皆さんこんにちは!

スタッフの足立ですくま

 

今日は全国的にのお天気ですね傘

外出される方、レッスンに来られる方は足元にお気をつけ下さい!

 

 

さて昨日に引き続き、5月に「課題曲提出」に取り組んでもらった福岡本校の生徒さんの中から、課題提出後に書いていただいた感想文をご紹介しています!

 

課題曲はリンダ・ロンシュタットの『It's So Easy』です流れ星

 

 

今回はお二人グッド! みなさんぜひご覧下さい!

 

 

 

 

笹田純冬さん

 

 

この曲を初めて聞いたとき、ポップでリズムが覚えやすく、簡単な英語で何回でも

聴いていられる曲だと思いました。

また、ロックンロールはまだ分析した事がなかったので、とても勉強になりました。

3つのコードで曲を成り立たせられていて、サビとAメロの区別をしっかりつけられて

いるのがすごいと思いました。

歌い方にも特徴を入れる事で、ラスト6回同じフレーズを繰り返しても飽きない事に

繋がっているのかなと思いました。

「Yeah」「Ohhh」という言葉が入っていることで歌う時に、声色を変えて歌ってみたり

と色んな表現の仕方が出来て、歌っていて楽しかったです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

八尋美琴さん

 

 

今回の課題曲提出を終えて、分析で構成をはっきり把握できなかったところが

反省点だなと思いました。

歌詞・メロディー・コードの繰り返しが多いのに、しつこくなく覚えやすいところが

すごく勉強になりました。また、アーティストの時代背景では曲だけでなく、その

人の経歴なども知れたので、さらに興味が深まりました。今後他の曲を分析す

るときもアーティストの時代背景を調べてみようと思います。録音では2回目の

「fallin love」の所の声の出し方が難しかったですが自分の声の表現が増えたと

思うので、これからオリジナル曲を作る時や歌う時に活かしたいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

笹田さん、八尋さん、ありがとうございました!

 

昨日のブログでもお伝えした通り、「楽曲がどのような構成で作られているのか」「楽曲により合った歌声を出すにはどうしたらいいのか」など、総合的に曲を分析し自分のスキルアップに繋げていくのがこの「課題曲提出」ですOK

 

 

今後も定期的に取り組んでもらう予定ですので、みなさん頑張っていきましょう!ハート