幸せになるその前に

幸せになるその前に

一応のゴールは穏やかな老後です♡
夫はモデルナワクチン二回目が終了
妻は国産ワクチンが出るまでは未接種
2020年11月中旬から本格的に自粛中
今年は去年と違っておせち注文止ーめた
クリスマスコフレはまだ悩み中

Amazonのお気に入りを何気なくブログ上でブックマークしておいたら見つけてくださったかたからいくつかギフトが。この場をお借りしまして御礼申し上げます

おはようございますニコニコ

 

子なし主婦のあいちんです

 

ご訪問ありがとうございますお願い

 


子供なし夫婦ランキング

 

前投稿

下矢印

疲れた時に良かった入浴剤

 

 

 

今回は仕事についての話になります

 

今、新たに仕事を始めるとしたら

 

業種には特にこだわりがないです

 

新しいことにもチャレンジしたい

 

 

夫が通勤場所や職種にまで口出ししてくる

 

どこで働こうがいいでしょって思ってます

 

お眼鏡に適うところは面白そうじゃない

 

 

アフターコロナ、ウィズコロナで働くなら

 

とにかく通勤時間は短いに越したことない

 

感染リスクを考えたら、徒歩圏内がストレスフリー

 

それ以外の理由もいくつかあるのですが…

 

写真 パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集 (publicdomainq.net)

通勤時間を

ロスと考えているため

 

通勤時間を有効に…というかたも

 

中にはいらっしゃるかもしれませんが

 

上手く回っているならいいと思います

 

 

経験上の話にはなりますが…

 

過去正社員の時に通勤でプラスだった

 

そんなことはただの一度もないです

 

 

面倒くさい場所に往復3時間

 

混んだ電車で行き帰りしました

 

行きに限ってはスマホを見る事も出来ない

 

 

かといって通勤時間を早めちゃうと

 

早目に職場の最寄りに着いちゃって

 

朝のカフェが日課になり結構な出費

 

 

よほど好きな環境だとしても

 

カフェでやるだけの仕事なのかって話

 

別に必要ない時間ですね、ムダ

 

朝早く目が覚めたら家で本読みたい

 

 

それに働きだすと買い物が増える

 

疲れ切って仕事帰りに総菜を買っちゃう

 

何のために働いているのかっていうね

 

 

通勤が好きな人はひとつのファッション

 

例えば飽きもせず毎日のようにオフィス

 

東京駅を自慢げにSNSに上げてる人って

 

イタイですね…特段、羨ましくもないです

 

 

都心は私にとっては遊びに行くだけの場所

 

今の住居からなら渋谷までは30分です

 

 

写真 パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集 (publicdomainq.net)

 

家事との両立が重要

身体が休まるから

 

これは考え方ひとつですが…

 

職場が近ければその分だけ

 

家事との両立がしやすくなる

 

 

夫には頼めないのが料理の仕込み

 

なぜならば彼は刃物が怖い人だから

 

親が甘やかして教育してこなかった

 

私は栄養士ですからね、まだ何とかなる

 

 

夫は世のサラリーマンの平均年収からしたら

 

何馬力かは稼いでくれてますからやむを得ない

 

 

多少なりとも年齢を重ねた時に

 

仕事を継続した先を見越す必要がある

 

 

少しでも寝たい時がある私にとって

 

職場が近いのはメリットでしかない

 

在宅ワークを本格的にとは考えていない

 

業種にもよるとは思いますが…

 

 

こういう話をすると家から近い所で働くのは…

 

という事を言い出す人が一定数いるけど

 

もしやめたら…等と考えるかって!?

 

 

働く前からやめることを考える人って

 

それだけで人生損をしているでしょうね

 

 

子供がいない夫婦にとって自宅近くで

 

顔見知り、知り合いが増えるのもいい

 

もしもやめた所で全然、遊びに行きます

 

 

夫が他人のアラ探しばかりして

 

それを私に言ってくるので気分が悪くなる

 

進んで交流はしていないですけれど

 

元々の人格が先鋭化してきたなうちの人

 

 

私個人は全く問題なく交流しています

 

前職の同僚とは今も連絡とっています

 

前職場はそこそこ近かったですね

 

 

写真 パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集 (publicdomainq.net)

 

結局は職場もご縁

運とタイミングでしょ

 

結局のところは出たとこ勝負、ある意味

 

仕事探しのベストタイミングって例えば

 

賃貸を契約するのに似ていますよね

 

 

実際に動き出す見通しが立たないのに

 

サイトを見てあれこれ候補を上げたところで

 

いざ住みたい時にその物件があるとも限らず

 

 

それにね、根本の話にはなりますが

 

自分が選んでいる様でも職場から

 

選んでもらわなければ採用とはならない

 

賃貸で言えば最後は大家次第という

 

 

自信がなければ人手不足のところなら

 

入りやすい側面はあると思いますが

 

楽なほうに流れれば後々が辛いでしょう

 

 

私の場合夫がいつまで働くかという

 

その辺りの目途が立てば一番だし

 

有無を言わさず働きに出る事が出来る

 

夫はとある会社の人事職だったりするので

 

やたら求人に対して細かいからウンザリ

 

 

動き出さなければはじまらないというだけ

 

 

先に人生の黄昏時に入っている

 

歳の差夫の年代では新しい事となると

 

多少、おっくうに感じるのかもしれません

 

 

例えば年齢を重ねてくると捨てる決定

 

断捨離ひとつとっても時間がかかり過ぎる

 

 

そもそも人は慣れたところに対して

 

身を置くのが楽に感じるから

 

変化を嫌うまで行かないにしても

 

苦手な人はやっぱり多いのだろう

 

 

切り開くのはあくまでも自分の意志

 

佳い一日をお過ごしくださいコーヒー

 

 


ライフスタイルランキング

 

最近読んだ本ですKindle版

 

医療関係で働くとこういうのがベースになる