2018年9月24日(月)午前8時〜午後3時

神戸中心部に引っ越してから、釣り場所に困っています。近くですぐに通えて場所も空いててそれなりに練習になるホームグラウンドを探しています。
けっこう高い家賃を払っているのに、釣りの利便性とはやっぱり全然関係ないですね。

この日は朝4時に起きて南芦屋浜に行きましたが、台風21号被害でフェンスが折れ曲がって立入禁止。
家族連れの人たちが北側水道に集まっていて、入る隙間もありません。

仕方なく少し足を伸ばして尼崎方面に。
阪神高速を使うとかなりの出費ですが、家から片道25キロはぎり許容範囲かなと。

釣れてるフェニックスもありだったんですが、初場所を求めていたので武庫川渡船さんで一文字に。
ここでも駐車料金が発生し、この時点でホームグラウンド候補からは外れましたが。


船は30分に一本は出ていて、ジギングとノマセの人たちが相当数渡っていましたが、内向きはほぼ貸し切り状態で、大型船が係留されている4番付近に入りました。

この日の配合は無難なものです。
(ダンゴ配合)
ヌカ4,200cc、硅砂7号1,500cc、サナギ300cc、押麦300cc、激荒300cc、アミエビ600cc

船頭さんによると竿2本ぐらい先まで敷石が入ってて、その先は2mほど落ち込んでいるとのこと。
敷石といっても砂に埋もれているのか、根掛かりはほとんどありません。

とりあえず無難に敷石の少し先を丁寧に攻めてみますが全く魚っ気なし。
そのうちすぐに上潮が飛び始めて、流すたびにアジかサバが掛かってきます。

あまりにラインメンディングがしんどいので、足下付近にポイントを絞ります。

すると、アジとサバ以外に、ハゲか何かエサ取りがいる感じです。
生オキアミではエサが持たないので、魚玉ハードとコーンをローテしながら様子を見ます。

少し上潮が緩んだ午前11時前後、アジと変わらないアタリでウキが消し込みます。

良型のアイゴかと思うぐらい左手前にしつこく全力で突っ込んでくるので、ひさびさにレバーブレーキと膝を使いながら浮かせてきたのは、ノッコミ以来の大型本命。
後ろで青物やってた方に玉網を持ってきていただき、何とかネットインできました。


今年はほとんどボウズだったので嬉しかったのですが、一枚では評価も反省もできないので、もう少し頑張ってみます。

でも本当に出会い頭だったのか、そこからはまたアジとサバしか当たらず、午後3時にはダンゴ材がなくなって納竿しました。

帰りの船待ちで落とし込みの常連さんと話しましたが、この日は全然ダメだったみたいで、いい日はもっと釣れるとのことでした。
別な日にまたやってみないと何とも言えないですね。

でも、ボウズの確率の低さでいうと、大阪湾と淡路島とは天と地ほどの差がある気がします。
淡路島中心部まで片道50キロ。通行料とガソリン代で往復4,000円はかかるので、1人ではなかなか行くことができずに悶々としています。

まあ、しばらくは練習と思い、神戸港〜大阪湾で色々やってみようと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。