プライド/高橋優

テーマ:
高橋優の『プライド』


「ここにいる意味を刻み込むのさ 何度倒れても」

-------------------------

orz。
前のブログで紹介し忘れていた。許されよ。

小高芳太朗ソロセカンドアルバム【それでも】。
2018.8.8発売!

「それでも」、ですよ。感慨深いですよね。
楽しみですね。

「独りじゃ辿り着けない場所に僕らは今きっと赴いている途中」
(現実という名の怪物と戦う者たち/高橋優)

周りが皆敵に見えるなんて事は決して思ってないんだけどな。

例えば誰かを味方だといったらその人が攻撃されたり、
その人に近づいて色々と吹き込み、疑心暗鬼に陥らせ、
関係性が壊されることになるので、あれですよね。

アニメ「メジャーセカンド」エンディングテーマのみたいですね。
観たいですね。漫画も読みたいし、前作読み直したい。

中学校ぐらいの時だっけ。チームワークの話。
他の専門職との連携、ネットワークにも通じますよね。

社会福祉士はどうやら危機的状況らしい。

理由は大して知らないが、
社会福祉士の専門性が必要な環境が多々増えれど、
社会福祉士の専門性の価値が世間に認識されてない、
なにより専門性を発揮できる社会福祉士がいない、
というところか。

まあそうですよね。すみませんね。

そんなわけで、
バイスティックの7原則、その2。

受容。(wikipedia)

まあ相手を決して頭から否定せず、
その考えに至る背景を理解しようということ。

この原則によって行動感情の否定が禁じられるんだとさ。

まあつまりはその考えに至る背景を理解した上で、
否定するのは間違いではないということか。
正しくもないだろうが。

頭ごなしに否定してくる社会福祉士の言うことは、
聴いてはダメですね。アドバイスの多くは否定です。

アドバイスをする時は気をつけないといけないですね。

そしてバイスティックは、

人を受け入れることと、
道徳や社会のルールに反する行為を受け入れることは違う。

と言っているのです。

この線引きはどこまでなのか。

幸色のワンルーム…

仁藤夢乃さんが、
困っている女の子に声をかけるのは、
援交おじさんとかスカウトばかりで、支援者は完全に負けている。

だから支援者は、援交おじさんやスカウトに学んで、
彼らに負けない支援体制を、と言っていましたが、

果たして…

話がそれた。

線引きをはっきりと決めることはこの先もないだろうけど、
自問自答は繰り返ししていきたいですね。


語るなら未来を…/欅坂46

テーマ:
欅坂46の『語るなら未来を…』


「ガラス瓶 落として割れたら 元になんて戻せないんだ」

-------------------------

当時予言していた事は割りと当たってるんですけど、ね。
まあ仕方ない。

この曲は、欅坂46の中で一番聴くに堪えない曲だったんですが、
いや、今でも割りと聞きたくないんですが、
いつか素直に聞けるようになりたいんですよね。

当時の事を人に語るなと押し付けるなら、
押し付けてくる人も人に語ることを辞めて欲しい。
事実をねじ曲げたいんですもんね、語られると迷惑ですよね、そりゃあ。

「ずっと立ち尽くしていた それだけが今 僕に出来た優しさだった」
(割れたガラスはもう元に戻らない/小高芳太朗)

優しさの形。それは様々で。

社会福祉士なら割りと大好きな人の多い行動規範、
バイスティックの7原則。

詳細はwikipediaにて。

最初に個別化というものがあげられていますが、「皆同じ」という言葉はあまり社会福祉士が使っていい表現ではなくてですね、一人一人違って一人一人どっかで似ていたりもするんですが、同じ問題は存在せず、それぞれ違うものとしてみようというのが社会福祉士ですね。気を付けたいですね。

社会福祉士が作り出す優しさの形としてわかりやすいのが、
個別支援計画と言うものだろう。(そればかりではない)

本人(基本的に日常生活を送るのに何らかの支援が必要な人)を中心とした、本人の希望や関係する社会資源(学校とか職場とか遊び場とか)、本人を取り巻く周りの人々で形成されたネットワーク、これからについての方針なんかを見える化したもの。
アセスメント(事前評価、情報収集分析とか呼ばれる計画を作るための準備作業)、モニタリング(事後評価、現状把握とか呼ばれている計画の進捗状況確認作業)、計画の作り直しを繰り返しながら、本人の日常生活を支えるための指標。

