こんばんはニコニコ


なっちーですクローバー




6/21.22.23と、

2年半前からずっと待っていたこの時を

今日、迎えることができました😭✨✨

6/21 ゴールドコースト

6/22 大阪府藤井寺市

6/23 ゴールドコースト

で、

海外初となる上映会も含め

30名以上のママさん達が

「ママをやめてもいいですか?!」

自主上映会につどってくださいました😊✨






参加ママさんは妊娠中から思春期のお子さんを育てるママさんまで幅広く、

また、保育をお仕事とされる方まで

勉強のために、と参加してくださったり

本当に感謝感謝の3日間でした💛





映画はもちろんのこと、

上映会後のママさんタイム(座談)では

お子さんやご主人に対する本音、

自分自身への気づき、

ドキュメンタリーに出演された方のその後を知りたいというお声も聞かれ、

色んなお話が飛び交う時間に立ち合わせていただき、

私自身まだまだ3人の子育てに追われる日々なので

元気や勇気、パワーをもらいました😌





映画を観て、こんなふうに感じているのは私だけじゃないんだ、と感じることもだし、

感想や近況のシェアで、

うちもあります!

ですよねー!

の声が飛び交う時が私はホント嬉しくて、

こんなに近くに分かち合える人がいるんだ🥹という思いは、

安堵というか

心強さというか

なんだかパワーになると思うのです。

上映会でも皆さんにお伝えしたのですが、

私自身がまだまだ助けを必要としている身です。

自分に余裕があるからこういう活動をしているのではなく、

私があったらいいな、と思うものを形にしていきたいと活動しています。

今回は届けられなかった所にも、

いつか こんなコミュニティがあってよかったな、と思ってもらえる何かが

作れたらいいなぁと感じています^^




ご協力くださった皆さん、

大阪府で開催してくださった

子育て支援団体リーフ スタッフの皆さん、

参加くださった皆さん、

海外での上映会を許可くださった映画製作委員会の皆さま、

素晴らしい経験をさせてくださりありがとうございました😊✨

ゴールドコーストでの休日開催を検討してくださっている団体さんもいらっしゃるので、

また開催できるようここからも次のステップに進みたいと思います😊



良いお母さんより

幸せなお母さんが増えたらいい。

私自身も幸せなお母さんで在りたいなと感じています^^

大阪府での開催報告はこちらに詳しく報告してくださっていますのでぜひ見てください♡↓




上映会に関わってくださった全ての方に感謝を込めて💛

 ⁡   

ベルどん底だった夫婦関係から

どんなことに気づき、何を変えていったかがわかる

共感度120%のリアルストーリー

 

ベル7日間のメールと音声セミナーで、

夫との関係を改善するために何をしたらいいかがわかる無料メール講座

 

 



#ママをやめてもいいですか?!

#ママやめ

こんばんは。
なっちーですクローバー


ここ1週間、なんだか体調が優れず、、、


そんな中で長男が学校から帰される日が続き、
手をつけたかったことはつけられずじまいの1週間。
 

学校からは
咳が多いから登校を控えて欲しいと言われたのだけど、
家ではそうでもない。
 




コロナの検査も言われた通りしたし、
マスクもして登校させたけどダメで。。。

高い授業料払ってるだけにモヤモヤする🥲
 
 
家では傍若無人で攻撃的な振る舞いをする長男に辟易していたのも事実。。

  

そんなときに目にした、この記事。

「2人の知的障害児の子育てに疲労困憊する33歳女性 息子を施設に預ける後ろめたさに苦しむ相談者に鴻上尚史が語りかけた「一番大切にすべきこと」



 
長男が辟易するほど暴れているとき、
実はそれは
私への 止まれ、の合図。
 
 

過去にも何度もそういうことがあったのだけど、
とにかく私は自分が走りすぎていても気づかない。

 
あれもこれもと欲張ってやろうとして
心身が疲れていることに気づけない。
 
 
そう考えると、
長男が学校から帰らされて手をつけられなかったことは、
止まれ の合図だったからなのかも。
 

あー 私やりすぎてるんだー とわかった1週間。

 


 


 
子どもに酷いことを思うとき、
これが異常な精神状態だと自分で受け止めて
児相に相談できる人はどれくらいいるのだろう。 

 
一人で抱えて時が過ぎるのを待ちながら、
子どもを疎ましく思う気持ちに繰り返し耐えているときは、
誰かに相談する選択肢すら思い浮かばないこともある。
 

誰かに自分の気持ちを正直に話すのは、
とても勇気のいること。
 
説教されることだってある。
(実際にあった)
 

 
それでも、
鴻上尚史さんのような返答をしてくれる人がいるから
罪悪感を携えながらも選択の幅は広がるのだろうな。
 

 
ただこの記事を読むだけで
今の自分を振り返って気づけることがあると、
できることも変わってくるものね。
  
 


 
今週は
「ママをやめてもいいですか?!」の上映会をゴールドコースト2箇所で主催します。




この上映会は
誰かのためにやりたい!
たくさんのママたちのお役に立ちたい!
というような高尚な理由ではなく、

私自身が今でもトンヅラ(逃げ出したく)したくなるからこそ、
そんな気持ちを共有できる場があったらいいなと思って開催に至りました。
   

私なんかはまだまだ何かできる立場ではなく、
共有共感して支え合えるコミュニティに身を置くくらいしかできず、

そこでもいつも支えてもらう側です。
 
 

