北風と太陽

テーマ:
道を進む、ある旅人がいました。

その旅人を眺めていた太陽と北風が、戯れに

「あの旅人が着ているコートをどちらが脱がせる事ができるか競争しようよ」

「いいよ。そんなの簡単さ」

すると北風さんは

「あんなコート一枚くらい、すぐに吹き飛ばしてやる!」

と旅人めがけて強風を吹き付けました。

すると突然の強風に驚いた旅人は、コートを飛ばされまいと、きつくコートを寄せて飛ばされないように着込みました。

「なかなか、飛ばないな。よし、もっと強い風を吹き付けてやる!」


しかし、強い風を吹き付ければ吹き付けるほど、旅人は固くコートを手繰り寄せ、飛ばされないように風に向かっていきます。


すると太陽は

「あはは、なかなかコートを脱がないね。じゃあ今度は僕の番だ」

太陽はサンサンと日光を旅人の周囲に照らしました。

すると先程まで強風が吹き荒れていたのが嘘のように晴れて、気温はどんどん上がっていきました。

「こんな陽気に暑くなってきたんじゃ、汗をかいてたまらない。コートは着ていられないや」

とコートを脱いでしまいました。




北風と太陽です。

北風はコートを吹き飛ばしてやろうと、旅人の事を考えずに直接、コートを対象としてアプローチをしています。

一方、太陽はコートを脱がすために、コートを着ている旅人にアプローチして自ら脱ぐように仕向けています。

もしかしたら北風もコートを吹き飛ばせたかもしれません。
しかし、仮に吹き飛ばしたにしても、おそらく旅人は飛んで行ったコートを拾って、また固く着込んだ事でしょう。

一方太陽の場合は暑いから、もう一度着込むなんて考えられません。




これぞ目的を果たすためのアプローチです。

直接アプローチするのは簡単です。
表面の問題に対して表面の解決策を提示することは行わなければなりませんが、それだけに終わってしまっても、根本が解決していません。

またすぐに元に戻る事でしょう。

現在起きている事象の根源は何か?
これを探り、解決策のアプローチを講じていくことが、本当の解決となります。



先ほどの北風と太陽でも然り。

人間に起こる問題の大半は人間の心理に帰することがほとんどです。
大半というより全てと言っても過言ではないかもしれません。

解決の第一歩は表面を認識する事ではなく、個人によって異なる深層心理をまずは把握すること。

そこからアプローチが始まるのです。






相手を知るという事は己を知るという事。
己を知るという事は、相手を知るという事。


相手を知るという事は「聞く」ということ
相手の心を話してもらって「聞く」ということ

話してから聞くのではなく、聞いてから話す





相手は話していくうちに、こちらが話をしなくても、自らの内なる声に自然と教えられたりするものです。

そうなれば事は成った様なもの




敵を知り己を知れば百戦して危うからず



クレイジーガール

テーマ:
新卒入社で福徳不動産に勤めていて、そこから全く違う道である医学の道に進んだ女性元社員と同期生と6年ぶりの再会を果たしました。

そのキッカケもすごく偶然なんですが、公園でバッタリと6年ぶりに会いました!

お互いに

「え〜〜!!めっちゃ、久しぶりー!!」
「何してんのー!!」

という、まさか会うとは思っていなかったので本当にビックリしました(^-^;




聞けばウチを辞めてから約6年間専門学校に通い、国立の医学部を目指したものの、合格できなかったところに、ヨーロッパのハンガリーにある医学部を受けてみたら合格して6月からハンガリーの大学に行くとの事でした。

私  「えっ!ハンガリー??  何で??」

「たまたま、見つけて申し込み期間ギリギリだったから、急いで応募して試験受けたら受かったんですよ」

私   「そもそもハンガリー語とか英語とか分かってるの??」

「ハンガリー語は一切わからないし、英語も半分くらいしか分からないんですけど、受かったし、もうやるしかないんで行ってきます  笑」

私   「でもそれ、何年ハンガリーの大学に通うの??」

「7年です笑笑」

私  「マジで!?   相変わらずぶっ飛んでるねー!」

「ふふふ笑笑」


一年目の時からぶっ飛んでて、情熱に溢れていたので、よく店舗でもケンカしたりするものの、営業している時はとことんお客様と話をして関係性を築いて成績を上げていました。

