さーて、いよいよ梅雨入りが近づいています。

 

紫陽花の季節だ、ってかぁ。。。↓

 

 

色々書こうと思っていましたが、今日はもう疲れた。

 

なので、記事らしい記事ではないから、

 

あなた!!!ねぇ、ここでここを離れて、他を探した方が収穫あるよ。じゃぁねぇ。。。

 

 

日大アメリカンフットボールのことや、キラウエアの噴火のことや、

 

北朝鮮とアメリカの首脳会談のことや、鶴竜のことや、オータニさんのことや、

 

仕事の事や、私のメニエール病の事や、、、、、

 

あ、そうだ、それだ。

 

メニエールがどうも完治しないので、仕事休んで病院にまた行きました。

 

行ったのは、「脳神経外科」ですよ。

 

いつまでも治らないから、もう観念して、覚悟して、行ったのさ。

 

そして先生に病気の経緯を話したら、「確認のために、頭のMRIを撮りましょうね」

 

と、言われ、私も「そのつもりで来ました」と伝え、検査室へ。

 

40分くらいを要した。

 

撮り終わって、診察室に呼ばれた。

 

案内の女性が「奥様もご一緒に聞かれませんか」と、ドキッとするような事を言う。

 

だが、私はもうすでに「覚悟」は出来ていたので、「いえ、大丈夫です」と言って先生のもとへ。

 

写真を見ながら先生は言った。

 

「メニエールのようなめまいは、脳幹から発生している場合があるので、MRIを撮ってもらいました。

 

 ○○さん、この写真を見て下さい。」・・・私はドキドキ。

 

「全く病気が見えません。それどころか、とても健全な脳の状態です。」

 

「ま、ただ、右脳の何か所かに、ごく小さな脳梗塞の跡が見えますねぇ。」

 

「でも、これは、めまいとは関係ありませんから・・・」と、美人の女医先生は続けられた。

 

要するに、私が覚悟していた「脳腫瘍」のかけらもなかった、ってことさ。

 

残念!!!あ、いや、残念じゃなくて、、、

 

良かったぁ!!!

 

でしょ。