクネして、
はい❗️
と手をあげるお化けアレンジ
今月はハロウィンなので、怪しげな色合いで🎃

{5513CDEA-F549-40B6-9695-EFA73B7E8D3A}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

病気判明した時、それなりに自分で調べたりしたけど、私が見たのはいくつかに分かれているものが多く、体調悪い時にページ送ったりすることすら吐き気がした。

なので1つにまとめて備忘録。

気持ちを除いたメモ書き程度。

(これも長文なので、スマホでページ送ると目がまわるかも?)


わたしと同じ診断名の人の参考になりますように…

このメモはあくまでも私の場合です。


浸潤性小葉癌

ステージIII


抗がん剤FEC3週に一回を4クール

翌日にジーラスタ注射

その後2日間吐き気どめの点滴通院。

デカドロン5日~7日服用


点滴中は口内炎予防で氷舐めるのと、爪の保護のため保冷剤で指先冷やす。少し効果あり。

血管痛(血管のやけど)は2回目から。

今も外見でわかり腕を伸ばすとつっぱる。これは改善まで半年位かかるらしい。

口内炎1回はケナログを5日間塗り続けて治った。その後はうがいハチアズレで毎日一日5~6回。

眠れない・夜に目が覚めるので、寝る前にワイパックス1〜2錠

脱毛は全身。"毛"とつくもの全部。

鼻毛もなくなるのでマスクは欠かせない。

回を重ねると、気持ち悪い期間が増えていった。常に胃薬やビタミン剤服用。それでもだめなら吐き気どめのナウゼリン。点滴後の酸化マグネシウムは数回だけ服用。

毎日、だるくて、気持ち悪くて、気分もスッキリしなかった。髪の毛がなくなった事でメンタルも最悪。

沖まで流されないように、チャポチャポと泳いで、がんばって岸まで戻ってくるイメージの繰り返し。

仕事には行っていたけど、休日は寝てばかり。それで筋力がおちる。


後半抗がん剤は、ドセタキセルとパクリタキセルのどちらか選択。通院を考えてドセタキセル選択。

吐き気はないがむくみや痺れの副作用が代表的らしい。しかし私の場合、FECの副作用に末端の痺れが追加された感じ。それも一定期間ではない。ずっと。

物が掴みづらい。歩くと足裏で何かを踏んでいる感覚(何もないけど)。立っていると脚甲がいたく、着圧ハイソックス着用。毎晩旦那さんにマッサージしてもらった。爪のクリームはかかせない。

 

2回目のドセタキセルの1週間後、発熱(3839

抗生物質飲んでも下がらず、抗生物質の種類を変えても効かず、顎・首が痛くなる。歯科でのレントゲンでも問題なしなので入院治療となる。

原因は頸部痛(突発的な血管炎)。頸動脈が炎症で腫れていた。そのため首の太い血管を保冷剤でずっと冷やしていたからか当然さらなる食欲不振。ステロイド錠服用と家族友人医師看護師さんの支えで無事退院し自宅療養。

 


身体が悲鳴をあげていたので、ドセタキセル残り二回は中止となり手術を急ぐ。

乳房全摘・リンパ廓清。

手術後翌日にはチューブを付けたままだけで動き回れますが、腕の稼働範囲がとてもせまい。寝返りうっても大丈夫ですよと言われるけど、うてたもんじゃない。1週間後無事退院。

退院後は患部に溜まる水抜きを数回らしいが、私は水抜き無し。(ぷよぷよした所に針を刺すので痛くないらしい。)

無理のない範囲で自宅で腕のリハビリしていたけど、このままでは、放射線治療が遅れてしまうと言うことで、突貫工事的に病院でのリハビリ開始。どうにか、ギリギリ、覗き込めば脇が見えるまで腕があがるようにしてもらい、違う病院で放射線治療開始。平日毎日252部位。20分位。

副作用はお肌の炎症と放射線酔いってものがあるらしいが、抗がん剤体験した人はどってことないらしい。(たしかに、どってことなかった。)。放射線をあてた皮膚は徐々に赤くなり、終わって2週間後位から黒くなる。いずれは剥がれて見かけ元に戻るらしいが汗はかきづらくなり身体に熱がこもるらしい。リンデロンVG処方されたが使わず。鞄はリュック禁止。

放射線治療中は何もしちゃだめ。石鹸で洗ってもダメ。今は保湿のオイルや乳液をつけて、お肌の乾燥予防。あと軽くさすってこわばっている筋肉をほぐす。


発毛は、え?って言うくらいいっきに生える。レーザー脱毛済みの部位も生え、脱毛にかかったお金返して〜な気分(笑)


あと、

関係ないと言われるけども思考が鈍る。

(今はだいぶ改善。歳のせいかも?)

