復元屋プロジェクト by 株式会社アカイタイル WEBLOG

復元屋プロジェクト by 株式会社アカイタイル WEBLOG

焼き物の街、愛知県常滑市にて大正十四年創業の株式会社アカイタイルが長い歴史の中で培った高い技術力と実績を武器に、歴史的建造物・各地域のランドマークを中心に、復元を通じて未来へ想いを継承していきます。


テーマ:

国の重要文化財に指定されている東京の「築地本願寺」のタイル復元に弊社が関わらせて頂きましたので、復元工事が終わった現地を確認してきました。

復元したタイルは、待合室の腰壁全体にに使われています。

タイルは、施釉品で二丁掛と見切りのボーダータイルの2種類が使われており、その両方を復元しましたが、既存タイルと復元タイルを、はっきりと見分けることはできませんでした。(全て復元タイルの可能性もありますが…)

縦横斜めに櫛目が入った特殊面状で、釉薬も焦げたような色むらがあり、歴史を感じる味わい深いタイルです。

 

製作では、この焦げたような色むらを出すことに苦労をしており、全数1枚ずつ手作業で釉薬を塗布して元の風合いを再現しました。

 

県や市町村を含め、色々な文化財に使われているタイルの相談を頂きますが、どの物件も「可能な限りオリジナルに近付けたい。」とのご要望が強く、見本焼を何度も繰り返すことも間々ありますが、やはり実際に施工されて良い仕上がりになっていると職人の苦労も報われます。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス