この指とまれ

この指とまれ

日常の出来事、思ったことのあれやこれやを、綴っていきたいと思います。

今年の初めに母の住民票を私のところに移したが、
その直前か直後に母が医療にかかっていたらしく、
その医療給付のことで暑い中手続きしてきた。

 

まず7月に前自治体から、医療給付を今月中に返還するよう
通知が来た。それで暑い中郵便局で振り込んだ。

 

しばらくして、封印された診療報酬明細書と、
これを絶対に開封しないで、振り込みの領収書とともに
今の自治体に申請するようにとの通知が来た。
それで新しい自治体から、返還した医療給付が支給されるとのこと。

 

しかしその頃は猛暑に台風でなかなか市役所に行けず
今日やっと行ってきた。

 

これまた証明書やら書類への記入やらあり、
実際に給付されるのは審査を経て約4ヶ月後とのこと。

 

やれやれ!

 

こういったことを経験すると、医療費還付金詐欺とやらが
いかにいい加減かがよくわかる。
電話一本ですべて済ませたりATMに誘導するというのは
あり得ない。
何しろこちらからあれこれの書類を持って市役所に行って、
いろいろ記入したりするのだから。
しかも実際に振り込まれるのは数ヶ月先。

 

面倒な手続きやローテクは詐欺防止には役に立つのかな。

 

ここ数日「崎陽軒」がトレンドとして上位に上がっている。
何事かと思ったら、N国がらみでとんだとばっちりを受けている。

 

事の発端は「東京MX」というローカル局の
「五時に夢中」という番組で、マツコ・デラックスが
「NHKから国民を守る党」について
「ただの気持ち悪い人たち」
「ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろうな」などと発言。

 

これに立花氏は激怒。
マツコが謝罪するまで、毎日スタジオに押しかけるのだとか。
また番組スポンサーの一つである崎陽軒不買を呼びかけた。
マツコの発言は置いといて、崎陽軒は関係ないでしょう!

 

崎陽軒というのは、横浜にあるシウマイの老舗で、
南関東ではシウマイ弁当は駅弁の定番のようなもの。
故・歌丸師匠の大好物でもある。
当然、神奈川県民から総スカン。
他からも批判を浴び、逆にシウマイ弁当が売れるという、
なんともわかりやすい現象が起きている。

 

いくら批判されて頭にきたからって、やり方がまずいよ。
さて、暑さが収まったら崎陽軒のシウマイ買いに行こーっと!

 

原宿に「タピオカランド」なるものができて
女の子が殺到しているとのこと。

 

そのタピオカランド、入場料が1200円。
ドリンク代は別。
中の店は4店舗だけで持ち帰り禁止。
再入場禁止。
初日はなんとトイレ無しだったそうな。
二日目からはトイレを使えるようにはなったが
使用前にスタッフに声をかけること。

 

なんだそうな。びっくり

 

何でまたトイレ無しに・・・と思ったら、
なんでも、インスタ映え狙いで、せっかく買ったタピオカの
写真を撮ったらそれを飲まずにトイレに流したり、
道に捨てるウマシカが多いそうで、そのための対策なんだとか。
確かにタピオカをトイレに流したらトイレが詰まってしまうし
道に捨てられたら、その後始末が大変なことになる。

写真を撮るのは勝手だが、その後のことは自分でどうにか
するべきだろう。道に捨てたりトイレに流して詰まらせるなど
とんでもないことだ。

 

そこまでして「インスタ映え」とやらをしたいのだろうか。
モラルは一体どうなったのだろうか。

 

それに、たった4店舗のために1200円ねぇ・・
原宿なら、ちょっと歩けばタピオカ出してる店なんて
いくらでもあるだろうに。

 

今日のNHK朝のドラマ「なつぞら」では
新婚の主人公夫妻が、現代風の描かれ方になっていた。

 

妻は仕事を続け、失業中の夫が家事一切を引き受ける。
妻は職場では旧姓を使用。
同僚は大きなおなかを抱えて仕事している。

 

これらは、昭和42年頃はほとんどあり得ない話と言っていい。

 

当時は女性は結婚したら仕事を辞める。
仕事を続けていたとしても(妊娠したらやめることになるが)
名前は新しい名前で呼ぶ。
例え失業中であっても、夫は家事をほとんどやらない。

 

例外はあったかもしれないが、ほとんどこうだった。

現代受けするようにしたのだろうが、時代考証として
いいのかなぁ・・・

 

ここのところの猛暑でしばらくカー○スをサボっていた。

 

今日はダンナがだいぶ前に予約していた病院の診察に
午前中に行くとのこと。
その病院はカー○スの近くなので、それに便乗して一緒に行って、
昼食をそのあたりで食べることになった。

 

駅前で別れて久しぶりの運動。
その後の待ち合わせに一向に現れなかった。
おなかが空いたので、病院からの通り道にあるモ○バーガーに入り、
窓際の席で外を見ながら食べようとしていたら
ダンナが通ったので、慌てて店を出てモ○に誘導した。

 

何でも急患が二名続けて搬送されたため、
診察が予約時間よりも二時間も遅れたそうだ。
おそらく熱中症だろうとのこと。

その時間帯にはすでに35度ぐらいにはなっていただろう。
午前の二時間の間に二人のも患者が運ばれたのだから
午後はどうなることやら。

 

そういえばカー○スも混んでいた。
みんな特に暑い午後を避けるので午前が混むとのことだった。
考えることは皆一緒。

この暑さ、いつまで続くのかな・・・