コロナの余波から仕事のシフトが変わり

予想外にヒマ女医の おおたわですカエル



時間ができたというのに遊び歩くわけにもいかず、
ポプ子犬しっぽの毛繕いをしていますクシ






気にかかる患者さん、
いるんだけどな…










いつもは不在のはずのかーちゃんが在宅して
いつも以上にブラシを持って追いかけるので、













はっきり言って



迷惑、です。







私はしばらくの間、
定期的に抗原検査をする事にしました。

PCRよりも簡便なので。


検査が絶対ではないのですが
それくらいやらないと
なかなか信用してもらえない。




なんだかな。


医療従事者の勤務先でコロナ患者が出ることは
稀ではありません。

あたりまえですよね。




でも、それを知ると世間は
「近くに来ないでください」
「しばらくお休みしてください」
「ちょっと離れて様子をみましょう」
と言います。



我々医療従事者は当然防御をしています。
マスクもガウンも着用し、距離もとっているので濃厚接触者にはあたりません。




それでも世間の目は冷たい。
まるでバイ菌扱い。





こうやって医療従事者は孤立していくんだな。




そりゃあ、みんな離職していくはずだ。





これだけ感染が拡大すると、私の近い仲間たちも渦中に巻き込まれています。

あちこちから聴こえてくる偏見に満ちた扱い。


誰が悪いとは言えないけれど
医療従事者の心が折れる前に世間の目が変わってくれる事を望みます。



「戦ってくれている医療従事者に感謝を」
そう言ってくれるなら、
どうか偏見と差別を払拭してください。


外食会食が悪のように語られているので、
なかなかひとりランチにも行きづらいですね。



お昼ご飯ぐらいは料理をサボりたいのでテイクアウトで済ませたいママさんも多いでしょう。


わかりますよ、その気持ち。はい。




でもね、テイクアウトは危険がいっぱい。
というのも、ご飯物、丼もの、パン物など糖質の嵐なのですわ。おにぎお弁当ハンバーガー



低糖質をベースとしている
ダイエッターおおたわカエルとしては

すごくメニューが選びづらいのです。





糖尿病の人はなおさら要注意ですよ。









お店で食べるランチならば、
こんなヘルシーメニューや







こんなタンパク質メニューも選べたのに…


ごはんを減らしてもらえば
すごく良いダイエットメニューです。







最近は営業を休止する飲食店も出ていますしね。
またお店のみんなに会いたいな。





ほんとに困ったなぁ。







と言うことで最近は自宅でお豆腐ばかりです。


下矢印







しかし、すごいよねw
豆腐率、高し❗️



今朝の羽田空港。






ついに、






誰もおらんようになったわい。






どこもかしこも
コロナクラスター中。



とにかく自分は拡散しないように行動しないと。



できることを
できるだけやりながら
仕事をするおおたわですカエル





痩せてません豚

おはようございます。

股関節が悲鳴をあげている
おおたわですカエル



鎮痛剤を飲んでいる間は痛みが飛びますが、
切れると現実に引き戻されます。




カイロや鍼灸に通っておりますが、
それ以上に歩いちゃうし、踊っちゃうからダメですバツレッド






さて、
そんな私のお出かけのお供をご紹介しましょう。






カイロ、患部を温めます。

マグマ、これはめちゃくちゃ熱くなる、持続時間長い。
それだけに低温火傷に注意です。





次に、



ラクロスボール。
筋膜リリースになります。
椅子に座っている間にお尻の下に敷いたり
膝裏にあてたり。







そしてもちろん



外用薬のテープ。





コロナ渦の行動パターン変化で腰痛などが悪化している人も多いようです。
皆さん気をつけていきましょうパー