流れて行く時間。

今の「私」は、連綿とした過去の「今」「今」「今」の積み重ねで創られたものですし、

将来の私も、この瞬間の「今」から、「今」「今」「今」を連綿と積み重ねて創られていく。

 

「生きる」とは、「今」の積み重ねによる、私の「時間」です。

 

二度とない私の人生は、一瞬一瞬の「今」という時間をどう過ごして行くか、で

その重みや質が変わって行くのだな、と思います。

 

「『今』を最高のものにしよう、と常に思って行動すると良い。」

私淑している先生は、よくこうおっしゃいます。

 

いつもいつも、「自分にとって最高の今」を積み重ねて過ごせば、

「最高なものにしなければならない時」は要りません。

 

ベストを尽くすべき、

「ここぞ!」という、クライミングでのトライの時も、

 

お茶碗を洗っている時や、

掃除をしている時や、

歯を磨いている時と同様の「今」と同じ心持ちで良い。

 

つまり、平常心で良いのです。


先日、移動の車の中のラジオで、書道家の武田双雲さんが、

「いつでもどこでも、滅茶苦茶感謝するようにしています。

そうすると、感謝することが普通になるから、書を書く時もその気持ちで書ける。」

という内容のことをお話ししておられました。

「あ!」と思いました。

 

「今」を最高のものに!

気付くと忘れ果てている自分が居ますが(笑)