伏竜舎的博客(伏竜舎のブログ)
2017年10月29日(日)、六間道三国志祭に参加します


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-03-20 01:07:07

男たちの北関東三国志ツアー2日目

テーマ:三国志

2018年3月11日(日)

昨夜は深夜2時過ぎまで呑んでいた。8時起床。朝食を食べ、9時に宿舎を出る。

両神荘の隣にある神怡館へ行く。今回の三国志ツアーの最大の目標である。というのも、3月末で閉館してしまうからだ。

 

埼玉県と中国山西省が友好県省を締結、その10周年を記念して平成4年に開館した。とにかく大きい。バブルの匂いがプンプンする。

山西省の紹介や三国志の展示も多数。なんといっても山西省は関羽の出身地だ。

 

 

閉館したらこれらの収蔵品はどうなってしまうのだろう?

 

名残惜しいが記念撮影して退館。

 

さて、一行はこの後長瀞へ向かう。そこにはなんと赤壁がある。秩父赤壁だ。

 

 バーン!

 

 どうですかこの迫力!

本場中国の赤壁にスケールははるかに及ばないが、岩肌の質感が日本離れしている。大自然が作り出した見事な造形。ずっと見ていて飽きない。

 

夢中でシャッターを切る。感無量である。

 

続いて長瀞から徒歩で宝登山(ほうとうさん)神社へ。

 

 

赤兎馬を駆る関羽。どう見ても日本の武者だが、関羽だそうだ。

こちらは趙雲。阿斗さまもしっかり抱いていてよく出来ている。ちゃんと中国風だ。

時代は400年ほどさかのぼるが秦末の張良もいた。感動だ。

ウシスケさんの車で戻る。夕食は朝霞で。

 

夕食は朝霞駅前の「寿司 玄徳」。すごい名前だ。中はふつうの寿司店だが、名前が良い。値段も良心的で美味しかった。満足満足。

これで今回のツアー予定は終了。関東にこんなに三国志にちなんだ名勝があるとは思わなかった。とても貴重な体験だった。また企画したい。

ウシスケさんには本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 

 

2018-03-18 00:35:35

男たちの北関東三国志ツアー

テーマ:三国志

2018年3月10日(土)

北関東にある三国志にちなんだ名勝を男4人で巡ってきました。題して『男たちの北関東三国志ツアー』と勝手に命名。1泊2日の行程。参加者はウシスケさん、哲舟さん、伏竜舎、教団さん。

10:30 東武東上線若葉駅で集合。ウシスケさんの自家用車で出発。

最初の目的地は坂戸市にある聖天宮。道教のお宮だ。

とにかく大きい。埼玉県にこんなに大きな中国建築があることに驚いた。昭和56年から着工し平成7年に完成したというから15年かけて造った。すごい執念だ。

 

中華 孔明で昼食。良い名前だ。店内は普通の中華料理店。三国志らしさは何も無かった。

 

続いて向かったのは群馬県高崎市にある少林山達磨寺。その名のとおり、だるまで有名。ここの観音堂に関羽の木像が収められているという。

 ここが観音堂。

 

これが関羽像。なぜここになるのか、いつからあるのか、住職さんに聞いたところ、記録が残っていないため分からなかった。しかし相当古いもののようだ。髭はちょび髭(笑)。

 

渋川にある喫茶店で休憩。その名も「しょっかつ珈琲」!

諸葛珈琲じゃなくて「しょっかつ珈琲」という店名。三国志と関係ない?いやいや店内に入ってみると

三国志ありました、桃園の三兄弟。珈琲で桃園の誓い。

三国志愛があふれるマスターでした。

 

そして宿舎へ。泊まりは国民宿舎・両神荘。

赤兎馬で乾杯。酒盛りをして夜は更けていく。

つづく。

 

 

2017-11-13 15:23:39

第11回六間道三国志祭

テーマ:切り絵

もう1週間以上経ってしまいましたが、11月5日(日)に第11回六間道三国志祭にブース出展で参加してきました。毎年全国から三国志ファンが集まるイベントなので貴重な場です。台風の影響で1週間順延して開催となりましたが、晴天に恵まれ、たくさんの方々が来場しました。

↑新長田のゆるキャラ「孔明わん」と「関うーたん」

 

新商品・トートバッグを作りました。正史三国志・関羽伝を背景に関羽切り絵を乗せてデザインしました。これまでは紙の商品でしたが、バリエーションを増やしてみました。

 

1泊し、翌日も普段の新長田を散策。祭でなくでも三国の街なのです。

 

来年もいくぜ!

 

 

 

 

 

2017-09-05 00:46:36

激突 ルウム会戦

テーマ:ガンダム

 

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅴ 激突 ルウム会戦』を早速観てきました。ついにジオン公国は地球連邦政府に対し宣戦を布告、いわゆる一年戦争がはじまりました。ファーストガンダムの過去の歴史なので、出来事を知っているとはいえ、ついに始まったかという感慨深い思いがあります。

人類は宇宙(そら)をも戦場にしてしまい、コロニー落しという忌まわしい大事件を起こしてしまいます。テレビシリーズの冒頭で毎回流れていた部分が今回はっきりと描かれました。その破壊の臨場感は凄まじく、最新アニメーション映像の力をまざまざと見せつけられました。宇宙艦隊戦やモビルスーツの描写などもそうです。ファーストガンダムがそうだったように、何十年たっても観た人の記憶に残る名作だと思います。

 

http://www.gundam-the-origin.net/

 

 

2017-08-20 18:12:05

五稜郭TERAKOYA

テーマ:歴史

2017年8月19日(土)

レキシズルスペースで「五稜郭TERAKOYA」を観てきました。プレゼンターは榎本浩一氏。通称チャンプ。榎本氏の15回目のTERAKOYAです。すごいね15回って。

今回のTERAKOYAにはイラストを提供させていただきました。榎本釜次郎(武揚)の色々な表情と開陽丸を描きました。

五稜郭の誕生と榎本釜次郎の人生、オランダ製の軍艦・開陽丸と五稜郭の最期までが分かりやすくプレゼンされました。阿波沖海戦など私の知らない幕末の歴史を知ることができました。

 

プレゼンの後には榎本氏と記念撮影をしました。

イラストをとても上手く使ってくれて、たくさんの方に良かったと喜んでもらえて嬉しかったです。

 

ちなみに榎本チャンプと榎本武揚とは血縁関係は無いということです。念のため。
 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス