もともと猫を飼っていて子猫を拾って新しく飼う時は注意してね | 人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店


テーマ:

こんにちは。
人間より動物好きの獣医

シワ神シワ男です。

 

 

この時期、子猫を拾う方が

いらっしゃると思います。

 

 

当院でも「子猫拾ったんだけど」

って来院される方も増えてる。

 

 

風邪ひいてたり、ボロボロになって

たりして見兼ねて拾っちゃう方も

いるね。

 

 

その方が猫を飼っていない方なら

いいんだけど、

 

 

もともと猫を飼ってて拾っちゃう

方も多いよね。

 

 

猫飼ってる方は猫好きな方だから

子猫が風邪ひいてボロボロに

なってたら見るに見兼ねちゃうね。

 

 

拾うのはいいけど、拾った後

もともといる猫といきなりの

接触はしないでね。

 

 

子猫が風邪ひいてたら風邪が移る

ぐらいなら死なないけど

 

 

移ったら死んじゃうような病気を

持ってる時もあるんだ。

 

 

先日も子猫を拾って治療して

ウイルス検査をしたら猫白血病

ウイルスに感染してて、

 

 

もうもともと飼ってること

一緒にしてしまっていて

 

 

もともと飼ってる子を調べたら

猫白血病ウイルスが移って

しまってた。

 

 

移っちゃったらどうにもならない

感染したばっかりだったら

治療すると体から白血病ウイルスが

 

 

いなくなることもあるけど

それは運がいいときだけ

 

 

普通は移っちゃうとどうにも

ならないし、治してあげることも

できない。

 

 

猫白血病ウイルスが発症したら

亡くなっちゃうことがほとんど。

 

 

特に幼猫が発症しちゃうと

助けることは難しい。

 

 

そうなっちゃうとせっかく

見るに見兼ねて助けてあげようと

思って拾ったのに

 

 

拾った猫ももともといた猫も

亡くなってしまったということも

あった。

 

 

もともと猫を飼ってて、見るに

見兼ねて子猫を拾った場合は

絶対に獣医が接触していいって

 

 

言うまで一緒にはしないように

してね。

 

 

それがもともと飼ってた子の為

でもあり、拾った猫の為でも

あるから。

 

 

 

~猫に関する記事~

 

 

 

~人気記事ランクイン記事~

 

 

●自分が所属しているペットの健康を守る会の有志の先生方と本を書きました。

現在、猫の飼い方の本はAmazomでは購入できないようなので、

私にご連絡いただければ、若干在庫がありますので、販売することができます。
LINE@、コメント欄にご連絡ください。

 

 

レ点毎日更新していきますので、是非フォローをお願いします

 

LINE@やってます。

ブログでは言えないような

ことも発信してま~す。

友達登録をお願いします。

  友だち追加数