福山市で屋根が何年もつのか気になる人に 年間500軒屋根診断する瓦屋

福山市で屋根が何年もつのか気になる人に 年間500軒屋根診断する瓦屋

ここは広島県福山市。明治30年から瓦を焼き、瓦を葺き、瓦を愛してきました。そして今・・・愛する瓦を受け継いでいきます!

こんにちは。

屋根の寿命を診断する
福山市の瓦屋 藤井製瓦工業
藤井孝浩です。
―――――――――――――――

 

ご近所の自転車屋さんが閉店した。

ご主人がご高齢で。

 

 

看板の撤去をお任せいただき、

道路に落ちそうな看板を撤去しました。

 

私が生まれたころからあった自転車屋さん。

 

初めて乗る自転車も

小学校の自転車も

中学校に通う自転車も

ここで買って、

パンク修理も何度もしてもらった。

 

おもいで深いお店。

ご主人とのおもいでも。

 

最近、こんなお店ってあるだろうか。

馴染みのお店、会社。

娘が大人になってもやっていて

ずっと覚えていそうなお店。

 

大型ショッピングセンター?

ファミレス?

コンビニ?

 

それじゃ、寂しい。

 

そう思うと、

なるべくお店の人とコミュニケーションできる

そんなお店を選んで通いたい。

 

 

わが社も、そんな会社になりたい。

 

 

創業明治30年 今年創業123年

葺き替え工事が得意な屋根工事の専門店

  こちら↓↓↓↓↓↓↓↓

藤井製瓦工業株式会社

  http://www.fujiiseikawara.co.jp/

  福山市御幸町下岩成1097

  地図はこちら→マップ
  電話:084-955-0108

  フリーダイヤル0120-85-0108

日曜・祝日もお気軽にお電話ください

 

 

こんにちは。

屋根の寿命を診断する
福山市の瓦屋 藤井製瓦工業
藤井孝浩です。
―――――――――――――――

コロナで外出したり買い物したりが

自由にできなくなる前の事。

 

近所のスーパー、エブリイのレジに並んでいると

気になるものが目に入ってきた。

 

なに?青じそやきそばって。

 

 

なに?スカルプDやきそばって?

 

 

こんなの売れるんだろうか?

 

どんな人が買うんだろうか?

 

 

たぶん

どんな味か、試しに買ってみよう。

とか

面白そうだからネタで買ってみよう。

 

なんてことかなって思った。

 

だって、

美味しそう!

って思って買わないでしょ

これ。

ふざけてるでしょ。

 

これぐらいわかりやすいと、

ちょっと買ってみようかなって

思う。

 

買わなかったけど。

 

 

雨漏りの調査でも

わかりやすい雨漏りと

わかりにくい雨漏りがある。

 

わかりやすい雨漏りは

瓦が割れてる!

とか

瓦がずれて下が見えてる

なんてこと。

 

逆にわかりにくい雨漏りは

どう見ても異常がない。

ここかもしれないけど

確証はない。

 

ってところを調査していく。

 

ここかもしれないってところは

過去の雨漏り事例から推測して

入念に調査する。

経験値が必要となる。

 

例えば

屋根裏にシミがあって、

どう見ても雨漏りしている。

 

屋根の上を見ると

特に異常はない。

 

でも雨漏りしている。

 

 

谷板金があり

材質は銅板。

銅板といえば、

昔は一生ものの耐久性と言われた高級材料

だったが、今では穴が開くという

悪いレッテルを貼られている材料。

 

ということは、

この谷に穴があるかもしれない

 

と推測して入念に調査する。

 

すると

 

 

やっぱり!

 

ありました。

 

 

見えますか?

樋のパイプから雨が落ちてくるところにある

小さい穴。

 

こんなの

多分ここかもしれないって

あたりを付けて調べないとわからないレベル。

 

こうやって

わかりにくい雨漏りは

過去の経験から推定して

多分ここだろうってところを入念に調査して

原因を発見する。

 

原因が発見できなくても

多分ここだろうって想定で

応急処置して様子を見る。

 

何事も経験が必要。

 

 

ということは、

こんなふざけたやきそばも食べてみて

経験値を積んでおかないと

あやしいやつを見つけられないかも。

 

今度みつけたら

買ってみよう。

 

 

創業明治30年 今年創業123年

葺き替え工事が得意な屋根工事の専門店

  こちら↓↓↓↓↓↓↓↓

藤井製瓦工業株式会社

  http://www.fujiiseikawara.co.jp/

  福山市御幸町下岩成1097

  地図はこちら→マップ
  電話:084-955-0108

  フリーダイヤル0120-85-0108

日曜・祝日もお気軽にお電話ください

 

こんにちは。

屋根の寿命を診断する
福山市の瓦屋 藤井製瓦工業
藤井孝浩です。
―――――――――――――――

GWガマンウイークも中間地点にきた。

そろそろ家にいるのも退屈に。

 

写真の整理をしていたら

うまそうな写真が出てきた。

 

下関に行った時の瓦そば

有名店の「たかせ」元祖瓦そば。

じつはお取り寄せもできる。

http://kawarasoba.shop-pro.jp/

 

自宅のホットプレートでお手軽に瓦そば

わが家でも何度かやったことがあるが

けっこううまい!

さっぱり感とパリパリ感が絶妙な茶そば。

 

もっと本格的に!