理解が出来ず、何度も読む、聞き直す。それでもすぐに忘れてしまう。そんな時はもちろんのこと芸術的作業は無理。

やる事を集中させない。メモを取る。で乗り切る。


放射線治療後2週間あけてから、抗がん剤+ホルモン療法開始。今回は経口抗がん剤ゼローダ。

代表的な副作用は痺れらしいが…あくまでも代表的であって、私にあてはまるのかどうか。

経験上、やってみないと自分の副作用はどんなものなのかわからない。免疫高く保ちポジティブ思考でいよう。副作用が出ない事祈る。


今だにきちんと上がらない腕のリハビリに通いながら、上記の薬服用中。

脇のお肌の違和感改善は半年かかるらしい。まだ術後4ヶ月なので違和感あり。蚊に刺されてもきっと気づかない。


病気の事を自分で調べちゃだめ。どんどん病気に飲み込まれる。

笑うこと。気を紛らわせること。

病院でもさんざ言われたし、確かにそうだと気付いてからは、基本的な内容でわからないことは旦那さんに聞いた。きっと私以上に調べまくってくれていたんだと思う。感謝。


最後に…


食べたいという欲求があるならば、食べたいものを食べよう。

欲求がなくなってしまったら口に入れられ、ごっくん出来るものを探そう。

それもできなくなってしまったら病院へ相談しよう。


気持ち悪くても昼間は身体は起こししていよう。

なぜならば、この気分の悪さは臓器が病気になっているのではなく、薬による自律神経の影響によるものなのだから。


抗ガン剤はきついね。辛いね。厳しいね。

って言うけども、

抗ガン剤よりもこわいのは癌そのものなのだ。


今を大切に生きよう…。


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

以前の私は、運動不足でありながら甘いもの好きでした。照れ

好きなお菓子は31とチョコレートとこしあん。

仕事帰りはお気に入りの板チョコを1枚食べながら帰るとか…

今考えると恐ろしいガーン


でも食べたかったのよ…食べると、いっときは元気になれたのよ。


でもここまで暴食するのは病気がわかる直近1~2年。

病気が影響してたのかな。不思議と今はそんなに食べたくないのです。

食べるけど、たくさんは欲しない感じ。ニヤリ



そんな事いったらキリがない!プンプン

こんなふうに食べていたって、病気にならない人はならないのだ!プンプン

 

(今の私の日常)

規則正しい生活。

腹式呼吸と肩回し。

黒ニンニクと人参ジュース。

毎朝・毎晩の白湯200ml

お野菜多めの食事と3食フルーツ。

寝る前のリンパマッサージとストレッチ。

ごろごろせずに、姿勢正しく起きていること。

そして歩く…テクテクテク。

 


抗がん剤前から手術までの間で体重13キロ減のため、一時期さすがに歩けなくなった。歩いたとしてもとってもゆっくり。なぜなら動かないし、動かなくなってしまった自分が怖い。


形あるものが食べれなかった。

消化に負担がかかるのか、すぐゆるくなった。


抗がん剤の期間も、入院中も、栄養士さんに食事指導をうけた。

抗がん剤の薬が身体から抜けはじめたら、食欲が戻ってきた。

入院しているとき、美味しいという気持ちと共に食事が取れるようになったとき涙がでた。

担当医に「しんどいね…」と声をかけてもらってまた涙がでた。


医師や家族や友人の助けと支えで、ヤマ場は乗り越えられ今がある。

今日が来ている。


あたりまえではない。

明日でいいかはない。

 

あの時には二度と戻りたくない。

つらかった。

本当につらかった。

もうそうなりたくないから、今を大切にしたい。

この経験をしたから、大事なものが見えた。


徐々にでいいので筋力増やそう!

食べれる事が嬉しい日々。

そして動こう!

一人で歩けることに喜びを感じる日々。

 

“今”を感じて笑って過ごそう…

まだまだ思い出増やしたい。

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。