 
なんかまとまらないけれど、

子どもは愛おしい
でも時々しんどい

が本音。 

 
そんな中でも、
時には客観的に自分を見ながら
走りすぎてたら休む、を意識したり

誰かに気持ちを話して受け止めてもらうことは

大勢の他人(ひと)に褒められる生き方をしようと頑張るより
ずっと大事なことなんだ と感じたお話でした。。。





こんにちは^^
なっちーですおねがい



この週末は、わたしが楽しかった週末😆💛
(学校のイベントで、カラーランというのに出たよ!
水と色の粉を振りかけられて虹色になってキャーキャー言いながら走るイベント笑笑)






これを今日の英会話レッスンでどう話すか考え中ww

 

長男の大好きなお友達家族とランチに行ったり、






初めまして! と握手したりハグするのが普通の毎日照れ




そういう生活、大好きラブラブ





母や妻という役割で生きる瞬間はあっても、
自分として生きる時間も大切にしたいおねがい



 
  
自分ひとりだったら経験することがなかったであろう世界。
 
夫に感謝🙏💛





夜はたくさんエクササイズしてから就寝w
(ピザやバーガーは胃にキマすね、、、😂)








#家族留学
#親子留学
#オーストラリア
#ゴールドコースト

   
ベルどん底だった夫婦関係から

どんなことに気づき、何を変えていったかがわかる

共感度120%のリアルストーリー

 

ベル7日間のメールと音声セミナーで、

夫との関係を改善するために何をしたらいいかがわかる無料メール講座

 

 



こんばんは^^

なっちーですクローバーニコニコ


オーストラリアに来る前から、
夫には口酸っぱく
英会話のレッスンを受けな
と言われてきました。
残りわずかな日本生活の中で、英会話を習うということが
私にとってはなかなか優先順位が高くならずあっという間に渡豪。
 
わかっちゃいたけど全然聞き取れないし喋れないよね😅😅
それでも、
これを達成したい!
とか
こうなりたい!
と思わないとやれない私。
日本にいるときに勉強しなかったことを、
今さら後悔するくらいなら(後悔はしてない)
今から巻き返すくらい頑張る!!
と、5月からNY在住のお友達に週1〜2回で英会話を習い始めました😆


しかしこれがまたヒドイの!!😂😂
出川イングリッシュもビックリよ😂
そんな姿を隠してちゃあもったいないでしょ??
(え、別に?)
どんなにヒドイか見たいよね?
(え、別に?)
今回、
英会話レッスンの模様をダイジェストで動画にまとめました😂
(ダイジェストと言いながら長尺)
🌸暇な人
🌸とにかくヒドイ動画を見て笑いたい人
だけ見てください🥹💛


編集しながら、
恥ずかしいやら
可笑しいやら
とにかく自分のバカさ加減に爆笑してました😅
これが変化していくか知りませんが、笑
変化したいかこのままでいいかは
自分で決められるのだ。
変化したほうがイイのではなく、
どうするか自分で決めていくことがイイのだと思う。


正直、変化するかどうかわからないけれど
これから1ヶ月単位でレッスンのダイジェストを残していこうと思っています。
いつか笑える日がきたらいいな🥹💛w
こんな人でも海外で生活できるんだ!
と、誰かの勇気になったら嬉しいです😂✨

   
ベルどん底だった夫婦関係から

どんなことに気づき、何を変えていったかがわかる

共感度120%のリアルストーリー

 

ベル7日間のメールと音声セミナーで、

夫との関係を改善するために何をしたらいいかがわかる無料メール講座

 

 


こんにちは^_^
なっちーですクローバー



末っ子、この間お迎えに行ったらアイアンマン?の衣裳を着てKindyで遊んでいました😂

(本人はスパイダーマンだと言ってた😂)



 
その様子を見て、
あー もう大丈夫かな。
と思っていたら、

次からも笑顔でKindyに行くように。

 
 
実はこの日の朝、
大泣きする末っ子に

いじめてくる子にヤメテ、ってママも言って!

とお願いされ、

末っ子が、この子とこの子、と言った子に、

英語がわからないから、よかったら色々教えてね

と伝えたんです。
(英語だから末っ子は何を言ったか知らない。たぶん叩かないで、と言ってくれたと思ってる)



 
そのあと、再度担任の先生にも
叩かれるのが怖いと言って毎晩泣く
ということを伝え、

そんなことがあったら先生に言ってね

と言われた末っ子は
この私の行動に納得したのか、
泣き止んで先生のところに行きました。
 
 


自分が辛い!と訴えているときに
親がどんな行動をとるかを見て、
安心(納得)したら少し心が強くなれるのかな、と感じました。


親が自分の味方であり、
怖い、辛い、という気持ちを受け止めてくれた、
と感じれることは、
大人になった今でも私も安心するもんね。
 



 
その日は帰ってきて、

叩かれたけどSTOP!って自分で言えた!

と清々しい顔をしていました。
 
 
本当に叩かれたかはわからないし、
当たっただけかもしれない。


それでも、
言葉がわからない環境でそれを理解するというのは4歳にはハードルが高い気がして、
今回私は自分が行動しました。

 

子どもが辛い思いしているとき、

え?なに?!
うちの子泣かせてんの誰?!

ってなるよね😅
 
 

あんまり親が出て行くとアレコレ言われたりもするけど、
年齢や状況によって親が代弁したり話す場を作るのは必要だと思います。
 
 
 
オーストラリアに来てよく思うのは、
最初に安心感を得たほうが子どもたちの馴染むスピードが早いなぁということ。
(うちの子は、です)
 

 
 
泣かずに保育園に行くことがスゴい!のではなく、

どこかで自分で折り合いをつけて
楽しみを見つけて
前に進もうとしていることに、
私も勇気をもらってます😊✨


  

ベルどん底だった夫婦関係から

どんなことに気づき、何を変えていったかがわかる

共感度120%のリアルストーリー

 

ベル7日間のメールと音声セミナーで、

夫との関係を改善するために何をしたらいいかがわかる無料メール講座