必要に応じて新たな社会資源を紹介したり繋げたり、
ネットワークを拡大したり調整したり。

下手するとDVかよと言われそうですが、
そうならないように、主体は本人、主体は本人…    

BUMP OF CHICKENの記念撮影という曲を利用しても
紹介した記憶がありますが。


これですね。妄想がひどすぎますね。

必ずしも計画をたてることがいいかといったらそういいきれないところもありますが、まあそれはそれとして。

何が言いたいかというと、自分の計画もたてたほうがいいですよね。
公開は出来ませんが。

自分の未来についてこれから、たててみます。
モニタリング周期は毎月でいいですかね。
まとまりなくてすみません。

TLUE-BLUE/KOTOKO

テーマ:
KOTOKOの『TLUE-BLUE』

「答えはたった一つじゃない」

--------------

格闘ゲームBLAZEBLUE -CENTRALFICTION-主題歌。
いやあ、かっこいい。

もうすぐ、新しいアルバムの発売ですね。
【tears cyclone -廻-】2018年6月27日発売。

原点"廻"帰。2部作のうちの1作目。
楽しみですね。 

@@@@@@@@@@@@@@

まあLUNKHEADやKOTOKO、BUMP OF CHICKENに
影響を受けたからと言って、それを人に押し付けたりはしない。

社会福祉士とった時の記事にもそれ以降も何度か書いたはずですが、

あくまでこのブログは例えどこかに所属したとしても、
どこにも所属していない人間としての言葉を描いていきたい。

としてたはずなんだけど、なんだかなな感じですね。


「固定概念や偏見をもたないで」

どこかに所属するとどうしてもそこで得る考えや価値観に影響を受ける。
でもそれは決して社会福祉士としての本質ではない。

就職するとどうしてもその会社での価値観なりにあわせて働く必要がある。
でもそれに捕らわれない見方を失わないで欲しい。

ということを強く教えられた社会福祉士通信講座養成過程。

そんなわけでこれからも、所属する組織で言ってることやってることと
このブログで書いていることに違いが生じると思うんですが、
それは受け入れてくれると嬉しいですね。

ちなみに一つの価値観を周りに振りかざすな、多様性を認めろという
勝手に作られた話、印象で検討違いな批判をよく繰り返されますが、
本当にわからないので、やめていただけると
うれしいかな、なんて。

そんなこんなで、
自分を律する意味でも社会福祉士についてまとめたい。

+++++++++++++++++++++

今日はアフターケア事業全国ネットワーク「えんじゅ」設立記念シンポジウムですね。
参加すると迷惑をかけることになるので参加はしませんが、
色々と良くなっていくといいですね。

虐待死事件を機に注目の集まる社会的養護等のあり方。


ついでに、こちらも。




はじまれ/LUNKHEAD

テーマ:
LUNKHEADの『はじまれ』

MV shortver.

「負けない力を 信じ抜く覚悟を 笑いあえる仲間を 心に一つの思いを」

----------------

何より影響を与えてくれたのは、
LUNKHEADやKOTOKOやBUMP OF CHICKENですね。

だからこそ、社会福祉士に興味もった。
社会福祉士を学ぶほどその思いは強くなった。

相変わらず、勝手に話をつくられて、
訳のわからない批判が繰り返されているのだろう。

そんなことで悩んでないし、
そんなこと思ってもないし、
そんなこと言ってもない。

はじまれ。

三ヶ月連続配信限定シングル第三弾。
本日より配信開始。

はじめよう。

インフルエンサー/乃木坂46

テーマ:
乃木坂46の『インフルエンサー』

  MV

「存在するだけで 影響与えてる」

--------------------

去年のレコード大賞曲みたいですね。
去年頃からインフルエンサーと呼ばれる?人たちに興味もったわけですが、
まあ理由はどうやら観察されているっぽいからなんですが、
どういう経路で伝わってるんですかね。謎は深まるばかり。

相変わらず何なのかわからない場所で反響のあった前回のブログ。
職場の反応、そしてインフルエンサーとして名高い?
はあちゅうさんや箕輪さんその近辺達の反応から、
ある程度推測は出来るんですが、よくわかりませんね。

有名なインフルエンサーの方々にまでも、
なぜここまで晒されないといけないのかわからないんですが、

僕がこの人たちに影響を受けているのではなく、
この人たちが僕に影響を受けているということはわかりました。

自分の時間を奪われることを嫌う皆さん、
本当に僕なんかの観察に時間を使ってくれて
ありがとうございました。

まあこれからも有名な方々に観察され続ける限り、
自分に注目してもらおうと僕を批判して僕のために
アドバイスをしてあげてるアピールをその人達にして
(直接はしてこない、直接あったときはあなたの味方ですアピール)
失敗させよう、奪っていこうとする嫉妬心にみち溢れた人たちが
わんさか量産されるんでしょう。イタシカタナシ

そういえば、ZOZOの田端さんなんかも貴重な
情報元の一人だったんですが、
ZOZOに興味は持ったので、そういう意味では
影響を受けているのでしょうね。

もうすぐ職場が変わる...
どんな事が待っていますかね。楽しみですね。
やりたいことに繋がっていくといいけど。

あ、社会的擁護関連は情報漏洩しまくりで、
虐待に繋がるので、もういいかなと。面前DVは虐待です。