しかし、やると決めたら絶対に曲げずにいつも貫き通していました。
正直、不動産から医学の道に進むと聞いた時も、いくらなんでもこれから高校生と混じって勉強して、しかも医学部を目指すなんて、不可能でしょ。
たぶん2、3年もすれば諦めて帰ってくるかな。と思っていました。

それでも6年間諦めずにチャレンジし続けて、今回のハンガリー行きを手にしたというのは、僕も彼女の信念の強さに改めて脱帽と尊敬の念も抱きました。



そんな子でしたから、こんな信じられない事にチャレンジするも聞いても、相変わらずだなぁ。と妙に納得してしまいました。


6月に出発するとのこのでしたので、久しぶりにその子の同期も集合して食事会を開催




みんな入社10年目。
私が福徳不動産で初めて新卒採用で入社した子達です。
私にとってはとても思入れや感慨深いですね(^○^)

なんかまだ面接した時の大学生のイメージが残ってて、もう30オーバーというのが信じられないです(@_@)

1人はハンガリーに飛び立ちますが、みんなそれぞれどんな風に成長していくのか楽しみです☆




一見、無謀とも言えるチャレンジをするのですから、その環境に身を置くならクレバーなクレイジーであれ。
周囲から見たらクレイジーな事でも、自分の中では至極当然のことであれば、「信念、岩をも通す」







しばらくしたら、私もハンガリーに遊びに行こうかなぁ(o^^o)


先日のNHKの特集でノーベル化学賞を2002年に受賞した田中耕一さんにスポットを当てた番組を見ました。

田中さんが気になった方はコチラ↓↓↓
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/田中耕一



「偶然とは強い意志がもたらす必然である」

というテーマを基に博士でも学者でも無い、一人のサラリーマン研究者であった田中さんが、ある日、実験のミスから偶然タンパク質の分析方法を発見し、ノーベル賞を受賞する。

それまで全く注目すらされておらず、また発見しただけの功績で思いがけないノーベル賞という大きな受賞の重圧と世間の注目に悩む16年の日々。

ノーベル賞の功績によって会社から予算をもらい、ノーベル賞を払拭するかのように新たに、血液一滴から病気の診断を行う研究に没頭する。

しかし壁が厚く、くじけそうになるが研究のアイデアを求め海外を飛び回り、ノーベル受賞者でありながら大学生の研究にまで耳を傾けて、チームを作り、世界初の血液からアルツハイマー病の診断法を発見し、再度世界から注目を集める。

というものでした。

田中さんからしたら偶然のノーベル賞が重く肩にのしかかり、引き下がれないからこそ、膨大な研究の末にアルツハイマー病の血液診断法の発見までたどり着いた強い意思と、途方もない根気の結晶が生まれた覚悟した者の素晴らしい実績だと思います。




以上の話は本当に聴き心地の良い、苦労からのサクセスストーリーだと思いますが、世の中は残酷な事に全ての人がハリウッド映画やドラマのように苦労すれば必ず成功するというモノでも無いと思います。

田中さんよりも以前に同じ研究をして、発見に至らなかった研究者、研究時間は膨大にあるはずです。
その方達は非常に残念な事に、発見という成功には至れなかった。

これもまた世の中の事実だと思います。


違いは何か?というと悲しいかな「運」も現実にはあると思います。
でもそれを言ってはおしまいですし、別で運について書きたいなと思います。

もう一つも悲しいかもしれませんが「センス」「才能」という類のものです。

自分の進む道に合致するセンスが乏しいと、成功できない訳ではなく、成功まで時間がかかるという事があると思います。
極端な話、死ぬ直前まで時間がかかってしまうかもしれません。

センスのある方は悔しいけど、サッとできてしまいます。

そしてそのセンスがあるか無いかは、絶対にやってみないと分かることはできません。
時々いる仕事をやってもないのに、最初からセンスが無いと決めつけて、取り掛からない人。
短期間しかしてないのに一つ壁に当たったからといってセンスが無いと決めつける人。

