あきらめなければ 夢100%

あきらめなければ 夢100%

夢を持ち
生きることが志事

NEW !
テーマ:
今日は東京の二子玉川駅に併設されているライズ中央広場で、【まるごと広島博2018】が開催され、広島の各市町、団体、広島カープ、サンフレッチェの関係者、とにかく丸ごと広島が集まっている感じで、私もお手伝いに行ってきました。

東京でイベントをやると、こんなにも人が集まるのだなとびっくり。

私がプロデュースした【鉄人飴】も試食してもらいながら、それが結構好評で売って欲しいとの声まで出ていたそうです。

鉄人飴はまだ研究段階なので、値段がついていなく売ることができません。

手にできた方はラッキーとのことで(笑

さて、私が到着して1番に来てくれたのが永塚美紀ちゃん。彼女はトライアスロン界では国際審判を目指す昔から私の妹みたいな存在。

そして東京在住で世羅高校の先輩が、私にとても良い情報を届けにわざわざ来てくださいました。
新井先輩!本当にありがとうございます。

明日は皇居ランもしたいし…(笑

2泊3日の空白部分が全部埋まってしまいました(笑

明日、明後日も忙しくなるぞ〜

中島社長!色々とありがとうございました。






NEW !
テーマ:
昨日は忙しいフリをしてみました…
すると食事ができないほど本当に忙しかった(笑
リハビリ&トレーニング後、竹原市、三原市、尾道市で会合。
帰宅は20時を過ぎましたが、良いファスティングになったのでこれもよし!

移動中は鉄人飴を舐めて体内活性化!
最終的にオギロパンによって食事ができました(^^)v




そうそう今、東京へ向かってます。
双子玉川で開催されている『まるごと広島博2018』で、この【鉄人飴】がお買い物1000円以上の方へ私からのプレゼントとしてデビューです。
鉄人飴はまだ研究途中なので、ご意見を頂きたい。

お近くの方は是非いらしてくださいね!

イベント名称:まるごとHIROSHIMA博2018 ~ひろしまファミリーパーク~
日時:2018年11月17日(土)~18日(日)
   11:00~17:00
場所:二子玉川ライズ中央広場
   〒158-0094 東京都世田谷区玉川
   2丁目21-1
   TEL :03-3709-9109

公式ホームページ
↓ こちらがアドレスになります ↓
https://www.chugoku-np.co.jp/Ad/hiroshima-haku/



テーマ:
11月15日(木曜日)

【あきらめなければ夢100% Tシャツ】
                  完成しました!

XS〜XLまで少しずつなので超早い者勝ちといたします。
様々な場所でマインドを大切にできる【夢100%タオル】もございますが、講演会等で販売しており限りがあり、併せてお知らせします。

●必要な方はコメントか、HP・Facebookでご連絡ください。

売り切れの場合でも待てる方は、1ヵ月少々かかりますが増産します。



テーマ:

教育現場へ行く事が多くなりました。

青春真っ只中の子供たちは、同じ話をしてもそれぞれ捉え方があります。

読んでみて下さい。


母親から言われた言葉です。

私がある病気で命を取り留めた時、『哲郎は生かされているの!その使命を見つけるために生きなさい。』


その時はピンときませんでしたが、私は今の活動が使命ではないかと思っています。


全国の子どもたち、そして大人たちへ伝えさせてください。










テーマ:

私の父はS19年生まれで、鹿児島から広島県三原市の三菱へ入社後、結婚しても鹿児島県知覧町の本籍は変えなかった。だから私もずっと同じだったが、結婚後は三原市の実家へ移した。

親父のお父さん、いわゆる私の祖父にあたる人は、知覧特攻基地で亡くなられた事は母から聞いていた。
親父は直接その事も、戦争の事も語ろうとしない。

親父は戦争で両親を失い、親戚の家で育った。
色んな事を我慢し、強く生きてきた事は息子の私にも感じる。
息子の私が言うのはおかしいかもしれないが、ハンサムで頭も良く穏やかで、敵などいないような人だが、ふとした時に寂しさの様な影を感じる事があった。

親父の小学生の頃の日記を読んだ事がある。私の小学生の頃とは、将来への想いの強さは桁外れだった事を覚えている。

今、私は『いのち』について語らせて貰う機会が増え、大切な友人からも言われていたのだが、行かなければと悟っていたため、シーズン終了と共にその足で行った。

建物へ入ってすぐ、胸が詰まるようだった。

命の根源がここにはある。
この事は記しても伝わらない…
行けば感じます。

特に命に関わる事をしている人。
経営者、指導者は行ってください。






写真・親父が大切にしている会う事なく亡くなった父親の遺影



テーマ:

特徴ある名前の学校ですが、元福山女子高等学校が前身の私立学校です。
今回は中学高校生の保護者会での講演会を引き受けました。

もともと女子高校だったこともあり、今もどことなく、おしとやかなおしゃれな学校でした。

今回は生徒ではなかったので、終わってからクラブ活動に励む生徒たちの人なつっこさなど、とても感じの良い生徒さん達だなと思ってたら、福元さんの講演会、聴いたことがある!と三原市内から通う高校生がいました。

このようなケースがどんどん増えている事は、少しずつですが長く継続している自分の歴史を感じます。

目指す子供たちの未来のために
まだまだ頑張ろう(^_^)v








テーマ:
『私をスイスに連れてって…』

どこかできくフレーズだが、妻が私が昔、世界で5位になれた思い出の地だから行きたい!と言いだしたので、今シーズンは修行のシーズンと位置づけていたのですが、上方修正し後半戦に臨みました。
努力しましたが、ダメでした…

元気にスタート地点に立つこと自体が、我々の年代になると難しくなることも痛感しています。
いろいろな痛みや怪我を抱えている選手たちは多い。私も同じく足の調子を崩し、今朝まで妻のケアを受けて、痛み止めを使い臨みました。

ランで痛め直すとゴールできなくなる事は分かるため、柔らかい接地で走る感覚でしたが、強者ぞろいの私の年代はそんなものは通用しませんでした。

今シーズンは自分なりに修行の場として臨んできました。良い思いはもちろんできませんが、こうした仲間たちとのつながりと言うのは、歳を重ねる事が良い味になっているのかなと感じます。

集合写真を撮るとき、『テツローさん真ん中へ!』と言ってくれる年下のトライアスリートたちが、愉快でかわいい感覚になっています。

同時に私らしく競技を続ける事で、彼ら彼女らの何か支えになってもらえたらとも思えるのです。

だから来年、今シーズンの経験から成長できた福元テツローのアイデンティティーを確立したいと思います。

今回、第1回日本エイジグループ選手権として開催されました。
こんな素晴らしい大会になるなんて…日本トライアスロン連合、そして宮崎市の強力なアイディアとご協力に感謝いたします。

トライアスリートの皆さん
避けられる怪我は絶対避けて下さい。
そして、シーズン最後は絶対ここにくるべきです!

最後に多くの人に出会え、そして支えられシーズンを送ることができました。
今の自分がいるのは皆様のおかげです。
本当に有り難うございました。
そして、近くで支え続けてくれる由美子にもこの場をお借りし伝えさせてもらいます。

『本当にありがとう』

トライアスロンは素晴らしい
また来年会いましょう

結果
第1回日本エイジグループ選手権宮崎大会
年代別5位
総合24位

写真/福元由美子
写真提供(一部)/野中勝彦