って方は、瓦そば用の瓦もお取り寄せ。

http://shopping.c-syoku.com/KAMEDANI/kamedani.html

 

 

藤井製瓦工業でも取り扱っているので

お近くの方は、会に来てください。

あ、瓦そばではなく、瓦そば用の瓦を(^-^)

 

 

瓦って耐久性が高いから

こういう使い方もできる。

 

この屋根は50年前に工事された屋根。

 

瓦の痛みはほとんどない。

が、

よく見るとセメントがはがれてきている。

 

他の個所を見ると、

すでに剥がれ落ちたところもある。

 

一度補修された形跡もある。

でもまた剥がれ落ちている。

 

瓦の耐久性=屋根の耐久性

ってわけじゃない。

 

瓦の耐久性>屋根の耐久性

って感じかな。

 

屋根は

・屋根材(瓦とか金属とかスレートとか)

・留めている釘やビス

・防水シート(ルーフィングなど)

・漆喰や桟木

などで構成される。

 

なので瓦だけが耐久性高くても

屋根全体が長持ちするとは限らない。

 

だから、

屋根材以外の材料をいいものを使うかどうか

工事する職人さんの技術がいいかどうか

技術だけでなく丁寧に工事するかどうか

20年、30年後にどう変化していくか

 

大事な要素がいっぱいある。

 

ノーメンテナンスってわけにはいかないけど

30年間点検のみ、50年間点検のみ

50年目に補修工事

なんていうサイクルが理想的だなと思う。

 

屋根調査をしていると

経年変化(・・・劣化や風化、古美た感じも)

を観察できるので、結構楽しい。

 

雨漏りや損傷を見つけると

悲しい気持ちになっちゃうけど。

 

 

創業明治30年 今年創業123年

葺き替え工事が得意な屋根工事の専門店

  こちら↓↓↓↓↓↓↓↓

藤井製瓦工業株式会社

  http://www.fujiiseikawara.co.jp/

  福山市御幸町下岩成1097

  地図はこちら→マップ
  電話:084-955-0108

  フリーダイヤル0120-85-0108

日曜・祝日もお気軽にお電話ください

 

こんにちは。

屋根の寿命を診断する
福山市の瓦屋 藤井製瓦工業
藤井孝浩です。
―――――――――――――――

5月に入ってます。

いきなり昨日は寝汗かくぐらい暑くなった。

 

現地調査で鞆の浦に行ったが!

いつもなら観光客でにぎわっている鞆の常夜灯も

コロナ感染対策自粛でだれもいない。

 

 

写真撮るには最高だけど

写真撮りに来るのもやめた方がいいよね。

 

写真撮影といえば

スマホの写真機能がとっても便利になってて

広角撮影がすごい。

 

足場の上から屋根を撮ると

全体が移る。

感動。

 

これで進み具合を撮り続けたら楽しそう。

 

スマホカメラでいつも撮らないところを

撮ってみると面白いかもしれない。

パノラマ撮影とかも。

 

GWがまんウィークの外出制限で

たっぷり時間があると思うのでいろいろやってみよう。

 

ちっちゃい楽しみ

 

創業明治30年 今年創業123年

葺き替え工事が得意な屋根工事の専門店

  こちら↓↓↓↓↓↓↓↓

藤井製瓦工業株式会社

  http://www.fujiiseikawara.co.jp/

  福山市御幸町下岩成1097

  地図はこちら→マップ
  電話:084-955-0108

  フリーダイヤル0120-85-0108

日曜・祝日もお気軽にお電話ください

 

こんにちは。

屋根の寿命を診断する
福山市の瓦屋 藤井製瓦工業
藤井孝浩です。
―――――――――――――――

今年の年始も全体研修会からスタート。

って、もう今週で2月も終わりだ!

 

2か月の間にもいろんなニュースがあった。

 

やはり、新型コロナウィルス!

感染の拡大も心配だが、経済の停滞も心配。

 

仕事では、瀬戸内ドローン推進協議会に参画。

新たにドローン2号機も導入!

どんどん屋根点検を手軽にしていきます!

 

そして、面白い屋根工事に携わることができた!

あの隈研吾さん設計の瓦工事をさせて頂いた。

新国立競技場のデザインで話題の隈研吾さん!

詳しくはまだ公表できないが、興奮した!!

 

現場でお会いすることもでき、

思い切って「写真おねがいします」と(^-^;

 

大規模建築にうまく木材を取り入れた特徴。

 

実は2007年に音戸市民センターの工事以来、

13年ぶりの隈研吾さん設計のお仕事。

 

完成は今年3月末なので、

完成したら写真も公開できると思います。

 

有名な建築家に

「瓦」という素材を取り入れて活用して頂けると

「瓦」の新たな可能性が広がる。

 

伝統的な素材「瓦」だが

まだまだ未来への可能性はたくさんある。

 

「木」「土」「瓦」など

伝統的な日本建築素材が

日本の文化を継承していく。

 

創業明治30年 今年創業123年

葺き替え工事が得意な屋根工事の専門店

  こちら↓↓↓↓↓↓↓↓

藤井製瓦工業株式会社

  http://www.fujiiseikawara.co.jp/

  福山市御幸町下岩成1097

  地図はこちら→マップ
  電話:084-955-0108

  フリーダイヤル0120-85-0108

日曜・祝日もお気軽にお電話ください