この人はそもそも成功するセンスがありません。
物事を工夫するセンスもありません。

成功するセンスや工夫するセンスが無い人は、自分にとって経験機会はあるものの、成長機会の無い居心地の良い所で漫然と過ごして終わり。
というパターンです。

それも本人が納得しているのなら良いのですが、周囲に良くない影響を与えていたらナンセンスですね(^_^;)



かと言ってセンスがあってもすぐに成功する訳でも、必ず成功する訳でもありません。
ある程度自分が納得するまでやってみて、方向を修正する事に自分が納得していたら、それは失敗ではなく、成功する途中という事です。

その強い意志があれば、ある日偶然、訪れる成功は必然になる。

という事なんでしょうね。





ただ、努力しても必ず成功する訳ではないから人生は難しく、残酷で、現実があるものの、面白く、意味があるんですよね( ^ω^ )

常識の囚人

テーマ:
ここ最近、ブログが近況報告的なものが多かったので、元来の私の考えや経営に関することについて書こうかなと思います^_^

今回は「自分の進む道の決め方」について

このテーマについては色んな角度から、考えを巡らすことができますが、今回は何が常識か??という観点から見てみようと思います。


進むべき道を考えるという事は、見方を変えれば、どうしようかなぁ?と迷い考える側面もあると思います。

そんな時は周囲の人の生き方を見たり、意見を聞いたり、憧れの人と同じ様な道を進みたい!と思ったり、、、色々です。

私が思うに自分が進む道に常識なんて関係無いと思います。

自分が納得していれば、人様の迷惑になる事以外はどんな道をどんな風に進んでも、立派な道の進み方です。


人間は人間が作り出した常識の囚人です。


例えばこの自分の進むべき道を決めるという行為さえ、自分が納得していれば自分ではなくて他人に決めてもらっても良いのです。

自分で決めるとなかなか上手くいかない。
自分で考えてもよく分からない。
自分が認める人に決めてもらう方が安心して納得できる。

という事であれば他人に決めてもらってもいいと思います。


常識的には、他人に決めてもらうなんて、なんだか情けない。

常識的には、他人に決めてもらうなんて本当にそれで納得できるのか。

常識的には、自分で決めてないから上手くいきっこない。


など、世間は言うかもしれませんけど、本人が納得しているのであれば、それが一番良い決め方だと思います。

そして、その後、自分で決めるタイミングが来たら、その時は自分で決めれば良いのです。

変に納得しないままに決めてしまう方が、よっぽど中途半端だと思います。


例えにあげましたが、自分で上手く決めれずに悩んでる人は本当に多いように感じます。

自分で決めれない事に更に悩んでみたり。

どのような事をどのようにするのかという方法はしっかりとした倫理観さえ、ちゃんと持ち合わせていれば全て最高の選択肢です。

自分が納得すれば良いのです。
そして納得の方法も常識無く、たくさんありますから、それも納得すれば良いと思います。




倫理観が欠けていると、ただのワガママな人になりますからそこはご注意を!ですけどね(^。^)

仕事参観!?

テーマ:
今日は福徳不動産の台湾出身社員のお父さんとお母さんが、日本旅行に合わせて長崎に来てくれまして、私も一年ぶりの再会となりました(^O^)

変わらないお父さんのファンキーさと、いつもキレイなお母さんで、私も久しぶりに会えてとても嬉しかったです😆

そしてお父さんからはお土産として、とってもキレイな烏龍茶のお椀を頂きました!





私はお茶が大好きなので、次回は烏龍茶を持ってきてくれるそうです(*^_^*)  笑

初めて会社にご両親が来てくれましたので、せっかくだからと、本社の娘の職場も見学してもらいました!

さながら子供の頃の授業参観みたいですね!!






社員のみんなが若くて、優しい人ばっかりだと喜んでくれました。

こうやってご両親にも安心してもらえるのは、とっても嬉しいですね😁✨





  私も今年も台湾に行きますが、早く行きたくなったなぁ〜〜( ^ω^ )☆